SaaS・Webサービスの最新情報

Helpfeelが生成AI技術を活用し自然文検索を強化、誤った情報を出さないFAQ検索を実現した新時代のAI検索アルゴリズム「意図予測検索2」を提供開始

”​株式会社Helpfeel(京都府京都市、代表取締役/CEO:洛西 一周、以下「当社」)は、本日、当社独自の検索技術に米OpenAI社のAI(人工知能)をかけ合わせた、新たなAI検索アルゴリズム「意図予測検索2」の提供を開始しました。”(下記参照サイトより引用)

意図予測検索2とは

株式会社Helpfeelが独自の検索技術と米OpenAI社のAIを組み合わせた新しいAI検索アルゴリズムである。
このアルゴリズムは、AIが誤った情報を生成する「ハルシネーション」を防ぎながら、文章の意味に基づいたFAQ検索を実現する。
2024年5月に行った実証実験では、このアルゴリズムを「Helpfeel」に追加することで、問い合わせ件数がさらに約30%減少し、初期導入前と比べて合計で約50%の問い合わせ削減効果が確認された。

本ニュースの要約

生成AIの利用において、多くのシステムが質問に対する回答をランダムに生成するのに対し、「Helpfeel」は検索精度を向上させるためにAI技術を活用している。FAQの回答記事やそれに関連する意図表現は、人間が事前に確認して修正することができるため、ハルシネーション(誤った回答や偽情報の生成)を回避し、常に正確な情報を提供できる。
このため、金融、医療、行政など、情報の正確性が重要な業界でも安心してご利用できる。
また、金融商品取引法(金商法)、薬機法(薬事法)、著作権法など、各種法律に関連するサービスのFAQにも利用可能としている。

意図予測検索2の特長

  • ハルシネーションのない正しい回答
  • 文章や音声での検索精度を向上
  • 情報漏洩リスクの排除
  • 「説明可能なAI」を進化させた「制御可能なAI」
  • 「Helpfeel」の使い勝手を維持し、大量データにも対応

PRTIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000335.000027275.html

執筆者  STRATE編集部

リード情報をお求めの企業様へ
STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

まずは無料で掲載