TeamUpの料金·評判·機能について|月額38,500円から導入できる?

最終更新日 

組織運営における生産性を上げるには、社員一人ひとりが抱えている課題や感情を理解することが非常に重要です。

管理職と部下とのコミュニケーションを円滑化し、人材育成に役立てるために1on1を取り入れている企業も増えていますが、同時に課題を感じている企業も多いのではないでしょうか。

今回紹介するTeamUpは、クラウドで1on1が実現でき、1on1における課題を解消するサービスとして注目されています。

本記事ではTeamUpの料金や特徴などを解説しますのでサービス選定の参考にしてください。

TeamUpとは

TeamUpとはチームアップ株式会社が運営しているクラウド1on1ツールです。

実施フローの効率化やデータの有効活用によって1on1の定着を実現できることから大手企業を始め、150社以上の導入実績があります。

社内の1on1を見える化、社員一人ひとりの状態を把握できるようになることで、より効果的な人材育成、組織編成を実現することが可能となります。

TeamUpの機能·特徴

1on1ミーティングをサポートする機能を搭載

TeamUpにはトピックの事前提出機能が備わっているため、部下が抱えている課題、考えていることを事前に上司と共有することができます。

上司側もトピックが共有されることで、1on1でどんなことを質問するか、ミーティングの流れをあらかじめ設計できるようになるためスムーズな1on1が実現できるようになります。

1on1の定着が実現できる

1on1制度が定着しない要因の1つには手間がかかる点が挙げられます。

ログを記入するためのファイル作成やスケジュールの調整など上司が行わなければいけない作業が多く、効率化のためにはツールの導入が必要でした。TeamUpを導入すれば面倒な作業は一括で設定することが可能です。

テンプレートの作成ができるため繰り返しの予定を設定しておけば自動的に予定の作成ができるようになるため、スムーズに1on1を始めることができます。

ブラックボックス化を防止

1on1で得た貴重なデータを上司だけが保管しておりチーム内、管理職間で共有ができていないという事例があります。

TeamUpを導入することでログ一つひとつに対して共有設定することができるようになるのでブラックボックス化を未然に防ぐことが可能となります。

共有する範囲の設定が柔軟にできるため、大事な情報を適切な範囲で共有し、社員のリアルタイムな状態をいつでも把握して組織改善のスピードをあげることができます。

TeamUpの料金·価格

TeamUpの料金はアカウント発行数によって変わり、初期費用はいずれも77,000円(税込)となっています。

ツールの利用料は50名以下で利用する場合で月額38,500円、51名以上で利用する場合は要問い合わせです。

希望する方には運用や導入に関するサポートをオプションで提供しておりこちらも問い合わせが必要となります。

2022年1月現在/詳細は公式サイトを確認

無料トライアルについて

TeamUpでは、無料トライアルについて公式サイト上で明記がないため問い合わせが必要となります。

TeamUpの導入事例·評判

コミュニケーションの活性化を実現できました

“上司と部下のコミュニケーションを向上してパフォーマンスを高めるために1on1が有効だと思い導入することにしたんです。制度としては定着が実現できましたが、より運用しやすくなるようにとTeamUpを導入しました。1on1を導入したことで「上司と話しやすくなった」、「部下からの発言が多くなった」という声が聞かれるようになりました。”(TIS株式会社様)

TeamUpでコミュニケーションの活性化を

TeamUpについてご紹介させていただきました。

  • 1on1ミーティングをスムーズに開始できる
  • 1on1定着をサポート
  • 運用支援もあり

上記の点から、初めて1on1制度を導入しようと検討している企業はもちろん、1on1が定着しなかったという企業にもおすすめなツールと言えるでしょう。

本記事を読まれて気になった方は、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載