MCore(エムコア)の料金·評判·機能について

更新日:

    資産管理やセキュリティ対策の強化を目的として、セキュリティ管理システムを導入する企業が増えています。

    インターネット技術の発展により、サイバー攻撃やウイルスによる情報漏洩の危険性が増したことが要因の1つと考えられていますが、昨今ではテレワークなどのオフィス外での勤務状況が増えたこともセキュリティ強化の需要が高まっている要因と考えられるでしょう。

    今回紹介するMCoreは資産管理もセキュリティ対策も幅広く強化できるセキュリティ管理統合システムとして多くの企業から導入されています。

    機能面や料金面などを解説していきますのでサービス選定の参考にしてみてください。

    MCoreとは

    MCoreとは住友電工情報システム株式会社が運営するセキュリティ管理統合システムです。

    国内産のセキュリティ管理統合システムとして高い信頼があるという点から多くの企業で導入されています。

    単純なセキュリティ強化というだけでなく、現在では多くの企業が取り入れているテレワークにも対応できるという特徴があります。

    MCoreの機能·特徴

    テレワークの運用管理を強化できる

    テレワーク環境で問題となるのが、適正な勤務時間を維持できているのかを把握することが難しいという点、従業員が業務に関係のない挙動をしている可能性があるという点です。

    MCoreを導入することで、在宅勤務での稼働状況を把握するためにPC稼働レポートやアプリケーション利用レポートを作成することが可能となり、従業員が適正に業務を行っているかの確認が容易になります。

    また、PC操作を記録することもできるので不正な利用に対しては詳細の確認が可能です。勤怠システムとの連携で業務の開始と終了を記録して勤務時間の把握も効率化できます。

    操作性に優れている

    MCoreの管理コンソールは操作性に優れているのでPC操作に不安があるという方でも安心です。

    直感的操作で役職·部門ごとに機能制限を設けることもでき、外部システムと連携させることでさらに効率的に運用できるようになります。

    画面のレイアウトや検索テンプレートなどは管理者が使いやすいようにカスタマイズすることもできるので、使っていく中で自社にマッチしたシステムへと成長させることができるのです。

    充実のサポート体制

    MCoreではユーザーが安心して利用できるようにサポート体制の充実に注力しています。

    常に最新のバージョンが利用できるように継続的にバージョンアップを行っており、サポートデスクも設置されているので不明点はすぐに質問して解決することが可能です。

    また、保守ユーザー専用のサイトを開設しており、わからないことがある場合だけでなく、活用方法なども確認できるので自社でさらに効率的に活用するアイデアを見つけることができるようになります。

    東京·大阪·名古屋にて、ハンズオンセミナーを定期的に開催しており、実機を用いて説明をしてくれるので操作性や利便性を実感することも可能です。

    MCoreの料金·価格

    MCoreの料金プランは公式サイトより見積もりする必要があります。

    2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

    MCoreの強み

    MCoreの強みは大規模での利用にも適しているという点にあります。

    MCoreの開発元である住友電工情報システム株式会社では約85,000台以上でのPCによる利用を実現しており、社員数1,000名以上の大企業でも問題なく利用することが証明されています。

    国内産のシステムなので品質の良さにも定評があり、何かトラブルがあった際にも日本語での対応が受けられるという点も強みです。

    事実、2004年のサービスリリース以降、解約率は極めて低く、長期での利用するユーザーが大半という実績を達成しています。

    MCoreの導入事例·評判

    テレワークの管理にも最適

    “資産管理だけでなくPCのログが確認しやすく配信機能が充実している点が良いですね。PCの稼働時間が把握できることからテレワークの運用管理にも役立てています。多機能でありながら動作は軽いという点も気に入っています。”(匿名希望様)

    大規模環境での利用にも最適

    “グループ会社も含めて20,000台以上のPCで利用していますが1台のサーバーで管理することができています。パッチ配布を行う際にも自動的にスケジューリングされるのでネットワークに負荷がかかることもないですね。サーバーが1台で済むことからコストパフォーマンスにも優れたシステムだと実感しています。”(匿名希望様)

    事例出典:IT Review公式サイト

    類似サービスとの比較

    MCoreの類似サービスとしてはSKYSEA Client ViewやLanScope Catが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

    サービス名月額料金初期費用無料お試し特徴
    MCore要見積もり要見積もりなし·大規模環境にも対応

    ·サポート体制が充実

    SKYSEA Client View要見積もり要見積もり評価版あり·見やすい管理が面

    ·豊富な外部連携

    LanScope Cat要見積もり要見積もり評価版あり·デバイス制御が可能

    ·サポート体制が充実

    料金面の比較としては、いずれのサービスも公式サイトより見積もりが必要なので比較が難しいです。

    機能面の比較としては、1台のサーバーで数万台のPCを管理することができるMCoreがコストパフォーマンスにも優れているのでおすすめです。

    よくある質問

    1台のサーバーでどれくらいの台数のパソコンを管理することができますか?

    資産管理サーバーの場合は5万台まで、ログ管理サーバーは1台あたりで5千台まで管理することが可能です。

    管理者の端末にインストールする必要なものはありますか?

    特に必要なものはございません。Webブラウザからサーバーへアクセスするだけでほとんどの機能をご利用いただけます。

    ログインするIDごとに利用できる機能や操作範囲を制限することは可能ですか?

    可能です。ID単位で使用する機能や操作できるボタンの表示を変えることができます。

    表示される内容をCSVに出力することはできますか?

    可能です。

    機能が追加される度に再インストールや追加インストールが必要ですか?

    オートマイグレーション機能が搭載されているので、一度インストールしてしまえば追加インストールは不要です。

    実際に使用しているインストールソフトと紐づけて管理することはできますか?

    可能です。

    参考:MCore公式サイト

    MCoreでセキュリティ管理の効率化を

    情報漏洩や不正アクセスが問題視される昨今だからこそセキュリティ管理統合システムの導入が望まれます。

    MCoreのようなシステムであれば、1,000台以上のPCを扱う企業であっても動作に問題なく快適にセキュリティ対策を強化することができるのでおすすめです。

    サポート体制も手厚いので導入に対して不安がある場合もしっかりと相談してから導入することができます。東京·大阪·名古屋であれば無料のハンズオンセミナーを開催しているので実際の使用感を確かめることもできるので、条件が合うという方は是非参加を検討してみてください。

    画像·データ出典:MCore公式サイト

      • qeee枠【IT資産管理】

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載