SaaS・Webサービスの最新情報

「invox経費精算」リリース、既存サービスと組み合わせたパック料金も提供

”​invoxは7月2日、新サービス「invox経費精算」をリリースすると発表した。あわせて、既存サービスの「invox受取請求書」、「invox電子帳簿保存」、「invox発行請求書」と組み合わせるパック料金を提供開始する。”(下記参照サイトより引用)

invox経費精算とは

経費精算の申請や承認、原本提出といった紙のやりとりを電子化し、領収書や近場交通費の入力・確認作業を自動化する経費精算システム。
このサービスでは、AI OCRを使用して領収書を電子データに変換し、近場交通費は経路検索を通じて登録することができる。また、定期券区外の計算にも対応している。

本ニュースの要約

既存サービスとのパック料金も提供を開始した。
料金プランはミニマムとベーシックの2プランあり、invox経費精算のリリースに合わせて、既存サービスである「invox受取請求書」、「invox電子帳簿保存」、「invox発行請求書」と組み合わせたパック料金も用意されている。
パック料金は、2サービスの月額基本料金で4サービスの利用ができ、3種類のパックが提供される予定としている。

invox経費精算の特長

  • 入力ルールの設定
  • 近場交通費の最安ルートや適格事業者登録番号の確認を自動化
  • 申請内容から自動で仕訳データを生成
  • 電子帳簿保存法の「スキャナ保存制度」と「電子取引情報の保存」に対応
  • インボイス制度にも対応

tech+:https://news.mynavi.jp/techplus/article/20240702-2977483/

執筆者  STRATE編集部

リード情報をお求めの企業様へ
STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

まずは無料で掲載