ピープルアナリティクスとは?概要やメリットについて

更新日:

近年、大手企業で注目されている「ピープルアナリティクス」をご存知でしょうか。
ピープルアナリティクスとは、社員や組織に関係するデータを収集・分析して組織づくりに生かす組織開発の手法です。

ここ数年で、急速に広まり「HRアナリティクス」「タレントアナリティクス」と呼ばれることもあります。

AIやビッグデータを活用することで効率よく、納得のできる人材を確保できるとして海外の企業で注目を浴びています。

この記事では、ピープルアナリティクスの概要やメリット、導入している企業例などについてわかりやすく解説していきます。

ピープルアナリティクスとは?

ピープルアナリティクスとは、人事に関する情報や数字を収集、分析し客観的なデータを用いることで採用や教育、評価など人事業務の決定に活用する方法のことをいいます。

Google社では、ピープルアナリティクスについてこのように言及しています。

「Googleではデータと分析に基づき、すべての人事に関する意思決定が行われるべきである」

このように、世界の大企業がピープルアナリティクスの重要性を示唆しています。

ピープルアナリティクスの重要性

今までの人事の業務を振り返ると、担当者の勘や経験であらゆる業務を行ってきました。
たとえば、採用の現場であれば面接官の判断一つで候補者を絞り込み、決定するといったかたちです。

面接官の主観だけではミスマッチを起こす確率は高く、直感で選んだだけでは社内の人間も納得いかないこともあるでしょう。

ピープルアナリティクスは、そうしたことを未然に防ぎ、データを分析することで客観的な判断を用いることができます。意思決定の際の公平性や透明性を保つうえで重要な役割を担うのです。

ピープルアナリティクスは、なぜ注目されはじめたのか

ピープルアナリティクスが注目されるようになった最大の要因は、テクノロジーの進化です。

いままでは、人材に対するデータを集めることも分析することも容易ではありませんでした。

クラウド技術の発達によってPCの性能を気にせずに莫大なデータを処理することが可能になり、こうした技術的な背景をもとにピープルアナリティクスが注目されるようになったのです。

また、日本でも大手企業を中心に取り組みが行われはじめ生産性の向上や業務の効率化を見直している企業も増えてきています。

ピープルアナリティクスは、どのようなデータを活用するのか

ピープルアナリティクスでは、分析する際にどのようなデータを活用するのでしょうか。
大きく4つにわけてご紹介いたします。

・デジタルデータ

社用PCの利用状況や閲覧履歴、電子メールの送受信先や時間帯などをもとに、相手企業側とのやりとりで発揮されるパフォーマンスを測るために収集します。

・行動データ

社員がどのような行動を取っているか把握できるデータです。
社用携帯の位置情報から、外出時間や外出先のデータを収集できます。

・オフィスデータ

会社の設備がどのように利用されているかを分析することで社員の行動やコミュニケーションを把握することができます。
設備の使用頻度や、会議室の利用状況などのデータが収集できます。

・人材データ

年齢、性別、職位、所属部署、給与といったピープルアナリティクスにおいて基本的なデータのことを指します。
このほかに、勤怠履歴や特性などのデータも分析します。

ピープルアナリティクスを用いるメリットは?

では、ピープルアナリティクスを導入することはどのようなメリットがあるのでしょうか。
企業側と社員側のメリットにわけて、ご紹介いたします。

企業側のメリット

人材確保や昇進の判断など意思決定をする際に、大きなメリットがあります。
膨大なデータをもとに判断するため、納得した意思決定をしやすいです。

また、会議など主観的な判断が行ったり来たりする際にも分析データを用いることで客観的な判断ができ、時間の短縮につなげることができます。
生産性の向上や業務の効率化を図れることが、最大のメリットです。

社員側のメリット

社員側にとっては、分析データをもとに根拠のある説明を受けれるため納得感を持って、業務に取り組むことができます。

また、スキルデータを分析することで自分に合った部署に配属されやすくなり、パフォーマンスを充分に発揮できる機会が増えることもメリットです。

ピープルアナリティクスの企業事例

実際に、ピープルアナリティクスを活用している企業を3つご紹介いたします。

ソフトバンク

新卒採用の選考の際に、用いることで公平な選考ができ約75%の工数削減が行えました。
人事が担当していた業務をAIが代わりに行うことで業務の効率化を図りました。

Google

ピープルアナリティクスを活用して、Googleでは主に3つの効果が得られました。
・採用面接における効率化と高度化
・管理職に求められる8つの要素の発見とその取り組み
・チームの生産性を高めるための心理的安全性の確保

日立製作所

分析したデータを用いることで、優秀な人材を確保・育成することが可能になりました。
また、社員の行動データを測定し幸福度を測る取り組みを独自で行なっています。
幸福度を高めることによって、社員のパフォーマンスを高める目的を図っています。

「人事アナリスト」という職の出現

ピープルアナリティクスの浸透とともに、「人事アナリスト」という職が出現しました。
人事アナリストとは、人事の知識を持ち合わせながらピープルアナリティクスを主導する職種のことをいいます。

主な仕事内容は、人事に対する課題の分析やヒヤリング、解決策の提案などを中心に行い、ピープルアナリティクスを社内に浸透させる業務を担います。
人事を行う際に、ピープルアナリティクスを円滑に行えるよう支援する職種です。

多くの日本の企業では、ピープルアナリティクスの理解度や認知度は低い傾向にあります。
人事アナリストを置くことで、会社全体の理解度を深め、より生産性を上げることに繋げることができるのです。

ピープルアナリティクスを用いる際での注意点

ピープルアナリティクスは便利な反面、注意しなければならない点もあります。
活用していくうえで、気をつけたいポイントについてご紹介いたします。

データや分析結果に執着しない

ピープルアナリティクスは、かなり正確な分析を行うことができますがそればかりに固執しすぎてしまうと偏りが生じてしまう場合もあります。

人間のすべてをデータで測ることはまだまだ難しく、人間は無限の可能性を秘めています。
データや分析結果にこだわらず、人間的な視野をバランスよく取り入れることが大切です。

データの取り扱いに注意する

ピープルアナリティクスでは、膨大な個人情報を取り扱うため管理には厳重な注意が必要になります。

万が一、第三者に漏れるなどしてしまったら大きな被害を被ることになります。

データは会社の資産だと考え、大切に扱いましょう。

まとめ

ピープルアナリティクスの概要やメリットなどについてご紹介いたしました。
ピープルアナリティクスを活用することにより、業務の効率化や生産性の向上が望めます。
企業をより活性化させるために、重要度の高い手法だと考えられます。

まだ日本では、広く浸透されていませんがこれから先の未来を見据えるのであれば多くの企業が取り入れるべきだと感じます。

この先ますます、人事においてもデータの活用や分析の流れが、加速していくことは間違いないでしょう。
めまぐるしく変わる現代の流れに取り残されないよう、ピープルアナリティクスの理解を深めていくことをおすすめします。

これは人事管理の製品です。
人事管理の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【人事管理】

      類似サービス: HRBrain

      (4.5)

      月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
      初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

      HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

      人事評価を効率化

      HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

      人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

      HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

      最適な人材配置が可能になる

      人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

      類似サービス: スマカン

      (4.5)

      月額費用50,000円〜無料お試し30日間無料
      初期費用要お問合せ最低利用人数1人〜

      スマカンとは、スマカン株式会社が運営しているクラウド人事システムです。 人材情報の見える化・一元管理を可能とし、人材配置、人材育成、目標管理、人事評価に活用することで、企業の人材戦略をサポートすることができます。

      使いやすさ抜群のインターフェース

      どんなに便利なツールでも、使いこなせなければ意味がありません。 スマカンは、非エンジニアの方でも手軽に人材データベースや評価シートの設計を行うことができます。 パソコンはもちろん、スマートフォンでの使いやすさも意識したインターフェースで開発されているため、外出先からでも簡単に閲覧・入力が可能です。

      人材情報の一元管理ができる

      スマカンを導入すれば、人事に関する様々な情報を一元管理することができます。 オリジナルのデータベースが手軽に構築でき、CSVファイルによるインポートも可能なため、欲しい人事情報を使いやすい形で活用することができるようになります。

      クラウドで目標管理

      スマカンは、クラウドで提供されているサービスであるため、テレワーク・リモートワークなど、場所を選ばない目標管理を可能とします。 紙やExcelでは煩雑化していた管理をクラウドで、MBO・OKRの一元管理ができるようになります。

      類似サービス: JobSuite TALENTS

      (4.5)

      月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

      「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

      従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

      導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

      JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

      より広範な人事領域のDXを実現

      obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

      類似サービス: JOB Scope

      (4.5)

      月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      JOB Scopeは、人が主役のジョブ型人事クラウドサービスです。 社員が将来の成長を自ら考え、キャリアデザインできる人事システムとして、従来の評価主体のシステムとは違う角度のサービスとして注目を集めています。

      リスキリングによるキャリア形成の提案が行える

      社員のキャリアマネジメント・再スキル学習(リスキリング)の方向性や項目を、人工知能が明らかにしてくれるため、将来のキャリア形成の参考にすることができます。

      経営戦略を実現する組織定義・職務定義が行える

      企業理念から人財配置まで、首尾一貫した組織戦略を行うことが可能です。 経営ビジョンや、事業戦略実現のために必要な職務の定義をし、ジョブ型人事制度を体系化することで、職務と成果責任が明確化され、社員のキャリア形成と組織の成長が実現されます。

      課題を解決し、競争力のある部門へと変革できる

      部門単位での課題を明らかにし、課題解決のために最適な社員を割り当てることが可能になります。 それにより、社員一人ひとりの成長はもちろん、競争力のある部門へと変革を図ることが実現されます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載