コンレポの料金・評判について。社員の健康状態を把握

最終更新日 

社員の健康状態を把握して、異常があれば業務を見直す、または健康状態に影響がないような業務にするなども会社の役割です。しかし事前にしっかりと考慮していても社員の健康状態を100パーセント良好に保てるとは限りません。そこで活用したいのが社員の健康状態を把握できるコンレポです。コンレポは株式会社ミライトが提供しているサービスになります。こちらの記事ではコンレポの特徴やメリット、料金プランなどを詳しくご紹介したいと思います。

コンレポの特徴・機能

社員のコンディションを把握

先ほども述べたように社員の健康把握は企業の役割の1つです。しかし出勤前に健康チェックをするには紙を用意しなければならなかったり、コンディションチェックの作成などさまざまな手間がかかります。コンレポならば社員の体温や現在の体調、出勤体型、出退勤時間などさまざまなものを選択式から選べ簡単に入力できます。

データを月別で集計する

体にいきなり異常が出るというのは少なく、必ず前触れがあります。体温が高かったり、体調が万全ではなかったりなど。そこで、データを月別で集計できる機能を使えばデータが一目で分かり、いつから異常が出たのかなどを素早く確認できます。これにより、社員の異常をいち早く把握でき大きな病気や体調不足を防ぐことができるでしょう。

検索条件から従業員を調べられる

データを月別で集計できそこから社員の健康状態を知ることもできます。しかし社員数が多い場合それでは時間がかかってしまうこともあるでしょう。そこで検索条件から従業員を調べられるので、より分かりやすい把握が可能です。社員数が多くても使いやすさが変わらないのが魅力的な点です。

コンレポのメリット

コンレポのメリットは主に以下の2つです。

経費削減
健康状態管理業務の効率化

1つ目は経費削減です。本来ならば健康状態を管理するさい紙を用意してそこから印刷、配布、収集などさまざまな時間と紙の費用がかかっていました。社員数が増えれば増えるほど紙の量も多くなってきます。しかしコンレポであればパソコンで完結しますので経費削減になります。またコンレポさえあれば必要なものを準備する必要はありません。健康状態管理業務も効率化されより短い時間でも実現が可能となるでしょう。

コンレポの価格・料金プラン

100ユーザー以上で1ユーザーあたり月額200円となっています。安く導入しやすいのがメリットです。

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

コンレポの注意点

コンレポの注意点は特にありません。導入しやすい価格で社員の健康状態を把握できます。

コンレポの導入事例・評判

社員の健康状態や勤務場所をタイムリーに把握するのは困難でした。しかし、コンレポを導入したことによってそのようなことはなくなり、社員の新型コロナウイルスに対する危機感と健康に対する意識の向上が見られました。
株式会社NTTデータアイ様

新型コロナウイルスによってリモートワークが広がり社員の健康状態が難しくなりました。そこでコンレポを導入することによって日々の健康管理が簡単になり、コミュニケーションが増えたりメンタル面についても問題も把握しやすくなりました。
株式会社アイエム

類似サービスとの比較

サービス月額特徴
newbie年間利用料4,550円医療機関の検診予約から支払いまで可能
バリューHR1ユーザー/月額330円従業員のデータを蓄積可能
ハピルス健診月額50,000円図表を用いて分かりやすい説明

newbieの特徴は医療機関の検診予約から支払いまで可能という点です。これにより従業員の負担が少なくなり、病院へ行く必要があるのにいかないということをなくせます。バリューHRは従業員のデータを蓄積できますので、長年の健康管理をしたい企業におすすめです。ハピルス健診は月額料金が高いものの機能が非常に充実しており、図表を用いて分かりやすい説明がされています。

コンレポで社員の健康状態を把握

社員の不調により業務が止まるのは医療費の何倍ものコストがかかっています。そこで、事前に健康状態を把握しておき万全の体調であればそのようなことも避けられるでしょう。ぜひコンレポの導入を視野に入れてみてくださいね。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載