BlueBean(ブルービーン)の料金·評判·機能について。月5,000円から利用できる?

最終更新日 

コールセンターをスムーズに運営するためにはコンピューターと連動した専用のシステムを導入するのが一般的です。
もっとも、高額な費用がかかることから導入が難しい企業も少なくありません。
一方で、大規模なコールセンターでは三密による新たなリスクが発生しているほか、一ヶ所集中では災害時の事業継続が図れません。
そこで、注目されているクラウドコールセンターシステムのBlueBean(ブルービーン)の特徴や強み、料金プランなどを分析していきます。

BlueBeanとは

BlueBeanは顧客管理システムであるCRM機能とコンピューターと連動したコールセンターシステムであるCTIがパッケージ化され、テレアポ業務から受電業務、自動音声アンケートなど、コールセンター業務を幅広くサポートしてくれるクラウドコールセンターシステムです。

BlueBeanの特徴·機能

従来の専用機器やシステムを配したコールセンターシステムとは大きく異なる、クラウド型のBlueBeanについて特徴や機能を確認していきましょう。

低コストで簡単導入できる

BlueBeanは従来型のコールセンターシステムとは異なり、専用の機器や面倒な工事を行う必要はありません。
インターネット環境とPC、ソフトフォンやIP電話機があれば、すぐに利用できます。
設備投資のコストを大幅に抑えることが可能です。

多彩な機能でワンストップアシスト

独自開発のCTIやCRM機能をパッケージングしており、コールセンター業務をワンストップでサポートしてくれます。
プレディクティブ発信、マルチ着信ポップアップ、ACDと呼ばれるスキルベースルーティング機能、自動音声応答ができるIVR機能、顧客画面転送をはじめ、全通話録音などを標準装備し、インバウンド、アウトバウンドの両業務に対応できます。

マルチテナントシステム

複数商材や顧客ごとに業務の設定管理ができ、顧客対応履歴などの情報をレポートとして出力することも可能です。

アクセス権限機能

スーパーバイザーやマネージャー、システム管理者など管理者ごとにアクセス可能な範囲を決めて、役職に応じて権限に差をつけることもできます。
セキュリティを保ちながら、効率的に顧客情報管理が行えます。

BlueBeanの強み

BlueBeanはコールセンター内にサーバーなどの設備も不要で、初期導入コストの大幅削減ができます。
大規模な工事なども不要なため、短期間でコールセンターの構築が可能です。
クラウド型なのでインターネット回線さえあれば、どこでもコールセンター対応が可能となるのも強みです。
Withコロナ時代のテレワークや大規模災害時の事業継続をはじめ、最低賃金が安い地域での低コスト運用、外国人向けに海外にコールセンターを設けるなども、スピーディーかつ低コストで行えます。

BlueBeanの価格·料金プラン

BlueBeanの料金プランは初期費用5,000円(1ライセンスにつき)、月額費用5,000円(1ライセンスにつき)となっています。

ディスク容量は40GBが標準装備となっており、100GBを使用する場合は初期費用10,000円、月額費用10,000円の費用が発生します。

2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

BlueBeanの注意点

BlueBeanではIP電話機や専用のヘッドセットを利用する場合は初期費用·月額費用に加えて別途追加料金が発生します。

IP電話機専用ヘッドセットは1台利用するごとに6,200円の費用がかかりますので大人数で利用する場合にはその分コストもかかることに注意しましょう。

BlueBeanの導入事例·利用企業からの評判

コールセンター業務もテレワーク化

“BlueBeanはクラウド型なので、テレワーク勤務が実現できました。内線どうしなら無料で通話できますし、自宅でもオフィスと変わらず仕事ができるということが実感できました。”(株式会社ソフツー様)

通話録音機能とモニタリング機能が便利

“BlueBeanの通話録音機能とモニタリング機能が現場で特に好評です。録音された通話内容を確認できるので、顧客からクレームが入った際の検証をはじめ、別のオペレーターが案件を引き継ぐ際も便利です。モニタリング機能は新人の通話を確認しながら適宜チャットでフォローを入れることや新人がベテランの対応を聞いて学ぶこともでき、新人育成に役立っています。”(通販ドットTOKYO株式会社様)

類似サービスとの比較

類似サービスであるBIZTELコールセンターはPBXの設置が不要で、インターネットとPCのみでスタートできるクラウド型コールセンターCTIシステムです。
センター運営に必要な機能がブラウザから簡単に利用できるので、テレワークにも最適です。
料金はライトプランで10席の場合、初期費用 283,000円、1席あたり9,050円で月間利用料90,500円、スタンダード30プランで30席の場合、初期費用 633,000円、1席あたり8,033円で月間利用料は241,000円など、選ぶプランとオペレーター数によって費用が異なります。
BlueBeanは10席なら初期費用50,000円、月額費用50,000円なのでコスト面では大幅に有利です。

BlueBeanでコールセンター業務の効率化を

BlueBeanは従来のコールセンターシステムのような専用機器の導入や設置工事が不要で、低コストかつ短期間でコールセンター構築ができます。
クラウド型のサービスなので、オペレーターのテレワークも実現可能です。

画像·データ出典:BlueBean公式サイト

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者  STRATE編集部