ピープルアナリティクスとは?概要やメリットについて

更新日:

    近年、大手企業で注目されている「ピープルアナリティクス」をご存知でしょうか。
    ピープルアナリティクスとは、社員や組織に関係するデータを収集・分析して組織づくりに生かす組織開発の手法です。

    ここ数年で、急速に広まり「HRアナリティクス」「タレントアナリティクス」と呼ばれることもあります。

    AIやビッグデータを活用することで効率よく、納得のできる人材を確保できるとして海外の企業で注目を浴びています。

    この記事では、ピープルアナリティクスの概要やメリット、導入している企業例などについてわかりやすく解説していきます。

    ピープルアナリティクスとは?

    ピープルアナリティクスとは、人事に関する情報や数字を収集、分析し客観的なデータを用いることで採用や教育、評価など人事業務の決定に活用する方法のことをいいます。

    Google社では、ピープルアナリティクスについてこのように言及しています。

    「Googleではデータと分析に基づき、すべての人事に関する意思決定が行われるべきである」

    このように、世界の大企業がピープルアナリティクスの重要性を示唆しています。

    ピープルアナリティクスの重要性

    今までの人事の業務を振り返ると、担当者の勘や経験であらゆる業務を行ってきました。
    たとえば、採用の現場であれば面接官の判断一つで候補者を絞り込み、決定するといったかたちです。

    面接官の主観だけではミスマッチを起こす確率は高く、直感で選んだだけでは社内の人間も納得いかないこともあるでしょう。

    ピープルアナリティクスは、そうしたことを未然に防ぎ、データを分析することで客観的な判断を用いることができます。意思決定の際の公平性や透明性を保つうえで重要な役割を担うのです。

    ピープルアナリティクスは、なぜ注目されはじめたのか

    ピープルアナリティクスが注目されるようになった最大の要因は、テクノロジーの進化です。

    いままでは、人材に対するデータを集めることも分析することも容易ではありませんでした。

    クラウド技術の発達によってPCの性能を気にせずに莫大なデータを処理することが可能になり、こうした技術的な背景をもとにピープルアナリティクスが注目されるようになったのです。

    また、日本でも大手企業を中心に取り組みが行われはじめ生産性の向上や業務の効率化を見直している企業も増えてきています。

    ピープルアナリティクスは、どのようなデータを活用するのか

    ピープルアナリティクスでは、分析する際にどのようなデータを活用するのでしょうか。
    大きく4つにわけてご紹介いたします。

    ・デジタルデータ

    社用PCの利用状況や閲覧履歴、電子メールの送受信先や時間帯などをもとに、相手企業側とのやりとりで発揮されるパフォーマンスを測るために収集します。

    ・行動データ

    社員がどのような行動を取っているか把握できるデータです。
    社用携帯の位置情報から、外出時間や外出先のデータを収集できます。

    ・オフィスデータ

    会社の設備がどのように利用されているかを分析することで社員の行動やコミュニケーションを把握することができます。
    設備の使用頻度や、会議室の利用状況などのデータが収集できます。

    ・人材データ

    年齢、性別、職位、所属部署、給与といったピープルアナリティクスにおいて基本的なデータのことを指します。
    このほかに、勤怠履歴や特性などのデータも分析します。

    ピープルアナリティクスを用いるメリットは?

    では、ピープルアナリティクスを導入することはどのようなメリットがあるのでしょうか。
    企業側と社員側のメリットにわけて、ご紹介いたします。

    企業側のメリット

    人材確保や昇進の判断など意思決定をする際に、大きなメリットがあります。
    膨大なデータをもとに判断するため、納得した意思決定をしやすいです。

    また、会議など主観的な判断が行ったり来たりする際にも分析データを用いることで客観的な判断ができ、時間の短縮につなげることができます。
    生産性の向上や業務の効率化を図れることが、最大のメリットです。

    社員側のメリット

    社員側にとっては、分析データをもとに根拠のある説明を受けれるため納得感を持って、業務に取り組むことができます。

    また、スキルデータを分析することで自分に合った部署に配属されやすくなり、パフォーマンスを充分に発揮できる機会が増えることもメリットです。

    ピープルアナリティクスの企業事例

    実際に、ピープルアナリティクスを活用している企業を3つご紹介いたします。

    ソフトバンク

    新卒採用の選考の際に、用いることで公平な選考ができ約75%の工数削減が行えました。
    人事が担当していた業務をAIが代わりに行うことで業務の効率化を図りました。

    Google

    ピープルアナリティクスを活用して、Googleでは主に3つの効果が得られました。
    ・採用面接における効率化と高度化
    ・管理職に求められる8つの要素の発見とその取り組み
    ・チームの生産性を高めるための心理的安全性の確保

    日立製作所

    分析したデータを用いることで、優秀な人材を確保・育成することが可能になりました。
    また、社員の行動データを測定し幸福度を測る取り組みを独自で行なっています。
    幸福度を高めることによって、社員のパフォーマンスを高める目的を図っています。

    「人事アナリスト」という職の出現

    ピープルアナリティクスの浸透とともに、「人事アナリスト」という職が出現しました。
    人事アナリストとは、人事の知識を持ち合わせながらピープルアナリティクスを主導する職種のことをいいます。

    主な仕事内容は、人事に対する課題の分析やヒヤリング、解決策の提案などを中心に行い、ピープルアナリティクスを社内に浸透させる業務を担います。
    人事を行う際に、ピープルアナリティクスを円滑に行えるよう支援する職種です。

    多くの日本の企業では、ピープルアナリティクスの理解度や認知度は低い傾向にあります。
    人事アナリストを置くことで、会社全体の理解度を深め、より生産性を上げることに繋げることができるのです。

    ピープルアナリティクスを用いる際での注意点

    ピープルアナリティクスは便利な反面、注意しなければならない点もあります。
    活用していくうえで、気をつけたいポイントについてご紹介いたします。

    データや分析結果に執着しない

    ピープルアナリティクスは、かなり正確な分析を行うことができますがそればかりに固執しすぎてしまうと偏りが生じてしまう場合もあります。

    人間のすべてをデータで測ることはまだまだ難しく、人間は無限の可能性を秘めています。
    データや分析結果にこだわらず、人間的な視野をバランスよく取り入れることが大切です。

    データの取り扱いに注意する

    ピープルアナリティクスでは、膨大な個人情報を取り扱うため管理には厳重な注意が必要になります。

    万が一、第三者に漏れるなどしてしまったら大きな被害を被ることになります。

    データは会社の資産だと考え、大切に扱いましょう。

    まとめ

    ピープルアナリティクスの概要やメリットなどについてご紹介いたしました。
    ピープルアナリティクスを活用することにより、業務の効率化や生産性の向上が望めます。
    企業をより活性化させるために、重要度の高い手法だと考えられます。

    まだ日本では、広く浸透されていませんがこれから先の未来を見据えるのであれば多くの企業が取り入れるべきだと感じます。

    この先ますます、人事においてもデータの活用や分析の流れが、加速していくことは間違いないでしょう。
    めまぐるしく変わる現代の流れに取り残されないよう、ピープルアナリティクスの理解を深めていくことをおすすめします。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載