セールスイネーブルメントとは?おすすめツール10選を比較【2023年版】

更新日:

ビジネスにおけるテクノロジーやIT技術の活用機会が増えてきました。

そして営業の現場では近年「セールスイネーブルメント」という言葉が聞かれるようになりました。

本記事ではセールスイネーブルメントとは何か、おすすめのセールスイネーブルメントや導入のメリットなどを解説しますので参考にしてください。

セールスイネーブルメントとは?

セールスイネーブルメントとは、営業活動を改善していくための概念で、営業活動に必要な施策を部署などを跨いで一貫して設計していくことを指します。

実行後の検証から再設計も行い、PDCAを回していくことでより優れた営業力にしていくだけでなく、数値に基づいたデータを分析するので論理的な検証が可能になります。

営業の現場ではカンや経験に頼って判断していた場面も多く、行なった施策がどのくらいの効果を発揮したか正確に把握できていない場面もありましたが、セールスイネーブルメントを導入することで正確な効果検証ができるようになり営業活動が最適化されます。

おすすめの類似セールスイネーブルメントサービス

類似サービス: UKABU

(4.5)

         
月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ契約期間1年単位

UKABUとは、株式会社UKABUが運営している、営業トーク支援ツールです。 手間のかかる電話/営業スクリプトの作成をワンクリックで実現し、営業準備にかける時間を削減することができます。 顧客との会話に合わせて柔軟にスクリプトの切り替えができるため、新人の営業マンでも落ち着いて商談を進めることが可能となり、営業の早期戦力化にも貢献します。

商談準備にかける時間を短縮

いざ商談を始める前、電話営業をする前、メールを送る前など、営業準備として顧客情報を調べてスクリプトを作成するのは時間がかかるものです。 UKABUには、顧客カルテの自動作成機能が搭載されており、「顧客名」「スクリプト種類」を入力するだけで、導入企業側で設定した顧客情報項目をWebから自動で収集してくれるため、顧客情報の収集にかける時間を大幅に効率化することができます。

商談時の確認漏れを防止

UKABUのヒアリングシート機能を利用することで、顧客情報と営業目的に合わせてヒアリングすべき項目を自動表示してくれるため、顧客との会話時における確認漏れを防止することができます。 また、話しながらも入力がしやすい選択肢を表示させることもできるため、会話に集中できなくなるということがありません。

想定外の質問にも柔軟に対応できるようになる

スクリプトを作成していても、顧客から想定外の質問がでることは珍しくありません。 FAQを簡単に検索できる機能が搭載されており、商品の機能についてや、専門性が求められる質問に対しても、会話中にFAQを調べて柔軟に対応することが可能となります。 商談中に顧客の疑問を残すことなく対応できることで、信頼性が向上するだけでなく、後日調べる工数が減ることで、業務負荷の軽減にもつながります。

これはセールスイネーブルメントの製品です。

セールスイネーブルメントの製品をまとめて資料請求

おすすめセールスイネーブルメントツール10選

nocoセールス

特徴

nocoセールスとは、短期間での顧客獲得を実現する顧客獲得に特化したクラウドサービスです。

見込み顧客の集客からオンライン接客、顧客管理まで1つのサービスで完結することができます。

資料共有・資料分析機能が優れており、ファイル単位で送信する手間を効率化して営業資料やホワイトペーパーをテキストのURLだけで共有できるようになります。

資料共有後は、資料が開封されたり、読まれたタイミングで通知してくれるため、最適なタイミングでの営業アプローチを実現することができます。

料金

  • 無料プラン:月額0円
  • エントリー:月額15,000円(税別)
  • スタンダード:月額30,000円(税別)

※2022年9月現在/詳細は公式サイトを確認

UKABU

特徴

UKABUは、株式会社UKABUが運営している、営業トーク支援ツールです。

営業において手間のかかる営業スクリプトの作成をワンクリックで実現できるため、営業効率を向上させることができます。

顧客と会話しながらも状況に合わせて柔軟にスクリプトの切り替えが可能で、新人の営業担当者でも焦らずに商談を進めることが可能となります。

SFA/CRMなどと連携することもでき、ナレッジの蓄積や情報共有にも効果的なサービスです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2023年1月現在/詳細は公式サイトを確認

Sales Doc(セールスドック)

特徴

Sales Docは営業に関する情報を管理することができるツールです。

資料管理やトラッキング、分析など豊富な機能が搭載されていて、1つのツールでPDCAを回すことができます。

クラウド上で資料の管理ができるため、必要な資料をいつでも探すことが可能です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Handbook(ハンドブック)

特徴

Handbbo0kはアステリア株式会社が提供している資料管理ツールです。

資料を電子で確認できるため、印刷の手間もかからず紙代などのコストカットもできます。

クラウドで資料が確認·配布できるためリモート会議にも貢献します。

閲覧期間や使用可能デバイスなどの制限ができるためセキュリティ対策も万全です。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:25,000円〜
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

HIGHSPOT(ハイスポット)

特徴

HIGHSPOTにはAIが搭載されており、手動でのタグ付けが不要となり検索したい情報をすぐに見つけることが可能となります。

収益がどのように影響を与えているのかが可視化できるようになり様々な角度からの分析を可能とします。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Smartsheet(スマートシート)

特徴

チームプロジェクトの円滑な進行を促進するSmartsheet

複数人での共同ドキュメント編集やレポート機能、タスク機能など豊富な機能が搭載されています。

シンプルなダッシュボードを採用しているため操作性に優れており、ガントチャートによってプロジェクトの進捗を全体で共有できるようになります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:784円〜
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

Senses(センシーズ)

特徴

Sensesとは株式会社マツリカが提供しているSFAです。

操作性に優れており、営業案件を効率的に管理することができます。1,300社以上から導入されている実績があります。

Google Chromeとの連携が可能で、Gmailで送信した内容を自動的にSensesへ取り込むことが可能です。

Googleカレンダーと連携させれば登録したアクションを自動的にカレンダーへ反映させることができるため、入力作業などの工数が削減できます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:25,000円〜
  • 無料トライアル:あり

※2021年10月現在/詳細は公式サイトを確認

スキイキ

特徴

スキイキとは株式会社マイナビが運営している副業人材やフリーランスの人材とマッチングできるサービスです。

幅広い領域と専門性を売りとしており、高いスキルを持つ人材が人手不足解消に貢献してくれます。

必要な手続きは全てオンラインで行えるため、最短翌日から利用できるなど、導入に際してのスムーズさも大きな魅力です。

採用・教育コストを削減したい企業にとって最適なサービスと言えるでしょう。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2022年12月現在/詳細は公式サイトを確認

Thumva BIZ

特徴

Thumva BIZとは、株式会社フェイスが運営しているインサイドセールスツールです。

集客・営業に特化したサービスとして、オンライン上で、店舗来店と同等な体験を提供することができます。

オンライン商談環境として非常に優れており、保険代理店や不動産企業など、店舗での顧客相談窓口を設けている企業にとって、大きな利便性を提供してくれるはずです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2022年12月現在/詳細は公式サイトを確認

SALES BASE

特徴

SALES BASEは、戦略設計から目標設定・ターゲット選定・ノウハウ共有・教育・採用まで全てをフルアウトソース可能なサービスとして人気を博しています。

1,000社以上に導入されているサービスとして確かな信頼と実績を獲得しています。

1ヶ月弱で導入できるスムーズさも大きな魅力で、導入に時間がかかるサービスの多い、インサイドセールスの中でも異色と言えます。

戦略設計から分析までを迅速に行いたい企業におすすめのツールです。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ
  • 無料トライアル:要問い合わせ

※2022年12月現在/詳細は公式サイトを確認

セールスイネーブルメントツール導入のメリット

セールスイネーブルメントツールを導入することで主に以下のメリットが得られます。

営業の可視化と営業力の向上が期待できる

セールスイネーブルメントツールを導入することで顧客へのアプローチ方法や提供資料の内容などチームメンバー個々の営業活動が可視化されるようになります。

営業チームが現在どんな状況にあるかを把握した上で適切な教育研修ができるようになるだけでなく、営業で成果を出しているメンバーのノウハウを共有してチームの営業力を向上させることも可能になるというメリットがあります。

優秀なメンバーのノウハウが共有されることで、これまでスキルにバラつきがあったチームの営業力が標準化されるため、結果としてチーム全体の底上げとなるのです。

従来の契約成績だけで判断していたという人事評価も、より営業の内容を重視した評価へと切り替えることができる点もメリットでしょう。

顧客獲得率の向上を実現

セールスイネーブルメントツールは基本的にオンラインでの活用がメインとなります。

飛び込み営業などわざわざ顧客先に訪問する必要がなくなり、オンライン会議、オンライン商談などより柔軟な営業が行えるようになり、資料提案などもオンラインでタイムラグなく行うことができます。

従来の営業より効率的に顧客へアプローチすることができるため、顧客獲得率の向上が期待できるというメリットがあります。

セールスイネーブルメントツールを選ぶ際のポイント·注意点

セールスイネーブルメントツールを導入する際は、以下のポイントに注意しながらサービスの比較検討を行いましょう。

自社との相性を確認する

セールスイネーブルメントツールは幅広い業種で導入することができるツールですが、サービスによって相性の良い業種や営業活動があるため、自社製品などとの相性を確認しておくようにしましょう。

導入を検討しているセールスイネーブルメントツールのホームページを確認することで過去の導入事例を確認できるケースが多いため一度チェックしておくことをおすすめします。

どのようなツールかを確認

セールスイネーブルメントツールは営業活動の強化に活用できるものとマーケティング、人事研修に活用できるものなどがあります。

営業活動における業務効率化を実現したいか、営業活動の可視化·把握を目的にするかなどで選ぶツールが変わるため、企業としてセールスイネーブルメントツールを導入する目的を明確にしておきましょう。

コストを確認する

セールスイネーブルメントツールの導入には初期費用や月額費用などが発生するため、コストの比較は欠かせません。

新しいツールを導入するにあたって、既存のシステムをそのまま利用するか、システムの乗り換えを行うかによってもかかる費用が変わります。

また、導入してから社員がセールスイネーブルメントツールを使いこなせるまでにかかるトレーニング期間や教育にかけるコストも見込んでおくと良いでしょう。

特徴を理解してセールスイネーブルメントツールを導入しよう

セールスイネーブルメントツールについて、概要やおすすめのシステム、導入のメリットなどを紹介しました。

営業活動を可視化して、チームの営業力を向上させることができるセールスイネーブルメントツールはテレワークでも活用することができるため、これからの新しい営業に必要となるツールと言えるでしょう。

本記事で紹介したおすすめサービスや導入のポイントを参考にして自社にあったサービスを探してみてください。

これは インサイドセールス の製品です。
インサイドセールス の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【インサイドセールス】

      類似サービス: MiiTel(ミーテル)

      (4.5)

      月額費用5,980円〜/ID無料お試し要問い合わせ
      初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

      MiiTel(ミーテル)は、株式会社RevComm(レブコム)が提供している営業電話や顧客対応を可視化するAI搭載のクラウドIP電話サービスです。

         

      電話対応の内容を可視化できる

      従来のクラウドIP電話は、電話をすることが目的でしたが、MiiTelは、AIが通話内容を話速、ラリー回数、沈黙回数、抑揚などの観点から定量的に評価、フィードバックしてくれる機能が搭載されています。

      架電業務の効率化を実現

      MiiTelには、架電業務を効率化させる機能が豊富に搭載されています。 例えば、電話番号を1クリックするだけで架電することができるため、電話番号を押している時間を短縮、かけ間違いを防止することが可能です。

      連携機能で更に機能を強化できる

      MiiTelは、CRM(Customer Relationship Management)ツールとの連携で、よりその機能を強化することができます。

      類似サービス: Comdesk Lead

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し1週間
      初期費用要問い合わせ最短導入期間3営業日程度

      Comdesk Leadとは、株式会社Widsleyが運営しているインサイドセールスCTIです。 インサイドセールスCTIの中では、唯一携帯回線を使用することができ(特許取得済み)、通話コストの削減や業務効率化につながる確かなサービスとして幅広い業種・規模の企業から導入されています。

         

      モバイル連動でコストを削減

      Comdesk Leadを導入することで、モバイル回線を利用した営業が可能となり、通話料の固定化を実現できます。 専用の機材や回線工事を行う必要もないため、イニシャルコストが気になるという方にもおすすめのサービスとなっています。

      営業効率を向上させる機能を搭載

      Comdesk Leadには、オートコール機能や顧客情報の管理機能が搭載されています。 これらの機能によって、通話間隔を短縮した架電やテレワーク・外出先からの顧客情報の確認が可能となります。

      管理機能で営業活動を把握

      Comdesk LeadにはAIが搭載されており、通話内容をテキスト化してCRMに活動履歴を自動で生成することもできます。 外出先や在宅など様々な場所での営業も、「いつ」、「どこで」、「誰と」、「何を」話したのかがデータとして残るため、営業活動を把握しやすくなります。

      類似サービス: UKABU

      (4.5)

               
      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ契約期間1年単位

      UKABUとは、株式会社UKABUが運営している、営業トーク支援ツールです。 手間のかかる電話/営業スクリプトの作成をワンクリックで実現し、営業準備にかける時間を削減することができます。 顧客との会話に合わせて柔軟にスクリプトの切り替えができるため、新人の営業マンでも落ち着いて商談を進めることが可能となり、営業の早期戦力化にも貢献します。

             

      商談準備にかける時間を短縮

      いざ商談を始める前、電話営業をする前、メールを送る前など、営業準備として顧客情報を調べてスクリプトを作成するのは時間がかかるものです。 UKABUには、顧客カルテの自動作成機能が搭載されており、「顧客名」「スクリプト種類」を入力するだけで、導入企業側で設定した顧客情報項目をWebから自動で収集してくれるため、顧客情報の収集にかける時間を大幅に効率化することができます。

      商談時の確認漏れを防止

      UKABUのヒアリングシート機能を利用することで、顧客情報と営業目的に合わせてヒアリングすべき項目を自動表示してくれるため、顧客との会話時における確認漏れを防止することができます。 また、話しながらも入力がしやすい選択肢を表示させることもできるため、会話に集中できなくなるということがありません。

      想定外の質問にも柔軟に対応できるようになる

      スクリプトを作成していても、顧客から想定外の質問がでることは珍しくありません。 FAQを簡単に検索できる機能が搭載されており、商品の機能についてや、専門性が求められる質問に対しても、会話中にFAQを調べて柔軟に対応することが可能となります。 商談中に顧客の疑問を残すことなく対応できることで、信頼性が向上するだけでなく、後日調べる工数が減ることで、業務負荷の軽減にもつながります。

      類似サービス: LeadPool

      (4.5)

      月額料金25,000円〜無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      LeadPoolとは、株式会社Merと株式会社XAION DATAの共同プロダクトで、インサイドセールスにおける様々な業務を効率化することができます。 500万社以上の企業データベース、300万人以上の人物情報を活用して、企業のABMの運用を支援します。 インサイドセールス組織において発生しがちな「顧客情報の調査やリスト作成に時間がかかる」「キーパーソンにリーチできない」「CRMなどの外部システムへの情報入力に、漏れや負荷が大きい」といった課題を抱えている方におすすめです。

         

      煩雑化していたリスト作成を効率化

      LeadPoolでは、「企業名」や「所在地」、「設立年月」といった企業情報や、「役職」、「事業部」、「在籍年数」といった人物情報、「各種展示会出展状況」、「事業展開状況」、「事業分野」などのタグ情報をベースとして、ターゲットリストを簡単に作成することができます。 作成したリストは、法人番号や業種などの属性情報も含めてCRMと連携することが可能です。

      キーパーソンにリーチできるようになる

      LeadPoolを利用すれば、ターゲットリストの選定からキーパーソンへのアプローチが可能となります。 なんという企業にどのような事業部があり、どのような役職のどのような人がいるのかがわかるようになるだけではなく、その人物のSNS情報などを活用して1to1のアプローチが実現できます。

      CRM/SFAへの情報入力を効率化

      LeadPoolには、CRM/SFAとの個別連携・自動連携機能が搭載されています。 これまでは、CRMなどに情報を手入力でアップロードしなければいけなかった手間が、LeadPoolと連携することで、属性情報などを最新の情報に自動でアップロードすることが可能となります。

    • qeee枠【セールスイネーブルメント】

      類似サービス: UKABU

      (4.5)

               
      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ契約期間1年単位

      UKABUとは、株式会社UKABUが運営している、営業トーク支援ツールです。 手間のかかる電話/営業スクリプトの作成をワンクリックで実現し、営業準備にかける時間を削減することができます。 顧客との会話に合わせて柔軟にスクリプトの切り替えができるため、新人の営業マンでも落ち着いて商談を進めることが可能となり、営業の早期戦力化にも貢献します。

      商談準備にかける時間を短縮

      いざ商談を始める前、電話営業をする前、メールを送る前など、営業準備として顧客情報を調べてスクリプトを作成するのは時間がかかるものです。 UKABUには、顧客カルテの自動作成機能が搭載されており、「顧客名」「スクリプト種類」を入力するだけで、導入企業側で設定した顧客情報項目をWebから自動で収集してくれるため、顧客情報の収集にかける時間を大幅に効率化することができます。

      商談時の確認漏れを防止

      UKABUのヒアリングシート機能を利用することで、顧客情報と営業目的に合わせてヒアリングすべき項目を自動表示してくれるため、顧客との会話時における確認漏れを防止することができます。 また、話しながらも入力がしやすい選択肢を表示させることもできるため、会話に集中できなくなるということがありません。

      想定外の質問にも柔軟に対応できるようになる

      スクリプトを作成していても、顧客から想定外の質問がでることは珍しくありません。 FAQを簡単に検索できる機能が搭載されており、商品の機能についてや、専門性が求められる質問に対しても、会話中にFAQを調べて柔軟に対応することが可能となります。 商談中に顧客の疑問を残すことなく対応できることで、信頼性が向上するだけでなく、後日調べる工数が減ることで、業務負荷の軽減にもつながります。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載