KAITOセキュアカメラの料金・評判・口コミについて

更新日:

    昨今、スマートフォンなどで利用する業務範囲は拡大してきており、そのなかでもカメラ機能を利用して撮影する業務をおこないたいというニーズが高まってきています。

    そこで、今回ご紹介するのがセキュリティ性の高い「KAITOセキュアカメラ」です。特徴と料金、評判・口コミをご紹介していきます。

    KAITOセキュアカメラとは?

    KAITOセキュアカメラとは、写真・動画を業務で利用できる法人向けの「高セキュリティカメラ」です。
    機密情報から個人情報などを含む写真や動画を扱っている方にはおすすめのサービスです。
    これにより、デジタルカメラやコピー機は不要で、いつでもどこでもスマートフォーンなどのデバイスで写真・動画の保存が可能となりました。

    KAITOセキュアカメラの特徴

    KAITOセキュアカメラの特徴は主に3つあります。

    誰でも簡単に操作可能

    マニュアルなしで、誰でも簡単に操作できます。

    安全・確実に写真と動画を転送

    画像は分割・圧縮・暗号化されるため、画像ファイルとして端末に保存されないため、安心して送ることができます。
    また、転送中に通信障害があっても、再度自動で転送を再開するため確実に転送されます。

    端末にデータを残さない

    写真・動画は転送後、端末から自動的に削除されるため、情報漏洩の心配が不要です。

    KAITOセキュアカメラの料金

    KAITOセキュアカメラの料金 は以下のとおりです。

    スタンダードプラン

    1ユーザライセンス:月額利用料¥500(基本価格)
    ストレージ容量1TB追加:月額¥10,000(オプション)
    データダウンロード100GB追加:月額¥5,000(オプション)

    ※30日間無料トライアルが利用できます。

    エンタープライズプラン

    (基本価格)
    初期導入費用:¥300,000
    100ユーザパック:月額¥100,000

    (オプション価格)
    10ユーザ追加:¥3,000
    ストレージ容量1TB追加:月額¥10,000
    データダウンロード100GB追加:月額¥5,000
    動画撮影機能:月額¥30,000
    シングルテナント:月額¥30,000

    オンプレミス版

    (基本価格)
    サーバアプリケーション:初期費用¥2,000,000 次年度保守費用¥400,000
    クライアントアプリケーション初期費用¥2,000 次年度保守費用¥1,000

    (オプション価格)
    サーバアプリケーションインストール作業:初期費用¥550,000
    動画撮影機能:初期費用¥800,000 次年度保守費用¥160,000
    AD連携オプション:初期費用¥600,000 次年度保守費用¥120,000

    メール送信版

    KAITOセキュアカメラ メール送信版:月額利用料¥300(基本価格)

    ※30日間無料トライアルが利用できます。

    KAITOセキュアカメラの評判・口コミ

    KAITOセキュアカメラを実際に導入した企業の評判・口コミは以下のとおりです。

    ・本人確認書類などを持ち運ぶことがなくなり、置き忘れなどによる情報漏洩の防止が実現できた。
    ・デジタルカメラを利用する必要がなくなり、申請の手間や管理が楽になった。

    KAITOセキュアカメラは情報の安全性と業務の簡略化を可能にしたサービス

    KAITOセキュアカメラは、端末にデータが残らないので、情報漏洩のリスクがなく安全性が高いサービスです。

    また、漏洩リスクが無くなったことで、既存の申請業務やデータ以降の手間が減り業務を簡略化することも可能です。

    写真や動画を撮影するなどの業務がある方にはおすすめのセキュリティカメラです。

    この製品はIT資産管理の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    IT資産管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【IT資産管理】

        類似サービス: 漏洩チェッカー

        (4.5)

        月額料金100円〜/台無料お試し要問い合わせ
        初期費用0円最短導入期間2週間程度

        漏洩チェッカーとは、情報漏洩を未然に防ぐIT資産管理サービスです。 人的ミスなどの内部からの情報漏洩を防ぎ、企業や従業員の重要情報を管理するための機能を備えています。

           

        自社の理想とするIT資産管理が可能

        漏洩チェッカーは、1機能単位で契約することができるため、導入リスクを抑えて、企業が実現したい理想の情報管理体制を構築することが可能です。

        管理者の負担を減らしつつセキュリティレベルを向上

        漏洩チェッカーでは、あらかじめ通知基準を設定しておくことで、基準を超えた際には、自動で管理者にアラートが通知されるため、管理者が常に見張っておく必要がなくなります。

        導入後の運用負担が少ない

        漏洩チェッカーは、クラウド型のサービスのため、自社で運用のためのサーバーを用意する必要がなく、バージョンアップはワンクリックで行われ、サーバーの保守点検費用が不要で、導入後の負担が少ない点が特徴的です。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載