エクササイズ自体に価値はないと言い切る『Boot home』とは、どのようなサービスなのか?

最終更新日 

新型コロナウイルスによって外出が規制されてしまったり、三密を起こす可能性が高いサービスの利用ができなくなってしまったというケースが増えています。

また、在宅ワークによって運動不足になり、俗に言う「コロナ太り」に悩まされているという方も増えているようです。

今回は、オンラインで食事と運動を徹底管理するコーチングサービスとして注目の『Boot home』を運営されている株式会社Boot homeの宮地俊充様にお話を伺いました。

コロナ太りを解消できる『Boot home』とは

――『Boot home』とは、どのようなサービスですか?

宮地様:『Boot home』は、パーソナルトレーナーによるコーチング、栄養士による食事管理、ライブレッスンやアーカイブ動画によるエクササイズの提供、という3つを一気通貫して提供しているサービスです。

経験豊富なトレーナーが在籍

――『 Boot home』の特徴や強みは何ですか?

宮地様:2020年は宅トレが脚光を浴びました。しかし、人間は弱い生き物なので、一人で食事制限やトレーニングを続けるのは難易度が高すぎます。そこでBoot
homeではトレーナーが運動と食事を徹底管理することで、目標へ向けて伴走してくれます。

人気パーソナルトレーナーの食事管理を手軽に受けられる

『Boot home』誕生のきっかけは、なんだったのか

――そもそもどうして『Boot home』を始めようと思ったのですか?

宮地様:もともとのきっかけは、新型コロナウイルスによる自粛がきっかけでした。

コロナ禍で外出機会が減り、人々の健康やメンタルが害されていくのをみて、デジタルヘルスケアの必要性を感じたため、仲間と一緒に『Boot home』を起業しました。

『Boot home』のビジネスモデルとは

――『Boot home』のビジネスモデルを教えていただけますか?

宮地様:現時点では、会員様からの月額会員収入が柱となっています。入会金は0円で、月会費も8,800円と類似サービスと比較してもリーズナブルな内容となっています。

さらに、今後の展開としてヘルスデータを用いたマネタイズも計画中です。

2020年12月現在

『Boot home』の目指すものとは

――貴重なお話をありがとうございます。最後に今後の展開を教えていただけますか?

宮地様:今後の展開としては、ウェアラブルデバイスによるヘルスデータの自動取得、ヘルスデータの機械学習、健康増進型の新しい保険商品の開発など、AIやフィンテックの領域へ進出するため準備中です。

僕らはただのオンラインフィットネスではありません。ヘルスケアや予防医療の分野で大変革を起こすことになると思います。

インタビューから見えた『Boot home』とは

今回、宮地様にインタビューさせていただき、『Boot home』について貴重なお話を伺うことができました。

新型コロナウイルスの対策として、今では多くの企業がリモートワークを取り入れています。離れた拠点間でも今まで通りのパフォーマンスを発揮するには、業務効率化だけでなく、健康管理も徹底しなければなりません。

『Boot home』は、デジタルヘルスケアによって、利用者の健康改善が実現できる時代のニーズにあったサービスということが、今回のインタビューから感じとることができました。

実際に『Boot home』を導入している方からは、「自分で管理するより徹底した管理ができる」、「トレーニングや食事管理が習慣化できるようになりました」という声が挙げられており、確かな効果が期待できるサービスだということがわかります。

個人の方はもちろん、リモートワークによる従業員の健康管理に課題を感じている企業の方にも『Boot home』はおすすめのサービスのため、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

——-

今回お話を伺ったサービス:Boot home

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載