SaaS・Webサービスの最新情報

オプト、複数のECモールを総合的に判断しクロスチャネルで最適化を目指すECデータ統合プラットフォーム「Oxcim β版」を提供開始

”株式会社オプトは、ECモールに商品を出品するメーカー企業向けに、複数のECモールを総合的に判断し、クロスチャネルで最適化を目指す、SaaS「Oxcim(オキシム)β版」の提供を、2022年6月13日より無料で開始したと発表した。”(下記参照サイトより引用)

Oxcim β版とは

複数のECモールをクロスチャネルで最適化できるSaaSである。
マーケット状況の分析やポジショニング、問題発見、売上の要因まで一連のプロセスにおける分析を行うことができ、ECモールでの売り上げ拡大を目指す。

本ニュースの要約

近年のデジタル化促進で、消費者の購買行動についてもデジタル化が進んでいる。
そのような中、複数のECモールを一元管理したマーケティング活動が必要とされつつある。
今後SNSにもカート機能が追加されることも考えられ、購買行動が多岐に渡ると予想される。
このような背景から、今回「Oxcim(オキシム)β版」の無料提供をするに至った。

「Oxcim」の機能

・マーケットビュー機能
① 各モールにおける商品カテゴリの売上規模がわかる。
② 競合商品の売上規模がわかる。
③ 他事業者が販売している自社商品の売上がわかる。
・KPIビュー機能
① ECモールの売上を構成するとされる、閲覧数・CVR(顧客転換率)・販売単価と、KPI(重要業績評価指標)をさらに分解した、指名検索数やレビュー数などのサブKPIの分析が行える。
② 会社で出品しているすべての商品の合計売上推移や、商品ごとの売上推移がわかる。
③ Amazonの管理画面上では計測が難しい、SEOや広告の掲載順位、価格割引率も測定できる。

「Oxcim β版」のポイント

①全ての機能を無料で利用可能
②複数のECモールを総合的に判断し、クロスチャネルで費用対効果を可視化
③売上拡大に向けた課題や伸びしろを容易に解明

本ニュースの参照元

エキサイトニュース:https://www.excite.co.jp/news/article/DigitalShiftTimes_720603f099565b34dde6aa65d96121da3a7e4a9c/

執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

リード情報をお求めの企業様へ
STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

まずは無料で掲載