Basixの料金·評判·機能について。月1,500円から使える?

最終更新日 

ネットがコミュニケーションの主要な手段となっている現代でも、電話は企業にとって欠かせないツールです。その電話をより安いコストで、簡単に初期導入、変更できるのがIP電話です。

多くのIP電話サービスが使われていますが、その中でも「Basix」は多くの企業に支持されています。メリットの大きいその機能や料金、評判などをチェックして導入検討の一つの材料としていただけたら幸いです。

Basixとは

インターネット回線を使ったIP電話サービスのことです。通常の固定電話回線を使うのと同じように、電話番号も持てますし、内線や代表番号による通話なども可能です。同じ機能を持つものの、ネット回線を使うことで利用料金を下げられるというのがメリットで、コスト削減をするために役立ちます。

Basixの特徴·機能

お得な通話料金設定

一般の固定電話回線と同じ品質で、同じ使い勝手で電話をかけられます。しかも全国一律、同じ通話料金で固定電話にかけられますので、遠方への通話が多い会社にとってはコスト削減となります。

また、海外への通話料金も安くなり、海外拠点や取引先とのコミュニケーションも取りやすくなります。Basix同士の通話は無料ですので、同じ企業の支社などに電話をかけても一切料金がかかりません。

スマホで内線受信が可能

内線にかかってきた電話をスマホに転送できますし、逆に外出先からスマホを使って代表番号による発信も可能です。そのため、外にいてもオフィスの電話と全く同じ感覚で使えるようになります。在宅ワークをしている社員にスマホを渡すなどして、離れていてもオフィスと同じような環境を作れるのが特徴です。

便利な通話機能も満載

通話時にあると便利な機能もたくさん付いてます。たとえば、保留やコールウェイティングです。コールウェイティングとは、二つの通話先をキープしながら、切り替えて通話ができるというものです。さらに、指定したメンバーでグループを作り、グループ通話ができるのも便利で電話会議などに利用することができます。短縮ダイヤルや不在転送など、一般的な電話の機能もしっかり付いていて、通常のオフィスフォンと比較しても変わらない使い勝手で利用できるのが特徴です。

Basixの価格·料金プラン

電話機の台数によって月額利用料金が変わる仕組みとなっています。たとえば、電話機が2台の場合は月額3,000円(税抜)で、電話機5台の場合は月額5,500円(税抜)と設定されています。これに、電話をかける度に通話料金がかかりますが、一般固定電話より安い料金設定となっています。また、オプションサービスとして、ボイスメールや自動音声応答、通話録音などの機能を追加すると、その分だけオプション料金がかかります。

2020年7月現在/詳細は公式サイトを確認

Basixの強み

Basixの強みはBasix同士での通話は無料という点にあります。これによって社内での通話はもちろんのこと、テレワークなどの在宅勤務を採用している企業でも通話料を気にすることなく電話機能を利用することができます。また、海外の取引先が多いようなグローバル展開をしている企業であれば、通話料は気になるところですが、相手にもBasixを導入してもらえばお互い料金を気にすることなく電話会議ができるので安心です。

Basixの注意点

IP電話はネット環境を利用するため、通信状況が悪い場合は音質が下がる可能性があります。また、ユーザー数によって料金が変わってきますので、利用開始してから利用者が増えてくると、それに伴ってコストも上がっていきます。社外に持ち出すスマホが増えるなどして、コストが追加されることも多いので注意が必要です。

Basixの口コミ·利用企業からの評判

効率的なカスタマーサポートを構築できました

“カスタマーサポートシステムの充実を検討していた時に、多数の法人への導入実績があるBasixを利用することに決めました。予測していたよりも低価格でのサービス利用ができたのが一つのメリットです。同時に、機能が豊富でより効率よくサポート業務ができるようになっています。また、コードレス電話機を入れることにより、作業がしやすくなったというのもメリットです。”(株式会社ソフトヴィジョン様)

在宅ワーク対策が可能になりました

“様々な場所で勤務する社員とのコミュニケーションを取るため、新しいオフィス電話のシステムを検討していて、このBasixを利用することにしました。国内はもちろん、海外の拠点との内線通話ができ、費用を抑えることができています。また、自宅で勤務する在宅ワーカーとの接続も簡単にできるようにもなりました。”(株式会社アイブイピー様)

類似サービスとの比較

Basixとの類似サービスとしてはモバビジやひかりクラウドPBXが挙げられます。モバビジは音声品質の確保を約束するサービスで、音声劣化の心配をせず、一般電話と同じ機能を使うことができます。ひかりクラウドPBXは内線やPBXなどをクラウドサーバー経由で利用できるようにします。専用アプリが設けられていて、既存のスマホを内線化できる機能も持ち合わせています。

料金面の比較としてはモバビジは月額4,500円から、端末は1台350円となっています。ひかりクラウドPBXは初期費用がかかり、それぞれの導入規模によって見積もりをする形で決められます。利用する端末数によって料金が変わるサービスが多いので自社での利用規模をあらかじめ想定してから比較検討が必要です。

機能面の比較としてはIP電話として重要な通話品質についてはモバジビが音声品質の確保を約束するサービスとして謳っているところもあるので軍配があがると言えます。

Basixでテレワークの実現を

Basixは、機能は一般固定電話と変わらず、コストを下げられるIP電話システムで、通信環境の見直しをしている企業に向いています。ユーザー数など、利用実績に応じて料金が決まるので、無駄なく使えるのがメリットとなります。

画像·データ出典:Basix公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部