ADVANCE Managerの料金・評判・口コミについて

更新日:

    近年「IT資産管理システム」は注目されており、セキュリティ強化やライセンス契約の見直し、クラウドで複数拠点のIT資産の一括管理などさまざまな機能により、業務負担を軽減することができます。

    そこで、IT資産をより適切に管理できるシステム「ADVANCE Manager」の特徴や料金、評判・口コミなどをご紹介していきます。

    ADVANCE Managerとは?

    ADVANCE Managerは、IT管理者のさまざまなニーズに柔軟に対応できるIT資産管理ツールです。
    継続的にアップデートをすることで、常に最先端のIT資産管理を実現しています。
    また、ライセンスの自動割り当てやクラスタ単位でのサーバ環境把握など、IT資産管理者の負担を軽減する機能が多く揃っています。

    ADVANCE Managerの特徴

    ADVANCE Managerの特徴は以下のとおりです。

    多様なライセンスカウント

    デバイスライセンスのほかに、ユーザーライセンス、セカンドライセンスのカウントが可能です。

    仮想環境の管理にも対応

    複数の物理環境と仮想インスタンスを「クラスタグループ」としてグループ化して管理することができます。

    豊富なコンフィグレーション

    管理台帳の項目は、任意で追加・削除・項目変更をすることができます。

    余計な追加コストは不要

    リビジョンアップやバージョンアップへの追加コストは不要です。

    ADVANCE Managerの料金

    ADVANCE Managerは「SssS」と「オンプレミス」のどちらでも提供可能です。

    SssSの場合の料金は、1ハードウェアレコードあたり月額換算18.5円(消費税など別)〜の従量制となっています。
    詳細は、ホームページにて資料請求やお問い合わせでご確認ください。

    ADVANCE Managerの評判・口コミ

    ADVANCE Managerを実際に利用した企業などの導入した経緯についてご紹介します。
    下記をご参考に検討されてみてはいかがでしょうか。

    ・導入時の負荷が高すぎたため、導入負荷の低いADVANCE Managerを選定
    ・ソフトウェアとライセンスの管理をするために導入
    ・ADVANCE Manager独自の棚卸機能を活用し、棚卸の正確性と効率の向上を期待して導入
    ・ライセンスコンプライアンス強化のため、現状調査の支援から導入。ADVANCE Managerに付属しているSAM BIBLEをベースとした運用文書のひな型をもとに、社内規定を整備し運用する

    ADVANCE Managerは柔軟性の高いシステム

    ADVANCE Managerは管理者の管理負担を削減し、IT資産をより適切に管理できるようにするIT資産管理ツールです。

    2か月間無料ですべての機能を利用することができるので、導入をご検討中の方は無料トライアルで機能を確かめてみることをおすすめします。

      • qeee枠【IT資産管理】

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載