ビジネスにおける『ロードマップ』とは|目標管理·プロジェクト管理に便利なロードマップツールを紹介

最終更新日 

ビジネスをしていくうえではさまざまな成果を求められることやプロジェクトチームでのプロジェクト達成、営業所や店舗ごとに課せられた目標などを達成していくことが求められます。
課せられた目的を達成していくために、ロードマップを作成して取り組んでいくことがおすすめです。
ロードマップとはどんなもので、どのように作り、活用していけば良いのかご紹介します。

ロードマップとは?ビジネスで使われるロードマップの意味とは?

ロードマップとは、掲げた目的を達成するにはどのようにすれば良いのか、目的達成のための行程やスケジュールなどを描いたものです。
ビジネスで使われるロードマップの場合、会社として、事業部門として、営業所や店舗ごとに設定することや特定のプロジェクトの成功や個々の社員の目標達成のために作成されることもあります。

ロードマップを作成する目的と作成方法·作成時のコツ

ロードマップを作成する目的は、与えられた目標や課題、目的の達成を決められた期間までに確実に成し遂げるためです。
ビジネスにおいては、「いつかできたらいいな」といった夢や憧れを漠然と描くことは基本的にできません。
企業は利益を上げて持続的な成長を遂げていかなくてはならないため、業績を上げ続けることが必要です。
そのために会社として、部門として、営業所や店舗、チームや個々人の社員に成し遂げるべき目標や課題などが課せられることや自ら設定して成し遂げようとします。
といっても、目標を与えられても行動ができない人もいますし、がむしゃらに頑張るだけでは決められた期日までに与えられた目標を達成できないことが少なくありません。
確実に成果を出せるように、ゴールに向けて、いつまでに何をすれば良いのか、どのようなステップで進んでいけば、ゴールに到達できるかを落とし込んでいくのがロードマップです。
ロードマップの作成方法は以下の流れで行っていきましょう。
各プロセスでのコツを含めて、ご紹介していきます。

目的と現状の明確化

最終的に達成したいゴールを明確化します。
ロードマップを作成するには、現状を把握することも不可欠です。
現在の状態を把握することで、ゴールとどのくらい距離があるのかがわかります。
最初のステップのコツは、数値やデータなど客観的な指標で比べることです。
たとえば、ゴールが月間売上目標60個のところ、現在は月間30個ならば、倍のペースで売る必要があることがわかります。

中間目標を設定

ロードマップ作成の基本ステップでもあり、コツでもあるのが中間目標の設定です。
ロードマップにおける中間目標地点のことを、マイルストーンと呼ぶこともあります。
たとえば、1年の事業年度で達成すべきゴールがある場合、一気に走りぬくのではなく、4半期ごとや1ヶ月ごとにクリアしていくべき中間目標を設定します。
期間の長短を問わず、たとえば、1ヶ月で一定の営業成績を出すことが求められた場合には週間目標を掲げるなど、スパンを区切っていくことがコツです。
たとえば、月間で30個売り上げるなら、1週目で7個、2週目で15個、3週目で22個、4週目で30個クリアといったマイルストーンを掲げます。

課題の洗い出し

中間目標を設定したら、その目標を達成するために乗り越えなくてはならない課題を洗い出しましょう。
たとえば、店舗にて1週目で7個売るという目標を掲げた場合、1日あたり1個売れれば良いと単純に頑張ろうとしてはいけません。
まずは現状を把握します。
現在は週に3個しか売れていないなら、なぜそうなのか、問題となっている課題を洗い出し、それをクリアするにはどうすれば良いかを考えていく必要があります。

課題解決のための施策を考えて実行する

洗い出された課題をどうすればクリアできるのかを考えなければなりません。
現状、週に3個売れているものを7個に増やすための施策は、その企業や店舗の業種や状態などによりさまざま考えられます。
対面営業を増やす、ターゲット層に働きかけるためWeb広告を出すなど、考えていきましょう。
中間目標をクリアするまでに与えられた期間などによっても、施策は異なってきます。
コツとして、いつまでに具体的に何をするを考えて書き込み、実際に実行していきます。

ロードマップ作成の効率を上げるならテンプレートを利用しよう

ロードマップは年間計画や長期のプロジェクトをはじめ、短期間で達成すべきゴールであっても、何をいつまでに、どのように行うかなど、緻密な計画づくりが大切です。
具体的になるほど、中間目標のクリアがしやすくなり、ゴール到達への可能性が高まるからです。
ゴールまで使い込んでいくロードマップですから、チームや店舗などのメンバーで共有しながら、管理していくことも必要になります。
緻密ながらもわかりやすく、進捗管理もしやすいロードマップを作らなくてはなりません。
となれば、ロードマップの作成の仕方や見せ方も問題になってきます。

重要なのは中身

とはいえ、みんなにわかりやすく、目標管理や進捗管理がしやすいロードマップの作り方や見た目を考えることに時間を割くことや作り込みをするために手間をかけるのは時間のロスです。
しっかり時間をかけて考えなくてはならないのは、ロードマップの中身です。
そのため、ロードマップを作成するためのツールとして、テンプレートやアプリを利用しましょう。
テンプレートは時間の余裕があるなら、今後のことを踏まえて自社で作成する手もあります。
もっとも、表計算ソフトなどでテンプレートを作った場合、多くの人とデータ上での共有管理が難しくなる場合やプリントアウトして配布する場合には修正などがあるたびに差し替えが必要です。
しかも、各自がどれだけ目標に近づいているのかなど進捗もわかりづらくなってしまいます。
そこで、テンプレートを使うなら、クラウド上で共用できるITツールを使うことや個人ごとチームごとの進捗管理も簡単にできるアプリを活用するのがおすすめです。

ロードマップを作成するメリット

ロードマップを作成するメリットを知り、中身を考えるモチベーションにつなげましょう。

現状分析ができ課題が明確になる

ロードマップを作成することで、現状分析ができ、課題も明らかになり、それを解決するたまめに、いつまでに何をすべきかがわかります。

ゴールが達成しやすくなる

ゴールまでに達成すべきことの全体像が見え、それに向けて達成していくべきマイルストーンが設定されるので、ゴールに到達しやすくなります。

認識のズレを避けチーム力が高まる

ロードマップをチームや部署、店舗など同じゴールを目指すメンバーにおける認識のズレなどをなくし、各メンバーの役割や達成すべき課題などを明確にできます。
マイルストーンをはじめ、やるべきことが明確になるのでモチベーションが高まり、チームの団結力や実行力も加速していくのがメリットです。

ロードマップ作成時の注意点を確認しておこう

ロードマップ作成時に抑えておきたい、注意点を確認しておきましょう。

期限を設定する

ゴールを1年後、○ヶ月後など期限を設定するのはもちろん、マイルストーンも必ず期限や期日を設けましょう。
だらだらとやっていては、ゴールには至りません。

数値で具体化する

ゴールやマイルストーンは、必ず数値などの客観的な指標を設けましょう。
ただ「売上を増やす」「ライバルの○社を抜く」ではなく、前年比120%増、市場シェア60%達成、売上金額1億円、契約件数1,000件といった形にします。

目標達成にはロードマップが重要

ビジネスで目標を達成するには、ロードマップ作成が大切です。
マイルストーンと呼ばれる中間目標を定め、課題を明らかにし、それを解決する手段を考えて実行していきます。
ゴールやマイルストーンには期限を設け、目標は数値で客観的に定めることも大切です。
中身を考えることに力を注ぐためにも、ロードマップ作成には管理もしやすいITツール上のテンプレートやアプリを活用しましょう。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載