Hellofaxの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
0円〜
初期費用
0円〜
無料お試し
無料利用可能
導入社数
非公開
これはインターネットFAXの製品です。
インターネットFAXの製品をまとめて資料請求

業務中にFAXを急ぎでファックスを送らなけらばいけなくなった際にどうしますか?様々なFAXを送るサービスが存在しますが今回はHellofaxについてご紹介します。Hellofaxとは、無料で使えるのかなどについて解説していきます。

Hellofaxとは?

Hellofaxとは、アメリカの企業であるJN PROJECTSのサービスです。Hellofaxは無料でfaxを無料で送ることができるサービスですが、無料版の場合は送信のみでトータルで5枚までの制限がかかってしまいます。5枚以上のfaxの場合は有料プランへの加入が必要となります。HOME OFFICEの場合月に9.99ドルで300枚、PROFESSIONALの場合月に19.99ドルで500枚、SMALL BUSINESSの場合月に39.99ドルで1000枚faxを送ることができます。Hellofaxのサイトは基本英語になっているので、英語が難しい方は翻訳機能を使用することをオススメします。

おすすめの類似インターネットFAXツール

FAX業務を圧倒的に効率化: FNX e-受信FAXサービス

(4.5)

月額料金15,000円無料お試し無料リモートデモあり
初期費用62,000円〜受信料金0円

実際にFNX e-受信FAXサービスを導入した企業からは、「業務改善と顧客満足度の向上を実現できた」、「FAX受信のペーパーレス化を実現」、「テレワークでもFAX処理ができるので出社回数が減った」といった声が挙げられており、確かな業務効率化とコストカットを実現できるサービスということがわかります。

テレワークでもFAX処理ができる

FNX e-受信FAXサービスは受信したFAXを電子化してPCから確認することが可能なので、わざわざオフィスに出社してFAXを確認する必要がなくなります。

FAX業務のコストカットを実現

FAXが電子化できることで、紙代·印刷用のインク代が不要となり、コストカットを実現できます。さらに、これら備品を保管しておく場所も不要となるため、スペースの有効活用にもつながります。

現在使用しているFAX番号をそのまま使用できる

FNX e-受信FAXサービスは、業界で初めて既に使用しているFAX番号を変えずに導入することができます。 専用のアダプタをFAX回線に設置するだけという導入の手軽さが魅力的です。

Hellofaxの特徴

Hellofaxの特徴としては、GoogleアカウントやDropboxメールアドレスでも簡単に登録することができます。英語サイトの場合、難しいと感じてしまい利用しないと考えがちですが、Googleアカウントが使用できる点は非常に便利ですね。他にもchromeやEvernote、OneDriveなどの様々な機能と連携しています。英語サイトを利用する際に気になる点としてセキュリティがありますが、Hellofaxは金融機関レベルのセキュリティで暗号化されているため、安全に利用が可能となっています。ブラウザ上で利用できる点も非常に使いやすいですね。

Hellofaxの評価、口コミ

普段faxを使わない人には便利なツールですね。ですが、日本語対応していない点は使い勝手として少し落ちてしまう点が気になりますね。
●日常的にfaxを使わない人や個人で使う方にはfaxを購入する必要がないのですごく便利です。
●テスト送信しましたが問題なく送信できました、日常余りfaxは使わないが、相手次第ではfaxも必要で有る為、備えておくと便利と感じます。日本語対応してくれたらもっといいです。
●ページ送り機能のない旧式のFAX機のため複数ページの送信ができませんでした。これならGoogleドライブに保存しているドキュメントも簡単に送信できます。サイトは日本語ではないですが直感的に使用することができました。

まとめ

普段faxを使用しない方で、急に必要になった際に便利なサービスですね。5枚まで無料で送信可能ですので、使ってみて気に入った場合は有料版を利用することを視野に入れることをオススメします。

これはインターネットFAXの製品です。
インターネットFAXの製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【インターネットFAX】

      FAX業務を圧倒的に効率化: FNX e-受信FAXサービス

      (4.5)

      月額料金15,000円無料お試し無料リモートデモあり
      初期費用62,000円〜受信料金0円

      実際にFNX e-受信FAXサービスを導入した企業からは、「業務改善と顧客満足度の向上を実現できた」、「FAX受信のペーパーレス化を実現」、「テレワークでもFAX処理ができるので出社回数が減った」といった声が挙げられており、確かな業務効率化とコストカットを実現できるサービスということがわかります。

      テレワークでもFAX処理ができる

      FNX e-受信FAXサービスは受信したFAXを電子化してPCから確認することが可能なので、わざわざオフィスに出社してFAXを確認する必要がなくなります。

      FAX業務のコストカットを実現

      FAXが電子化できることで、紙代·印刷用のインク代が不要となり、コストカットを実現できます。さらに、これら備品を保管しておく場所も不要となるため、スペースの有効活用にもつながります。

      現在使用しているFAX番号をそのまま使用できる

      FNX e-受信FAXサービスは、業界で初めて既に使用しているFAX番号を変えずに導入することができます。 専用のアダプタをFAX回線に設置するだけという導入の手軽さが魅力的です。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載