在庫管理システムの選び方の注意点は?おすすめの在庫管理システム7選

最終更新日 

在庫管理システムとは?導入するメリットについて

モノを売る企業であれば商品の正確な在庫数や入荷数・出荷数を把握する在庫管理が常に課題としてあがります。在庫管理システムはこれらの悩みを簡単に解決することができるシステムです。システムに必要な情報を登録することでリアルタイムに在庫状況を把握することが可能になります。

仕入れれば仕入れるだけものが売れる時代は終わり、細かく在庫状況を管理し過剰な在庫を持たない経営が現在では理想的と言われるようになりました。そこで紙や目視による在庫管理を効率化、ヒューマンエラーの防止を目的として在庫管理システムが登場するようになりました。

在庫管理システムを導入すれば複数のツールを使って管理していた入出庫・在庫管理が1つのシステムで一元管理できるようになることから大幅な業務効率化が見込めます。人の手で管理を行っていた時には確認ミスや数え間違いから発生していたヒューマンエラーをなくすことができ、正確な在庫状況をリアルタイムに把握できることで余剰在庫を出すことなく管理をすることができます。もちろん在庫確認のミスから起こる在庫不足も未然に防ぐことが可能になります。

在庫管理システムでどんなことができる?

業務効率化、売り上げ拡大のために現在では欠かせないものとなっている在庫管理システムですが具体的にはどのようなことができるのでしょうか?

在庫一覧機能

登録した商品の在庫がどこにいくつあるのかが簡単に把握できるようになります。登録したデータは商品名や製品番号で検索できるようになるので必要な時に必要な情報を瞬時に参照することが可能となります。単純に在庫数の管理が視覚化できるだけでなく管理者以外の人物でも在庫数が簡単にわかるようになり情報の共有による業務効率化が図れます。

入出庫管理・検品機能

入荷した商品の検品、出荷する商品の検品をサポートする機能です。サービスによっては専用ハンディではなくスマートフォンで検品作業ができるようにサポートしてくれるものや、商品情報をバーコードとして発行してくれるものもあります。また、注文が入った商品を出荷予定に登録することで今後の在庫推移を表示させることが可能になります。面倒な納品書の作成もシステム上で発行できるものが多いです。従来の人の手による目視での検品作業はヒューマンエラーが発生するケースが多く、この部分を在庫管理システムによって管理できることで作業時間の短縮、ミス削減へと繋げることが可能になります。ハンディなどと在庫管理システムを連携させることで常にデータ上と実際の在庫状況を照らし合わせることが可能になり、登録した在庫数が合っていない場合はアラートを表示させることもできます。

棚卸し機能

商品の在庫管理をする上で棚卸しは欠かせません。棚卸しは実際の商品の数とデータ上の数が一致しているかを確かめる重要な業務です。従来の棚卸しといえば在庫データを印刷したものとハンディターミナルを持ってロケーションポイントに行き、逐一実際の在庫数と紙に記載されている在庫数が合っているかをチェックしてペンなどで印をつけていくというアナログなものでした。ですが在庫管理システムの棚卸し機能を使えばハンディターミナルでチェックするだけで在庫状況が正確かを確認することが可能になるので作業効率の向上へと繋がります。

在庫管理システムの選び方のポイント

在庫管理に関する多くの機能を有する在庫管理システムですが導入にあたっての目的を明確にしてから導入しないと必要な機能が搭載されていなかったり、システムを使いこなせないという問題が生じる可能性があります。そこで在庫管理システムを導入するにあたって重視した方が良いポイントをここではまとめました。

自社の業種・業態にあったサービスを導入する

在庫管理システムはその利便性さから幅広い業種・業態向けのものがリリースされています。アパレル向けであればカテゴリーごとの管理や色ごとの管理などの機能がありますし食品卸し業向けの在庫管理システムであれば賞味期限の管理ができるものもあります。アパレルメーカーが食品卸し向けの在庫管理システムを導入してもその機能を持て余すことになってしまうので導入前に自社の業種・業態にあったサービスをいくつか選定しておくことをおすすめします。その上で事前に自社の在庫管理において何が課題なのかを明確にし、課題解決のためにはどんな機能があればいいのかを把握しておく必要があります。

在庫情報の登録方法を確認

商品の入荷・出荷の際には必ず商品情報を登録する必要が在庫管理にはあります。この在庫登録の方法はサービスによって違いがあり、専用のハンディターミナルを導入しなければいけないシステムや既存のハンディターミナルと連携できるもの、スマートフォンをハンディターミナルとして利用できるものなど様々です。例えば現在人の手によって商品数を数え、リストにチェックをいれてまとめた情報をPCでエクセル等に打ち込んでいる、といった場合ですとバーコードで打ち込んだデータが在庫管理システムにリアルタイムで反映されるタイプのシステムであれば大幅に業務の効率化が図れます。

料金プランの確認

在庫管理システムの中には固定料金制で利用できるものはもちろんこと、利用者数やオプション数で料金が変わってくるものもあります。利用したいサービスをいくつかピックアップできたら、同条件での料金を比較することが重要です。サービスによっては導入前のサポートは無料だが導入後は有料になってしまうものもあるのでその点も注意して確認する必要があります。導入後にオプションを追加したりカスタマイズをすることで料金が変動するシステムもあるのでその点にも留意しておきましょう。

連携可能なシステムの確認

在庫管理システムは顧客管理システムや会計システム、POSシステムと連携させることでその真価を発揮します。これらのサービスを既に利用している場合は、導入したいシステムが連携可能かを事前に確認しておくことが重要です。また、これから導入する場合でもどのようなサービスと連携可能かを確認しておくことで、在庫管理システムは使いやすいが連携した各種システムが使いにくいという問題を未然に防ぐことができます。

セキュリティ体制の確認

在庫管理システムは在庫の推移という自社にとって財産とも言える貴重なデータを扱います。ですので情報漏洩などの危険性については事前に確認しておくことが重要です。もっとも、多くのシステムではセキュリティ面に力を入れているので厳しい情報管理が行われます。また、サービス提供側会社のサーバーを利用するクラウド型の在庫管理システムを利用する場合は、安定した利用ができるかも確認しておく必要があります。ここで言う安定性とは繁忙期などのアクセスが集中する時期でも安定して利用することができるかということです。最もサービスを利用したい時にシステムがダウンしてしまってはシステム導入の意味がありません。

おすすめの在庫管理システム7選

ロジクラ

ロジクラの特徴

ロジクラは基本機能が永久無料で利用できることからコスパに優れた在庫管理システムとして多くの企業で導入されています。iPhoneを使っての入荷作業、商品登録、ピッキング・検品など幅広い業務が可能となるので従来の手入力で管理していた在庫管理が大幅に効率化されます。

ロジクラの主な機能

入荷に関しては、iPhoneを使って入荷作業はもちろん、事前の入荷情報の登録も可能で、出荷では出荷予定・受注の登録、iPhoneからのピッキング・検品、追跡番号管理ができます。基本的な在庫管理、社内の在庫状況の共有もiPhoneから行うことができます。また、受注データから送り状の作成はもちろん納品書の作成も可能になります。

ロジクラの料金

ロジクラの料金プランには、基本機能が永久無料で使える無料プランと、スモールビジネス向けの月額15,000円から利用できるスタンダードプラン、EC事業・3PL(サードパーティー・ロジスティクス)向けの月額30,000円から利用できるWMSプランがあります。大手企業向けのカスタマイズプランもありますがこちらは要お問い合わせとなっています。また、こちらで述べた料金は、20%以上の割引が適用される年間契約での料金ですので注意が必要です。

※2020年6月現在/詳細は要問い合わせ

ロジクラについての詳細はこちらから

画像・データ出典:ロジクラ公式サイト

TEMPOSTAR(テンポスター)

TEMPOSTARの特徴

TEMPOSTARは複数のネットショップの在庫情報、商品情報などを一元管理できるシステムです。Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの複数モールから自社ネットショップまでを一元管理することが可能になるので業務の効率化を実現できます。受注情報とメール配信、帳簿出力等の一元化、複数店舗で販売している同一商品の在庫数を一括管理、連携済み複数ネットショップの商品をマスターで一元管理など効率化に適した機能が豊富に搭載されています。

TEMPOSTARの主な機能

TEMPOSTARでは受発注管理機能や在庫管理機能、商品管理機能、外部連携機能などを搭載しています。受発注管理機能では送り状を発行することも可能です。また、連携機能ではヤフオク!連携・Yahoo!ショッピング連携・Mail Dealer連携・ロジザードZERO連携・MakeShop連携・FBAマルチチャネル対応・BeCCL連携・Zendesk連携・Re:lation連携が可能となっています。

TEMPOSTARの料金

TEMPOSTARは初期費用0円、月額費用基本料金10,000円〜(お申込み月は無料)で利用することができます。

月額費用は登録する商品点数による商品課金と月間の受注数による受注課金の合計になるので多くの商品数の登録、月間受注数の増加によって金額が増加するので注意が必要です。また、30日間の無料お試しプランもあるのでまずはそちらで仮導入をしてみてから検討してみるのも良いでしょう。

※2020年6月現在/詳細は要問い合わせ

TEMPOSTARについての詳細はこちらから

画像・データ出典:TEMPOSTAR公式サイト

ZAICO(スマート在庫管理)

ZAICOの特徴

ZAICO(スマート在庫管理)とは株式会社ZAICOが提供するクラウド型在庫管理ソフトです。PCやスマホから手軽に使うことができ、操作が簡単で在庫管理をシンプルにしたいと考える企業に人気のサービスです。クラウドサービスなのでネットを介して複数人が同じデータにアクセスすることができ、いつでも在庫の最適化が可能となります。

ZAICOの主な機能

ZAICOを使えばスマホのカメラでQRコード、バーコードをスキャンすることができます。在庫管理の効率化はもちろん検索機能の強化、登録作業の効率化へも繋がります。

在庫管理データはクラウドに保存されるので、従来の紙での保管による紛失の危険性はありません。機種変更や端末の紛失時にもクラウド上にデータはあるので安心です。

ZAICOはクラウド会計ソフトのfreeeとデータ連携することが可能です。この連携機能によって仕入れ・納品データの会計業務をfreeeによってできるので大幅な効率化へと繋がります。

ZAICOの料金

ZAICOの料金プランとしては基本機能が使えるお試しプランとしての無料プラン、月額980円から利用できるエントリープラン、月額2,980円から利用できるスタンダードプラン、月額9,800円から利用できるシッピングプランがあります。

※2020年6月現在/詳細は要問い合わせ

ZAICOについての詳細はこちらから

画像・データ出典:ZAICO公式サイト

アラジンオフィス

アラジンオフィスの特徴

アラジンオフィスとは株式会社アイルが提供する販売管理・在庫管理パッケージシステムになります。長年の運用から提供されるユーザーのニーズに応えるサービスで、導入実績5,000社以上、ユーザーリピート率98.2%を誇っています。販売管理、在庫管理に必要なシステムをコンパクトにまとめていて、ユーザーごとのカスタマイズにも柔軟に対応しています。

アラジンオフィスの主な機能

アラジンオフィスは基本となるパッケージシステムにオプション機能を柔軟に組み合わせることで企業それぞれにあったシステムにカスタマイズできるので上記以外の業種・業態にも対応できます。ハンディ・バーコード活用やWeb受発注システム、店舗管理システム、営業支援ツール、複数ネットショップの一元管理システム、更にはECサイト作成までリアルからWeb上まで幅広くCROSS-OVERソリューションで効率化可能です。

アラジンオフィスの料金

アラジンオフィスの料金体系については、公式サイトに記載がないので要問い合わせになります。クラウド型サービスは安価で提供されているものもありますが機能が充実しているものはある程度の金額がかかる場合もあるのでまずは問い合わせてみるのが良いでしょう。

※2020年6月現在/詳細は要問い合わせ

アラジンオフィスについての詳細はこちらから

画像・データ出典:アラジンオフィス公式サイト

iDempiere

iDempiereの特徴

iDempiere(アイデンピエレ)とは株式会社ネオシステムが運営するオープンソースERPシステムです。導入、運用が低コストで行えるというオープンソース特有の強みがあり、ERPとして必要な機能を一通り網羅していることから人気の高いERPシステムとなっています。オープンソース型なので専用のサーバーを用意する必要がなく、中小企業でも利用しやすいサービスとなっています。

iDempiereの主な機能

購買機能や在庫管理機能、生産管理、会計管理などERPとして必要な機能は一通り網羅しています。しかもそれら全てを使わなければいけないという訳ではなく、販売管理業務にまずは使ってみて、効果検証をしてから他業務でも運用するかどうかを決めることができます。多言語対応、多通貨対応もされているのでグローバルな運用が可能です。1つの企業で導入することはもちろん、複数のグループ企業でもまとめて導入することができるので海外など複数に拠点を持つ企業でも導入が可能です。iDempiereでは業務フローの統一、権限管理と操作ログの履歴管理などの内部統制機能も充実しています。

iDempiereの料金

iDempiereの料金ですが、自力で導入する場合は初期費用無料、ライセンス利用料も無料から始めることができます。ただし導入にあたりテクニカルサポートを受ける場合は見積もりが必要です。

※2020年6月現在/詳細は要問い合わせ

iDempiereの詳細についてはこちらから

画像・データ出典:iDempiere公式サイト

GoQSystem

GoQSystemの特徴

GoQSystemはECサイト運営において欲しかった機能を多数搭載していて、作業効率の向上が可能になり自社での分析や効果測定に時間を使うことが可能となります。初めて一元管理システムを導入するという企業にも人気で導入社数は21,715社を突破しています。RMSの管理画面をモデルにしているので楽天ペイに切り替えた場合でも直感的操作が可能で、楽天のみで運営しているという企業でも使いやすいシステムになっています。

GoQSystemの主な機能

楽天市場やYahoo!ショッピング・ Amazonはもちろんその他多数のネットショップ、ECモールに対応しているので複数のショップの一元管理が可能となります。メール返信や商品の受注、決済方法の確認や配達希望日の確認などを自動化することが可能で、時間や人件費の効率化へと繋げることができます。最低契約期間は3ヶ月なので繁忙期だけ利用したいという場合にも優れたシステムと言えます。

GoQSystemの料金

  • 受注管理プラン:月額15,000円/初期費用30,000円
  • 受注・在庫連携管理プラン:月額29,800円/初期費用40,000円
  • 受注・商品・在庫連携管理プラン:月額44,800円/初期費用50,000円
  • 受注・商品・在庫連携・出荷管理プラン:月額64,800円/初期費用100,000円

※2020年6月現在/詳細は要問い合わせ

GoQSystemの詳細についてはこちらから

画像・データ出典:GoQSystem公式サイト

U-SHOP POS

U-SHOP POSの特徴

U-SHOP POSは通常のPOSシステムと違いU-SHOP POSは中古品の在庫管理に特化したPOSシステムです。数量で管理することが難しい新品・中古品の管理業務や工賃などのサービスに対応しているので二重管理等の問題を解決できます。オプションを使用することで各種ECモール店舗在庫情報をリアルタイムに連動させることが可能となります。

U-SHOP POSの主な機能

オプションでユーショップデジタルリンク社製の「GATEWAY SaaS」と連動させることで楽天市場やYahoo!ショッピング等のECモールと店舗在庫情報を連動して管理することが可能となります。また、クリック&ドラッグだけで商品画像のサイズ調整が可能になります。画像を一つ一つ編集すうる手間が省略できるので効率化が図れます。アップロードも自動で行うので商品写真の掲載作業も効率化できます。

U-SHOP POSの料金

U-SHOP POSは初期費用98,000円、POSシステム使用料月額15,000円(1拠点あたり)で利用可能です。複数店舗運営の方には本部管理機能のオプションもあり、こちらは初期費用50,000円、月額10,000円の費用が発生します。また、ネット連動機能を使う場合にはヤフオク!・Yahoo!ショッピング・楽天市場それぞれ月額5,000円の費用が発生します。

※2020年6月現在/詳細は要問い合わせ

U-SHOP POSの詳細についてはこちらから

画像・データ出典:U-SHOP POS公式サイト

在庫管理システムを導入すべきなのはどんなケースか?

在庫管理システムは必ず導入すればいいと言うものではなく、導入にはコストがかかるので現状の在庫管理方法で特に問題がなければ導入する必要はありません。導入すべきケースとして、帳簿在庫と実在庫が合わないトラブル等が発生している場合は在庫管理を導入した方が良い場合が多いです。人の手で在庫を管理していると、違う商品を出荷してしまったり例外商品を適切に処理していないことから在庫のズレが生じたり、販促物や資材を基幹システムに反映していないことなどから帳簿と実在庫が合わない場合があります。

在庫が合わないと実際に倉庫に行って在庫の確認作業をしたり、倉庫側と連絡をして確認をしてもらう必要があります。この確認作業に費やす手間と時間は数時間で終われば良いですが数日がかりで確認しなければいけないケースもあり、こういった場合には在庫管理システムを導入することで効率化が可能になります。在庫不足はECサイトにとっては貴重なビジネスチャンスを逃すことになりますし過剰在庫もECサイトを運営していく上では望ましくないので、在庫管理システム導入によってこれらの課題を解決できるようであれば積極的に導入を検討することをオススメします。

在庫管理システム導入の際の注意点

導入することで在庫管理を効率化できるという大きなメリットがある在庫管理システムですが、導入に際しては以下の点に注意が必要です。

費用対効果の確認

在庫管理システムの導入には初期費用や月額利用料など費用が発生するものが大多数を占めます。Excelや紙の帳簿での在庫管理に時間や手間がかかって効率化できないという場合には費用も踏まえた上で在庫管理システムの導入を検討すると良いでしょう。ワンスペースで在庫を納めることができるのに在庫管理システムを導入しようとしている場合は逆にコストがかかってしまい費用に見合った効果を得るのは難しいと言えます。

業種・業態にあったシステムを導入する

在庫管理システムは多種多様な業種・業態に向けたシステムがリリースされているので、導入を検討する場合は自社の業種・業態にあったシステムを数社比較することが重要です。家具販売の会社なのにアパレル向けの在庫管理システムを導入したのではその効果を最大限に発揮することはできません。逆に自社の業種・業態にあったシステムから比較することでさらに独自のシステムへとカスタマイズしてシステムを最大限活用することも可能になるのです。

基幹システムとの連携を確認

在庫管理システムは自社の基幹システムと連携・同期させることでその効果を最大限に発揮することができます。在庫データや入出荷データ、各種台帳データといったものを在庫管理システムと連携させることで在庫管理だけでなく、会計や顧客管理までを効率化できるシステムもあるので、これらのデータとシステムを連携させることを前提としてシステムを比較するのことをおすすめします。

社内周知の徹底

在庫管理システムは複数人で運用することが多く、利用する人が簡単に操作できなければ効率化を実現することはできません。なのでトライアルプランを提供している在庫管理システムをテスト的に導入し、従業員全員が在庫管理システムとはどういうものかまずは肌で触れて見ることが重要です。その上でシステム利用に対する不安を払拭し、初期データ設定やバーコード整備、マニュアル作成、現場トレーニングなどを実施することが重要です。特にシステム利用者のトレーニングはある程度の時間を要することが多いので、在庫管理システムの担当者を決めた上でサービス提供側のサポートと協力して、より早いシステムの車内への浸透を目指していく必要があります。社内でのトレーニングはある程度の時間を要することから、トレーニング開始の時期は繁忙期と被らないようにすることも重要です。

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部