どんな機能がある?LYSITHEA(リシテア)の料金・評判・機能について

最終更新日 

働き方改革が提唱されてからというもの、働く時間や働く場所も非常に多様化してきました。しかし様々な働き方に対応した勤怠管理・就業管理も必要になってくるので頭を悩ませている担当者も多いのではないでしょうか。そんな勤怠管理担当者の悩みを解決してくれるのが就業管理・勤怠管理システムです。

今回はそんな就業管理システムの中からリシテアというサービスをご紹介させていただきます。

リシテアとは

リシテアとは株式会社日立ソリューションズが提供する就業管理システムです。働き方改革のような時間や場所に捉われない働き方にも柔軟に対応することができ、従業員のワークライフマネジメントを効率化してくれるとあって1,330社を超える導入実績を達成しています。直感的操作が可能なので勤怠管理システムを使ったことがないという担当者、従業員でも簡単に利用することができる点が魅力です。

リシテアの機能・特徴

部署ごとに効率化できる機能が搭載

リシテアでは勤怠管理に関わる従業員や管理者、人事・労務に役立つ機能が多数搭載されています。従業員は出退勤の打刻機能はもちろん、勤務予定、実績登録、休暇申請や有給取得がモバイル端末で行えます。管理者は出退勤の確認、残業実績の確認、有給取得情報や勤務実績の承認などを行うことができます。36協定のチェックも可能です。人事・労務は勤務パターンの登録、労働統計参照、残業管理や警告などコンプライアンス強化に適した機能を利用することが可能です。

直感的操作が可能

勤怠管理に関わる全員が使いやすいシステムでなければ効率的な勤怠管理は実現できません。リシテアは直感的操作が可能な管理画面でページを切り替えることなく視覚的に従業員の勤怠状況を把握することが可能です。従業員もPCやスマホ、カードリーダーといった豊富な打刻方法があるため快適に自分にあった打刻が可能になります。視覚的に従業員の勤怠状況を把握できるので働きすぎな社員への警告や法令違反に繋がりそうなケースを未然に防ぐことが可能です。

将来に向けたバージョンアップを実現

多くの企業での導入実績から得たナレッジを元に製品をアップグレードしていく体制がリシテアにはあるので常に利用者が快適に勤怠管理に関わることができます。働き方改革はもちろん、自社に合わせた働き方への対応も見事に実現してくれます。細かいアップグレードにも追加費用が発生することはありません。

リシテアの料金・価格

リシテアでは詳細な料金プランは表記されていませんが従業員数ごとの見積もり例が掲載されています。

従業員数100名で1就業形態の場合は初期費用2,000,000円から、月額費用は1ユーザーにつき350円からになります。従業員数500名、複数就業形態の場合は初期費用4,000,000円、月額費用は1ユーザーにつき330円からです。従業員数1,000名、複数就業形態の場合は初期費用6,000,000円、月額費用は1ユーザーにつき310円からです。

細かい初期費用や月額費用は公式サイトより見積もりが必要です。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

リシテアの強み

リシテアの強みは大企業にあった勤怠管理システムという点です。利用する従業員数が増えるほど1人あたりの月額料金は安くなる設計になっているので多くの従業員を抱えているほどお得にシステムを利用することが可能です。公式サイトで掲載されている見積もり例でも従業員数は100名からのデータが掲載されています。大人数で利用する場合でも勤怠管理が効率化できるように直感的操作と視覚的に勤怠状況を把握することが可能な設計はリシテアの強みです。

利用企業からの評判・口コミ

働き方改革に対応した就業管理が実現できました

“働き方改革を実現するためにフレックスタイム制度や時差出勤制度を導入するタイミングで勤怠管理システムを入れ替えを行いました。リシテアはわかりやすいシステムで全員の就業時間を1画面で管理できることが素晴らしいです。従業員一人ひとりがワークライフバランスに対する意識が改革されたのも素晴らしいです。”(国際石油開発帝石株式会社様)

多様な出退勤管理に対応できるようになりました

“以前はエクセルや紙ベースでの管理など様々な管理方法で勤怠管理が混在していました。リシテアの導入にあたってはサポートチームのリードのもと構築作業を進めることができました。リシテアを導入したことにより出向者の勤怠管理など多種多様な雇用形態、勤怠形態に対応した管理が実現できるようになりました。”(相鉄グループ様)

類似サービスとの比較

リシテアとの類似サービスとしてはバイバイタイムカードやShiftMAXなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や特徴で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用お試し利用特徴
リシテア要見積もり要見積もりあり・直感的操作が可能
・定期的なバージョンアップ
バイバイタイムカード要見積もり要見積もりなし・豊富な打刻機能
・柔軟なカスタマイズが可能
ShiftMAX30,000円〜200,000円〜なし・導入コンサルは無料
・自社に合わせたカスタマイズが可能

料金面では初期費用も比較的安価で月額費用も1従業員あたり300円と安価なShiftMAXがおすすめです。機能面としては直感的操作が可能なリシテアが従業員数の多い企業ほど料金もお得になり、自社のでの運用にあわせたカスタマイズを専用チームがサポートしてくれるのでおすすめです。

リシテアで自社にあった勤怠管理を

今回は就業管理・勤怠管理システムのリシテアをご紹介させていただきました。勤怠管理は従業員数が多くなればなるほどその働き方も多様化するので難しくなってきます。リシテアのような中企業〜大企業向けの勤怠管理システムを導入することで大人数でも効率的な勤怠管理を実現することができます。

導入に際しては、担当者への勤怠管理における課題をヒアリングして、課題解決のためにはどんな機能が必要かを明確にしておきましょう。トライアルなどを利用して勤怠管理システムがどんなものなのか、直感的に操作ができるシステムとはどんなシステムなのかを体感しておくことも重要です。

画像・データ出典:リシテア公式サイト

 

 

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部