人事評価制度導入のメリット・デメリット

更新日:

    人事評価制度を導入するメリット

    従業員のモチベーション向上につながる

    人事評価制度によって、評価される項目がしっかりと認識できれば働く上でのモチベーション向上につながります。

    評価項目を達成すれば昇給や賞与など待遇面が改善される可能性があるため、従業員に積極性が生まれる可能性も期待できます。

    エンゲージメントの向上が期待できる

    人事評価制度が適切に運用されていれば、評価項目を通して企業の経営理念を伝えることができます。

    評価項目に沿ってフィードバックが行われれば、勘や感覚に頼った評価をされてない、しっかりと評価してもらえていると感じることができるため、上司や企業への信頼感が高まり、エンゲージメントの向上にもつながります。

    人材育成に役立つ

    例えば、コンピテンシー評価を行う際には、お手本となる従業員をベースとした評価項目を設定するため、評価対象者が現状でどんなスキルを持っているのか、何が足りないのかを明確にしやすくなります。

    得意なこと、これから伸ばしていくべきことを明確にした上で研修制度やスキルアップ制度を改善していくことで、より優れた人材育成に役立てることが可能です。

    人事評価制度導入のデメリット

    正しく運用されていないと社員のモチベーションが下がる

    人事評価制度の評価基準が曖昧だったり、評価内容に対するフィードバックが不十分で正しく運用されていないと従業員が評価制度自体に不信感を抱いてしまいます。

    従業員が評価制度に対していいイメージを持ってくれるように評価基準を具体的にし、定期的に見直すようにしましょう。

    場合によっては従業員からの訴訟リスクもある

    人事評価は給与や昇給、賞与などの待遇面に直結しているため、評価内容、評価結果が不適切だと従業員が感じた場合、訴訟に発展する可能性があります。

    そのため、評価基準・評価項目は明確なものにした上で評価結果に基づく処遇がどう連動するのかを従業員に説明して理解してもらうことが重要です。

    そもそも、医療業界や製造業では個人としての成果よりも、チーム全体で製品を作り上げたり、サービスの品質を向上させていくことが望まれるため、個人を評価する制度が適していない可能性があります。

    人事評価制度は導入すればどんな企業でも成果がでるというわけではなく、企業の特性によってはマッチしない場合もあるため、本当に人事評価制度が必要かを検討した上で慎重な導入が望まれます。

    この製品は人事評価・目標管理の製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    人事評価・目標管理の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【人事評価・目標管理】

        類似サービス: MotifyHR

        (4.5)

        月額費用440円〜/ID無料お試し要お問合せ
        初期費用330,000円〜導入会社要お問合せ

        従業員の可能性を最大限に引き出す人材開発プラットフォーム。会社での働きがいに関する10の質問を定期的に配信し、従業員の働きがい・エンゲージメント(会社に対する思い入れ)を社内・部署・個人単位で可視化できます。

        エンゲージメントの可視化ができる

        MotifyHRには、エンゲージメントサーベイができる機能が搭載されており、会社での働きがいに関する10の質問を定期的に配信し、従業員の現状を把握することが可能です。 働きがいやエンゲージメントを可視化することで、退職の可能性が高い従業員を早期に発見して対応できるようになります。

        新入社員がスムーズに馴染めるようにサポート

        MotifyHRでは、新入社員に対して会社や部門のタスク、サーベイ(質問)を適切なタイミングで配信することにより、エンゲージメントの向上につなげることができます。 システムに登録しておくことで、定期的に研修動画やお知らせなどオンボーディングコンテンツを自動で配信することができ、管理者はいつでも従業員の閲覧状況を数値化して一元管理することが可能です。

        社内コミュニケーションの活性化を実現

        MotifyHRでは、プロフィールの共有などでお互いを知ることができ、マネージャーは管下メンバーについて日々のコンディションチェックも可能となります。 経営層や人事からのお知らせ、または個人の投稿に対して、SNSライクに「いいね」やコメントをすることができるため、コミュニケーションの活性化に貢献します。

        管理職育成の自走化を支援: マネディク

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試しデモあり
        初期費用要問い合わせ最短導入期間6ヶ月〜

        特にベンチャー/成長企業への支援を得意としており、メガベンチャーや急成長企業での導入実績もあり、いずれも高い効果を発揮しています。

        「メディアサービス」によるインプット

        マネディクは、「メディアサービス」と「コンサルティングサービス」の2つのサービスによって利用企業の管理職育成を支援します。 メディアサービスは、動画コンテンツをメインに、Q&Aや知識テストなども用意されており、ベンチャー環境でのマネジメントに欠かせないセオリー・概念のインプットを効率的に進めることが可能です。 代表的なコンテンツテーマでは、「葛藤」「曖昧耐性」「結節点」などがあります。その他、時流に合ったフィードバック、1on1、リモートワーク、メンタルヘルスなど、今の時代に管理職が問題を抱えやすいことをテーマにコンテンツが用意されています。

        管理職の視野を上げるための他流試合型プログラムも併せて利用できる

        メディアサービスには交流型次世代リーダー研修”One Table”というメニューも含まれています。 自身と同程度のポジション、またはレイヤーにいる他社人材と他流試合を行うことができ、社内研修や座学だけでは気付くことができなかった多面的な視点や考え方のインプットが可能となります。 少人数クラスでの取り組みで月1回、半年間のプログラムとなっており、相互刺激はもちろん、プログラム終了後も社外ネットワーク構築に大きく貢献してくれます。

        導入から半年間の「コンサルティングサービス」で社内自走が可能に

        マネディクが他社の管理職育成サービスと違う大きなポイントが「メディアサービス」によるインプットを実践〜定着のサイクルに落とし込むための取り組みがセットになっている点です。研修経験豊富な専任コンサルタントが、半年間伴走支援します。 7ヶ月目以降はサポートや関与が少なくなり、自社で運用できるようになるというのがマネディクが提供する価値です。 7ヶ月以降に自走が可能になっているにも関わらず、導入企業のほとんどが1年2年と継続利用されているという点が、効果の信頼性を感じます。

        類似サービス: JobSuite TALENTS

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

        JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

        「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

        従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

        導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

        JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

        より広範な人事領域のDXを実現

        obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

      • 人事評価

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載