GVA assistの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
55,000円~
初期費用
要お問合せ
無料お試し
要お問合せ
導入社数
要お問合せ
これは 契約書レビュー の製品です。
契約書レビュー の製品をまとめて資料請求

「契約書の内容を確認する作業に時間と手間をとられている」

「契約書のリーガルチェックがとにかく面倒」

このようなお悩みには、GVA assistがおすすめです。
GVA assistは、AIを活用して人の代わりに契約書の内容に問題は無いか、必要な項目が漏れていないかチェックします。

GVA assistを導入することにより、契約書レビューに関する時間と手間の削減が可能です。

この記事では、GVA assistの特徴や料金、評判および口コミについて紹介します。

契約書レビューを効率よく行い、作業効率をアップしたい方は、ぜひ最後まで記事をご覧ください。

GVA assistとは?

AIを活用して契約書のリーガルチェックを行う、契約書レビュー支援ツールがGVA assistです。

GVA assistを導入することで、契約書のリーガルチェックが簡単にできるようになります。

リーガルチェックとは、契約書の内容に問題や抜けている部分がないかチェックする作業を指しますが、人が行うには相当な時間や手間を費やす場合がほとんどです。

GVA assistは、面倒なリーガルチェックをAIを活用することでサポートします。

おすすめの類似契約書レビューツール

類似サービス: LegalForce

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

リスクの洗い出しを支援してくれる

レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

ほしい「条文」がすぐに見つかる

LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。

類似サービス: Hubble

(4.5)

                   
月額費用40,000円〜無料お試しあり
初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

   

契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

契約書関連のコミュニケーションを可視化

Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

契約書の差分を把握

Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

類似サービス: LAWGUE

(4.5)

                   
月額費用要問い合わせ無料お試しトライアルプランあり
初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

LAWGUEとは、FRAIM株式会社が運営しているクラウド ドキュメント ワークスペースです。 契約書や開示文書などさまざまな種類の文書をクラウド上で管理して作成、検索などができ、業務の効率化を実現できることから一般企業だけではなく、法律事務所、官公庁、自治体などでも導入されている実績があります。

   

AIを活用した文書の作成と管理が可能に

LAWGUEでは、独自AIを活用によって、文書の作成と管理に関する課題を解消することができます。 キーワード検索はもちろん、AIによる類似文書のサジェストや類似条項のサジェストが可能なため、今まで見つけるのに時間をかけていた文書も簡単に検索することができ、検索にかけていた時間を大幅に短縮することができるようになります。

ナレッジの蓄積ができる

文書内のコメントがこまめに更新されることで、変更履歴がブラックボックス化してしまい、ナレッジの蓄積ができていなかったというケースも、LAWGUEであれば安心です。 LAWGUEでは、過去のやりとりを全てLAWGUE上に残すことができ、メールなどを介さずLAWGUE内でやりとりが完結するようになるため、ナレッジ、ノウハウの見える化が実現できます。

体裁の直しも効率化

LAWGUEには、特許技術の自動体裁補正機能が搭載されており、ずれた条番号やレイアウトの修正が自動的に完了します。 手作業で行なっていた修正業務が圧倒的に効率化され、空いた時間を別の業務に充てて生産性の向上が期待できます。

この製品は契約書レビューツールの製品です。

契約書レビューツールの製品をまとめて資料請求

GVA assistの特徴

GVA assistの特徴を3つ紹介します。

AIが契約書のリーガルチェックをサポート

GVA assistに搭載されているAIにより、契約書のリーガルチェックをサポートします。

記載されていると問題になりそうな「リスク単語」の検知のみならず、「不足している単語」の発見にも、GVA assistは役立ちます。

さまざまなひな形を搭載

GVA assistは、さまざまな形式のひな形を搭載しているため、急いで契約書を作成しなければならないときでも安心です。

ひな形をダウンロード後、必要に応じて項目の追加や変更することで、すぐに契約書が作成できます。

日々の気づきをナレッジとして蓄積可能

契約書レビュー中に気にいった条文や気づきは、ナレッジとしてGVA assistに蓄積可能です。

日々の小さな気づきをまとめておくことで、使いたいときにすぐに検索し、引き出して活用できます。

GVA assistの料金

GVA assistは、利用する人数や状況により、初期費用や月額料金が変動します。

参考として、1アカウント目は¥55,000/月(税込み)です。

費用の詳細が知りたい方は、お問い合わせフォームより問い合わせてみてください。

なお、GVA assistは初期費用+アカウント費用(月額)ですべての機能が使用できます。

GVA assistの評判・口コミ

GVA assistの評判や口コミをいくつか紹介します。

・GVA assistに自社の基準やナレッジを蓄積できるので、担当者が違っても、品質に一定のレベルが保てる
・カスタマイズ機能が充実している
・文書比較機能が便利
・導入時のコンサルやその後のフォローアップがきめ細かく、導入時で一番苦労する部分もスムーズに進められた
・AIの精度がより高まるとありがたい
・過去のナレッジを検索する機能の拡充をお願いしたい

GVA assistで効率の良い契約書レビューを

GVA assistは、AIを活用した契約書レビュー支援ツールです。

契約書のリーガルチェックに時間をとられ、他の作業ができずに困っている方にGVA assistはおすすめです。

初期費用+アカウントごとの月額使用でフル機能が利用できるので、余計な費用をかけずに、効率よく作業を進められます。

GVA assistの導入を検討している、詳細をより知りたい方は、公式サイトをチェックしてみてください。

これは 契約書レビュー の製品です。
契約書レビュー の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【契約書レビュー】

      類似サービス: LegalForce

      (4.5)

      月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      LegalForceは、株式会社LegalForceが提供する、AI契約審査プラットフォームです。 「契約審査の効率化と品質向上」を実現するサービスとして、AIによる最先端の技術で契約にまつわる業務を支援してくれます。

      リスクの洗い出しを支援してくれる

      レビューしたい契約書をアップロードすれば、AIが契約書に潜むリスクの洗い出しを支援をしてくれるため、リスクの見落とし・必要条項の抜け漏れ防止をサポートしてくれます。

      ほしい「条文」がすぐに見つかる

      LegalForceは、過去にアップロードした契約書から、キーワードや当事者名などで参考にしたい「あのときのあの条文」を探すことができます。

      Wordとの連携で、スムーズな修正作業ができる

      LegalForceは、Wordと連携しており、普段の作業環境を変えず、スムーズに修正作業を行うことができます。

      類似サービス: Hubble

      (4.5)

                         
      月額費用40,000円〜無料お試しあり
      初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

      Hubbleとは、迅速でミスのない業務を実現することができる契約書管理クラウドサービスです。 社内の全ての契約書を一元管理して、進捗の確認や契約書の内容レビュー、バージョン管理、部門をまたいだやり取りといった作業の全てをHubble上で行うことができます。

         

      契約書管理はドキュメントをアップロードするだけ

      Hubbleで契約書管理を開始するために必要な作業は、Wordの契約書ドキュメントをアップロードすることだけであり、非常に簡単です。 アップロード作業を行うだけで、ドキュメントリストと呼ばれる台帳が自動で作成され、契約書の進捗状況といったステータスや、契約種別などの様々な情報をもとに、全ての契約書を把握・検索できるようになります。

      契約書関連のコミュニケーションを可視化

      Hubbleでは、契約書の受付を普段お使いのメールやSlack、Teamsといった各種ビジネスチャットで行うことができます。 Hubble上で、契約書に依頼者やレビュー者のコメントを付与することができるので、契約書の受付時点から現在までの状況が可視化され、後から誰が見ても交渉経緯をはじめとした契約書レビュー時の状況が分かるような契約書管理を実現します。

      契約書の差分を把握

      Hubbleでは、管理している契約書をHubble上で編集するだけで、自動的に変更された内容が差分として検知されます。 Wordの変更履歴がオフのまま編集されても差分を検知できるので、いわゆるサイレント修正があっても簡単に見つけることができます。

      類似サービス: LAWGUE

      (4.5)

                         
      月額費用要問い合わせ無料お試しトライアルプランあり
      初期費用要お問合せ最短利用開始期間要問い合わせ

      LAWGUEとは、FRAIM株式会社が運営しているクラウド ドキュメント ワークスペースです。 契約書や開示文書などさまざまな種類の文書をクラウド上で管理して作成、検索などができ、業務の効率化を実現できることから一般企業だけではなく、法律事務所、官公庁、自治体などでも導入されている実績があります。

         

      AIを活用した文書の作成と管理が可能に

      LAWGUEでは、独自AIを活用によって、文書の作成と管理に関する課題を解消することができます。 キーワード検索はもちろん、AIによる類似文書のサジェストや類似条項のサジェストが可能なため、今まで見つけるのに時間をかけていた文書も簡単に検索することができ、検索にかけていた時間を大幅に短縮することができるようになります。

      ナレッジの蓄積ができる

      文書内のコメントがこまめに更新されることで、変更履歴がブラックボックス化してしまい、ナレッジの蓄積ができていなかったというケースも、LAWGUEであれば安心です。 LAWGUEでは、過去のやりとりを全てLAWGUE上に残すことができ、メールなどを介さずLAWGUE内でやりとりが完結するようになるため、ナレッジ、ノウハウの見える化が実現できます。

      体裁の直しも効率化

      LAWGUEには、特許技術の自動体裁補正機能が搭載されており、ずれた条番号やレイアウトの修正が自動的に完了します。 手作業で行なっていた修正業務が圧倒的に効率化され、空いた時間を別の業務に充てて生産性の向上が期待できます。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載