Spendia(スペンディア)の料金·評判·機能について

更新日:

    交通費や備品の購入などの経費精算業務を効率的に行うために、専用のシステムを活用する企業が増えてきました。
    そこで本記事では、操作性や利便性に優れていると評判のSpendiaについて取り上げて、主な機能、特徴、料金プランなどをご紹介いたします。

    Spendiaとは

    Spendiaは、TIS株式会社が提供しているクラウド型の経費精算サービスです。
    経費申請、支払い、分析までをワンストップで実現できる機能がいろいろと搭載されています。
    業務の効率化、コスト削減、コンプライアンス強化を目指すことができます。

    おすすめの類似経費精算ツール

    経理担当者·申請者の負担を大幅に軽減: TOKIUM経費精算

    (4.5)

    月額費用10,000円〜無料お試しあり
    初期費用要問い合わせ導入実績1,000社以上

    「レシートをスマホで撮ってポストに投函する」2ステップで完了するペーパーレス経費精算サービス。保管・一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるので、電帳法対応とペーパーレス化・リモートワーク化を実現できます。

    経費申請·精算が劇的に効率化

    TOKIUM経費精算はスマホでレシートを撮影して、撮影済のレシート·領収書をTOKIUM経費精算へ捨てるだけで経費申請が完了する手軽さのため、申請者の負担を大きく効率化します。 また、データベースと約2,000人のオペレーターによる目視のチェックでAIを凌駕する自動入力精度を実現するため、経理担当者がいちいちレシートを書類に貼り付けたり書類に手書き、PCで入力する手間も省略されます。

    ペーパーレス化を実現

    提出された領収書をファイリングして保管しておくスペースがなかなか確保できない、だんだんと増えてくる書類にオフィスのスペースが圧迫されているという悩みもTOKIUM経費精算が解決してくれます。 スマホで撮影したレシートをTOKIUM経費精算へ投函することで、回収され、経費申請データと領収書原本の突合点検を行なってくれるだけでなく、保管した上で一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるため、オフィスに領収書が貯まることがありません。

    クレジットカード明細も交通費も簡単に申請できる

    TOKIUM経費精算と法人クレジットカード·個人クレジットカードを連携させることで、利用履歴から直接経費の申請ができるようになります。 手入力をする必要がなくなるため、効率化だけでなく、申請ミスや不正な入力の防止にもつながります。 また、モバイルSuicaやモバイルPASMOと連携させれば、乗車履歴から簡単に経費の申請、精算ができるようになり、面倒だった交通費精算にかける時間が大きく短縮されます。

    経費の申請から支払いを一元管理: MAJOR FLOW Z CLOUD

    (4.5)

    月額費用30,000円(50ユーザーまで)無料お試しデモサイトあり
    初期費用50,000円ユーザー追加料金10,000円(50ユーザー)

    申請から支払処理までを一元管理できるWeb経費精算システム。Webブラウザで承認されたデータの計上処理や仮払・戻入金管理や支払業務が行なえます。会計システムや銀行オンラインシステムと連携可能。

    乗換案内と連携できる

    MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、ジョルダン社が提供している「乗換案内」と連携可能です。 連携させることで、乗換案内で使用した経路や運賃などの情報をMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に自動的に反映させることができるようになるため、申請書をわざわざ手入力する手間から解放されます。

    交通系ICカードと連携可能

    電車などの交通機関を使用する際には、ほとんどの人がSuicaなどの交通系ICカードを利用しますが、MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に対応したカードリーダーを導入すれば、交通系ICカードの情報を手間なくシステムに取り込むことができます。

    海外出張にも対応

    MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、海外出張時に使用した外貨の精算も可能です。 円貨と外貨どちらを使用している場合にも対応しており、複数の申請書を作成する手間はかかりません。為替レートは、経費発生時にあわせて自動で計算できる利便性の高さです。

    類似サービス: バクラク経費精算

    (4.5)

    月額費用20,000円〜無料お試しあり
    初期費用0円ユーザー追加料金要問い合わせ

    バクラク経費精算とは、株式会社LayerXが運営している経費精算システムです。 領収書が大量にあるという場合でも、一括アップロードができ、AIが自動でデータ化してくれるため、業務効率化が可能となります。

       

    業務効率化が可能

    バクラク経費精算は、複数の領収書を一括でアップロードすることができ、AI-OCRによって自動データ化することができるため、業務効率化を可能とします。 面倒であった交通経路の検索も、過去の履歴を利用できるため、手入力が発生せず、クリックだけで完結することができます。

    承認者の抜け漏れを防止

    バクラク経費精算は、ビジネスチャットツールのSlackとの連携が可能で、承認が必要な場合は通知が飛ぶため、確認漏れがなくなります。 また、オールインワンの稟議ツールのため、以前の稟議情報も簡単に遡ることができ、テレワーク中でも簡単にデータの確認が可能です

    経理部門の負担を軽減

    これまでは経理部門と申請者・承認者側に業務理解度の差があったため、経理処理を行う上で何度も確認作業が発生する場面もありました。 バクラク経費精算は、勘定科目と税区分に紐づく内訳に対して、必要項目設定やアラート設定ができるため、手作業の確認をなくすことができます。

    この製品は経費精算の製品です。

    経費精算の製品をまとめて資料請求


    Spendiaの特徴·機能

    Spendiaにはさまざまな機能が搭載されていますので見ていきましょう。

    予約や手配機能

    Spendiaの特徴は、飛行機、電車、ホテルなどの予約手配機能が搭載されていることです。
    海外のホテル予約、海外旅行保険予約、海外Wi-Fi予約も行えるので、海外出張が多い会社にとっても利便性の高いサービスとなっています。

    経費精算機能

    交通費精算、仮払い申請・精算、一般経費申請·清算などさまざまな経費精算に対応していることも、Spendiaの特徴です。
    出張日当自動計算、定期区間自動控除、源泉徴収自動計算などの機能も搭載されており、面倒な計算の手間も省くことができます。
    QRコード領収書受付処理、SuicaやPASMOなど交通系ICカード明細取り込み機能もあります。

    分析や連携機能

    Spendiaを使って予実管理などの分析も行えます。
    不正検知機能、監査ログもチェックできるので、従業員の不正防止にも役立てることができます。
    また、会計システム、マスターデータなどと連携させることで、より便利に活用可能です。

    有料オプション

    Spendiaには、コーポレートカード明細取り込み、電子帳票保存法対応などのオプションサービスもいろいろと用意されています。

    Spendia導入のメリット

    Spendiaの強みは、操作性に優れていることです。
    シンプルでわかりやすい画面となっており、スマートフォンでも操作できるため、出張先からもでも経費の申請作業などを簡単に行うことができます。
    また、Spendiaには、経路検索連携などさまざまな入力サポートも用意されています。
    AIが搭載されており、チャットボットと対話しながら申請ができるので、初めてでも戸惑うことなく扱えることもメリットです。

    Spendiaの価格·料金プラン

    Spendiaの1ユーザーあたり月額料金は、スタンダードプランが600円、アドバンスプランが900円です。
    電子帳簿保存法対応を利用するなら、月額50,000円~の料金が別途かかります。
    詳細な料金については、要問い合わせです。
    公式サイトのお問い合わせフォームから、トライアルプランのお申し込みもできます。
    2021年3月現在/詳細はSpendiaの公式サイトを確認

    Spendiaの注意点

    Spendiaの注意点としては、電子帳簿保存法対応を利用する場合は通常の月額料金に加えて月額50,000円〜の費用が発生する点になります。

    ですが、費用に見合う業務効率化を実現できるため、自社の課題解消に繋がるようであれば決して高すぎるコストとは言えないでしょう。

    Spendiaの導入事例·評判

    2ヶ月間のトライアル後に本格採用

    “約2ヶ月間の試験導入を行ったところ、管理部の作業負荷が削減したため、Spendiaを本格採用しました。クラウド環境なので、導入に時間がかからないことが魅力です。”(メーカー系販売会社A社 管理部様)

    Excelを使った作業の効率化のために導入

    “Excelを使った作業を効率化するためにSpendiaを導入しました。200人の営業で合計毎月600時間、年間7,200時間を創出できました”(製造業B社 IT部門様)

    類似サービスとの比較

    Spendiaと類似したサービスとしては、株式会社ラクスが提供している楽楽精算があります。
    楽楽精算の基本プランの料金は、初期費用が100,000円、月額費用が30,000円〜です。
    機能としては、領収書読み取り、ワークフロー、自動仕訳、FBデータ作成などを搭載しています。
    規定違反チェックやバーコード承認機能が利用できることも、楽楽精算の特徴です。

    Spendiaを含むおすすめの経費精算アプリ比較

    経費精算アプリについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

    Spendiaを導入して経費精算業務の効率化と経費節減を

    スマートフォン対応のSpendiaは、さまざまな経費精算に対応しており、予約手配や分析機能も搭載しています。
    トライアルプランもありますので、Spendiaに興味を持った方は、ぜひお試しください。

    画像·データ出典:Spendia公式サイト

    これは経費精算の製品です。
    経費精算の製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【経費精算】

        経理担当者·申請者の負担を大幅に軽減: TOKIUM経費精算

        (4.5)

        月額費用10,000円〜無料お試しあり
        初期費用要問い合わせ導入実績1,000社以上

        「レシートをスマホで撮ってポストに投函する」2ステップで完了するペーパーレス経費精算サービス。保管・一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるので、電帳法対応とペーパーレス化・リモートワーク化を実現できます。

        経費申請·精算が劇的に効率化

        TOKIUM経費精算はスマホでレシートを撮影して、撮影済のレシート·領収書をレシートポストへ捨てるだけで経費申請が完了する手軽さのため、申請者の負担を大きく効率化します。 また、データベースと約2,000人のオペレーターによる目視のチェックでAIを凌駕する自動入力精度を実現するため、経理担当者がいちいちレシートを書類に貼り付けたり書類に手書き、PCで入力する手間も省略されます。

        ペーパーレス化を実現

        提出された領収書をファイリングして保管しておくスペースがなかなか確保できない、だんだんと増えてくる書類にオフィスのスペースが圧迫されているという悩みもTOKIUM経費精算が解決してくれます。 スマホで撮影したレシートをTOKIUM経費精算へ投函することで、回収され、経費申請データと領収書原本の突合点検を行なってくれるだけでなく、保管した上で一定期間経過後の廃棄までを代行してくれるため、オフィスに領収書が貯まることがありません。

        クレジットカード明細も交通費も簡単に申請できる

        TOKIUM経費精算と法人クレジットカード·個人クレジットカードを連携させることで、利用履歴から直接経費の申請ができるようになります。 手入力をする必要がなくなるため、効率化だけでなく、申請ミスや不正な入力の防止にもつながります。 また、モバイルSuicaやモバイルPASMOと連携させれば、乗車履歴から簡単に経費の申請、精算ができるようになり、面倒だった交通費精算にかける時間が大きく短縮されます。

        経費の申請から支払いを一元管理: MAJOR FLOW Z CLOUD

        (4.5)

        月額費用30,000円(50ユーザーまで)無料お試しデモサイトあり
        初期費用50,000円ユーザー追加料金10,000円(50ユーザー)

        申請から支払処理までを一元管理できるWeb経費精算システム。Webブラウザで承認されたデータの計上処理や仮払・戻入金管理や支払業務が行なえます。会計システムや銀行オンラインシステムと連携可能。

        乗換案内と連携できる

        MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算は、ジョルダン社が提供している「乗換案内」と連携可能です。 連携させることで、乗換案内で使用した経路や運賃などの情報をMAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に自動的に反映させることができるようになるため、申請書をわざわざ手入力する手間から解放されます。

        交通系ICカードと連携可能

        電車などの交通機関を使用する際には、ほとんどの人がSuicaなどの交通系ICカードを利用しますが、MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算に対応したカードリーダーを導入すれば、交通系ICカードの情報を手間なくシステムに取り込むことができます。

        海外出張にも対応

        MAJOR FLOW Z CLOUD 経費精算では、海外出張時に使用した外貨の精算も可能です。 円貨と外貨どちらを使用している場合にも対応しており、複数の申請書を作成する手間はかかりません。為替レートは、経費発生時にあわせて自動で計算できる利便性の高さです。

        類似サービス: バクラク経費精算

        (4.5)

        月額費用20,000円〜無料お試しあり
        初期費用0円ユーザー追加料金要問い合わせ

        バクラク経費精算とは、株式会社LayerXが運営している経費精算システムです。 領収書が大量にあるという場合でも、一括アップロードができ、AIが自動でデータ化してくれるため、業務効率化が可能となります。

           

        業務効率化が可能

        バクラク経費精算は、複数の領収書を一括でアップロードすることができ、AI-OCRによって自動データ化することができるため、業務効率化を可能とします。 面倒であった交通経路の検索も、過去の履歴を利用できるため、手入力が発生せず、クリックだけで完結することができます。

        承認者の抜け漏れを防止

        バクラク経費精算は、ビジネスチャットツールのSlackとの連携が可能で、承認が必要な場合は通知が飛ぶため、確認漏れがなくなります。 また、オールインワンの稟議ツールのため、以前の稟議情報も簡単に遡ることができ、テレワーク中でも簡単にデータの確認が可能です

        経理部門の負担を軽減

        これまでは経理部門と申請者・承認者側に業務理解度の差があったため、経理処理を行う上で何度も確認作業が発生する場面もありました。 バクラク経費精算は、勘定科目と税区分に紐づく内訳に対して、必要項目設定やアラート設定ができるため、手作業の確認をなくすことができます。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載