目標管理をする際に重要な目標設定の流れ

更新日:

    目標管理をする上での目標設定方法

    目標の設定方法

    目標管理を浸透させるためには目標の設定方法を意識するようにしましょう。

    いきなり社員に対して目標管理を導入するといってもなかなか理解してもらうことは難しいため、まずは企業単位や部署単位で目標を設定して社内で共有するところから始めます。

    社員自身に設定してもらう目標は組織としての目標に連動しているものであることが必須です。企業としての目標を共有することで全社一体となって目標達成に取り組む姿勢を構築できます。

    社員が設定した目標は上司も確認するようにして、ストレッチすぎる目標ではなく努力次第で達成できる程度の目標になっているかを確かめましょう。社員自らが設定した目標を達成するために努力することで、会社側から設定された目標を強制されているという意識がなくなり、自分の努力が組織の成長につながっているという意識改革にもつながります。

    目標設定においては、上司と本人それぞれが目標達成までのビジョンをイメージできていることが重要です。

    逆にそれぞれの認識にズレが生じると、自己評価と上司からの評価にギャップが生じてしまい、正当な評価を受けていないと社員が不信感を抱いてしまったり、モチベーションの低下に繋がってしまう可能性があります。

    SMARTの原則

    目標管理を効果的に実現するためには、「SMART」の原則に基づいて目標を設定すると良いでしょう。

    SMARTの原則は職種に関わらず適用できるため是非活用してみてください。

    • S:Specific(どんな状態を実現するのか)
    • M:Measurable(ゴールが達成されたかを第三者でも測定できるように定量化)
    • A:Achievable(希望ではなく現実的に達成できる内容か)
    • R:Related(設定した目標が企業としての目標・組織としての目標に関連づいているか)
    • T:Time-bound:(いつまでに目標を達成するか)

    MBOにおけるゴールは達成した目標が組織や企業全体に貢献していることです。

    すなわちSMARTの原則においてはR、Relatedの部分が重要となってきます。

    個人の目標が達成されることがチームのためになっているのか、チームが達成した目標が組織全体に貢献しているのかというRの視点を持って目標を設定するようにしましょう。

    また、営業やマーケティング部門などにおいては目標を数値として測定できるケースも多いため、M、Measurableの視点を重視する場合もあります。

    逆に管理部門などでは数値による目標設定が難しい場合もありますが、重要なのは目標を設定する本人と上司が客観的に目標の達成度を把握できるように設定することです。

    これは目標管理の製品です。
    目標管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【目標管理】

        類似サービス: HRBrain

        (4.5)

        月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
        初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

        HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

           

        人事評価を効率化

        HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

        人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

        HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

        最適な人材配置が可能になる

        人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

        類似サービス: スマカン

        (4.5)

        月額費用50,000円〜無料お試し30日間無料
        初期費用要お問合せ最低利用人数1人〜

        スマカンとは、スマカン株式会社が運営しているクラウド人事システムです。 人材情報の見える化・一元管理を可能とし、人材配置、人材育成、目標管理、人事評価に活用することで、企業の人材戦略をサポートすることができます。

        使いやすさ抜群のインターフェース

        どんなに便利なツールでも、使いこなせなければ意味がありません。 スマカンは、非エンジニアの方でも手軽に人材データベースや評価シートの設計を行うことができます。 パソコンはもちろん、スマートフォンでの使いやすさも意識したインターフェースで開発されているため、外出先からでも簡単に閲覧・入力が可能です。

        人材情報の一元管理ができる

        スマカンを導入すれば、人事に関する様々な情報を一元管理することができます。 オリジナルのデータベースが手軽に構築でき、CSVファイルによるインポートも可能なため、欲しい人事情報を使いやすい形で活用することができるようになります。

        クラウドで目標管理

        スマカンは、クラウドで提供されているサービスであるため、テレワーク・リモートワークなど、場所を選ばない目標管理を可能とします。 紙やExcelでは煩雑化していた管理をクラウドで、MBO・OKRの一元管理ができるようになります。

        類似サービス: JobSuite TALENTS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

        「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

        従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

        導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

        JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

        より広範な人事領域のDXを実現

        obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

        類似サービス: JOB Scope

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        JOB Scopeは、人が主役のジョブ型人事クラウドサービスです。 社員が将来の成長を自ら考え、キャリアデザインできる人事システムとして、従来の評価主体のシステムとは違う角度のサービスとして注目を集めています。

        リスキリングによるキャリア形成の提案が行える

        社員のキャリアマネジメント・再スキル学習(リスキリング)の方向性や項目を、人工知能が明らかにしてくれるため、将来のキャリア形成の参考にすることができます。

        経営戦略を実現する組織定義・職務定義が行える

        企業理念から人財配置まで、首尾一貫した組織戦略を行うことが可能です。 経営ビジョンや、事業戦略実現のために必要な職務の定義をし、ジョブ型人事制度を体系化することで、職務と成果責任が明確化され、社員のキャリア形成と組織の成長が実現されます。

        課題を解決し、競争力のある部門へと変革できる

        部門単位での課題を明らかにし、課題解決のために最適な社員を割り当てることが可能になります。 それにより、社員一人ひとりの成長はもちろん、競争力のある部門へと変革を図ることが実現されます。

      • 目標管理(MBO)

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載