交通費の精算時の適切な書き方・処理方法と注意点

更新日:

    交通費精算とは?

    企業における交通費精算とは、主に営業担当など社外で活動する機会がある職種の方が業務に使用した交通費の内容を申請書にまとめ、経理担当者へ提出、確認する業務のことを指します。多くの企業では1ヶ月ごとに交通費精算を行うケースが一般的なようです。

    ここでいう交通費とは、出張や営業などの仕事を行うために利用した公共交通機関、タクシーなどを利用した実費のことを指します。

    通勤費と交通費を区別するかどうかは企業によって異なり、一括りに交通費として扱う場合もあります。

    交通費精算をする際の流れ

    交通費の申請から精算を行うまでの流れを申請側と経理側で説明します。

    申請側

    まず従業員側の交通費精算の流れとしては、従業員側が交通費や出張にかかった旅費などを立て替えます。本来であれば会社側が支払うべき経費を一時的に立て替えたこととなるため、経費精算の対象となります。

    経費を立て替えた証拠として領収をもらうようにしましょう。領収書の宛名は会社名にします。

    その後、交通費を立て替えた従業員側で交通費精算書を作成して上司に承認してもらう必要があります。

    交通費精算書には交通機関を利用した「申請日」「申請者の氏名」「所属部署」「目的」「経路」「運賃」など詳細な情報を記載しましょう。

    作成した交通費精算書に領収書を添付して上長に提出、上長が確認して問題なければ承認印を押して経理担当者に提出します。

    経理側

    上長からの承認を受けた交通費精算書を受け取った経理担当者は内容に問題がないかを慎重にチェックします。

    日付や経路など記入漏れがないか、経路は最短ルートを利用しているか、定期区間の運賃を控除した上で申請がされているか、不正な申請につながる要素がないかをしっかりと精査しましょう。

    領収書の金額と精算書の金額があっているかの確認も怠ることができません。

    少しでも問題がないように膨大量のチェック作業を行なった上で経費精算を行うため、経理担当者の負担は大きなものです。

    精算書に問題があれば申請者へ差し戻し、訂正をお願いしましょう。

    経費の支払日・支払い方法に関しては企業ごとに取り決めが異なり、週1回というケースもあれば週2回というケースもあります。

    また、場合によっては経理担当者は従業員側からの申請に対して現金を渡す場合もありますが、そのような場合には必ず出納帳に小口現金から出金した内容を記載しましょう。

    交通費精算をする際の経理処理・注意点

    交通費精算を行う際の経理側の処理や注意点としては以下が挙げられます。

    • 交通費精算書に記入漏れがないかを確認
    • 添付された領収書の金額と精算書の記載金額に相違がないかを確認
    • 公共交通機関を利用している場合、最短経路で利用しているか
    • 仮払金があるか
    • 精算書に記載の合計金額を試算
    • ダブルチェックを行う

    まずは交通費精算書に記入漏れがないかを確認します。「申請日」「申請者の氏名」「所属部署」「目的」「経路」「運賃」など必須項目に漏れがあった場合は申請者に差し戻して修正してもらいましょう。

    その後、精算書に添付された領収書の金額と精算書の金額に違いがないかを確認します。電車などの公共交通機関を利用している場合は最短ルートか、最安になるように利用しているかも確認しておきましょう。

    仮払金がある場合は無駄な費用が発生していないか確認します。

    膨大な量の精算書をチェックしているとどうしても見落としなどのヒューマンエラーが発生してしまうものです。

    なので、一人で確認するのではなく必ず二人体制、ダブルチェックを行うようにしましょう。

    領収書がない交通費を精算する方法

    まず前提として交通費精算を申請する場合はできる限り領収書を受け取るようにしましょう。

    領収書がなくても交通費精算を行うことは可能ですが、領収書があることで経費の確実な証明となり、申請が通しやすくなるため経費担当の負担を減らすためにも可能な限り領収書は受け取ることが望ましいです。

    領収書ない場合の経費精算は、通常と同じく交通費精算書の作成から始めます。

    日付や申請者の氏名など必須項目の抜けがないようにしっかりと記入して、期日までに書類を作成しましょう。

    慣れない内は精算書の書き方がわからないということも多いので、締め切りに余裕を持ってわからないことは経理担当者に聞くことが重要です。

    会社によっては直接出金伝票に記入して経理担当者に提出するという方法もありますが、その場合は日付や勘定項目などはもちろんですが、出発地・目的地を記載する欄がないので概要欄に使用目的などと一緒に記載しておく必要があります。

    領収書がない場合の交通費精算は、領収書がある状態と同じ程度に情報を記載する必要があることを念頭に置くと精算書も作成しやすいでしょう。

    例えば、領収書がないけれど交通機関の運賃が記載されている乗換情報がわかるものがあれば客観的な証拠となり得るので、交通費精算書に添付しておくと、万が一税務調査が入った場合にも安心です。

    まとめ

    交通費の精算時における流れや注意点、領収書がない場合の精算方法についてなど解説しました。

    多くの企業で必ずといって発生する交通費の精算業務。

    本記事で説明した通り、経理担当者は非常に細部まで慎重に精算書一枚一枚をチェックしています。

    ついつい申請するのが面倒だからと交通費精算書の作成を月末までためてしまうと経理担当者の負担も非常に大きいものとなってしまいますので面倒くさがらず、期日に余裕を持って精算書を作成、申請するようにしましょう。

      • qeee枠【経費精算】

        経理担当者·申請者の負担を大幅に軽減: TOKIUM経費精算

        (4.5)

        月額費用3万円〜無料お試し要お問合せ
        初期費用30万円導入実績660社

        「レシートをスマホで撮ってポストに投函する」2ステップで完了するペーパーレス経費精算サービス。保管・一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるので、電帳法対応とペーパーレス化・リモートワーク化を実現できます。

        経費申請·精算が劇的に効率化

        TOKIUM経費精算はスマホでレシートを撮影して、撮影済のレシート·領収書をレシートポストへ捨てるだけで経費申請が完了する手軽さのため、申請者の負担を大きく効率化します。 また、データベースと約2,000人のオペレーターによる目視のチェックでAIを凌駕する自動入力精度を実現するため、経理担当者がいちいちレシートを書類に貼り付けたり書類に手書き、PCで入力する手間も省略されます。

        ペーパーレス化を実現

        提出された領収書をファイリングして保管しておくスペースがなかなか確保できない、だんだんと増えてくる書類にオフィスのスペースが圧迫されているという悩みもTOKIUM経費精算が解決してくれます。 スマホで撮影したレシートをTOKIUM経費精算へ投函することで、回収され、経費申請データと領収書原本の突合点検を行なってくれるだけでなく、保管した上で一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるため、オフィスに領収書が貯まることがありません。

        クレジットカード明細も交通費も簡単に申請できる

        TOKIUM経費精算と法人クレジットカード·個人クレジットカードを連携させることで、利用履歴から直接経費の申請ができるようになります。 手入力をする必要がなくなるため、効率化だけでなく、申請ミスや不正な入力の防止にもつながります。 また、モバイルSuicaやモバイルPASMOと連携させれば、乗車履歴から簡単に経費の申請、精算ができるようになり、面倒だった交通費精算にかける時間が大きく短縮されます。

        経費の申請から支払いを一元管理: MAJOR FLOW Z CLOUD

        (4.5)

        月額費用30,000円(50ユーザーまで)無料お試しデモサイトあり
        初期費用50,000円ユーザー追加料金10,000円(50ユーザー)

        申請から支払処理までを一元管理できるWeb経費精算システム。Webブラウザで承認されたデータの計上処理や仮払・戻入金管理や支払業務が行なえます。会計システムや銀行オンラインシステムと連携可能。

        乗換案内と連携できる

        MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、ジョルダン社が提供している「乗換案内」と連携可能です。 連携させることで、乗換案内で使用した経路や運賃などの情報をMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に自動的に反映させることができるようになるため、申請書をわざわざ手入力する手間から解放されます。

        交通系ICカードと連携可能

        電車などの交通機関を使用する際には、ほとんどの人がSuicaなどの交通系ICカードを利用しますが、MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に対応したカードリーダーを導入すれば、交通系ICカードの情報を手間なくシステムに取り込むことができます。

        海外出張にも対応

        MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、海外出張時に使用した外貨の精算も可能です。 円貨と外貨どちらを使用している場合にも対応しており、複数の申請書を作成する手間はかかりません。為替レートは、経費発生時にあわせて自動で計算できる利便性の高さです。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載