• Hachikin(ハチキン)の料金·評判·機能について。90日も無料で使える?

    最終更新日 

    勤怠管理や経費計算など、日々の業務は雑用が多く、放っておくと煩雑になりがちです。それを防ぐために、管理システムを導入する企業が増えています。自社の条件にあった管理システムを導入すると、今より管理業務の能率が上がり時間の浪費を食い止められるでしょう。それではどんな管理システムを導入したら良いかということですが、利用可能な管理システムについて詳細をチェックし、比較検討することがポイントです。
    ここでは、Hachikin (ハチキン)について、特徴や強み、料金プランなどの観点から分析します。

    Hachikinとは

    Hachikinは、中小企業を対象に開発された業務支援システムです。
    勤務管理やワークフロー、見積もりの作成など煩雑になりがちな業務を一本化し業務の改善を目指します。

    Hachikinの特徴·機能

    Hachikinには、ほかの勤怠管理システムと異なる特徴や機能があります。
    独自の機能を知ると、条件にあったシステムかどうか検討しやすくなるでしょう。

    異なる形態の勤務管理に柔軟に対応

    Hachikinは、出退勤の打刻をするシンプルな勤怠管理から、実績入力が必要な複雑なものまで柔軟に対応します。
    たとえばクライアント先に常駐するといった勤務形態に対しても、入力できるよう工夫されているのです。さまざまな勤務形態に対応できることから、勤務表を提出先に合わせて作成する必要がなくなります。

    ワークフローの円滑化に貢献

    Hachikinは、勤怠管理や経費の精算など、業務ごとにワークフローの設定を可能にしました。
    このことにより、「承認」「却下」「再申請」といった作業がやりやすくなり、ワークフローが円滑に進むようになります。
    コメント機能を搭載していますので、コミュニケーションもスムーズです。ワークフローのデータは、クラウド上で管理できる点も利便性の高さにつながります。

    経理業務をスピードアップできる機能を搭載

    Hachikinの画面上で管理する際の申請番号と印刷する用紙の紐付けが可能で、領収書に添付したい経費精算の準備が容易になります。
    経費科目は複数あり、業種によって異なるため管理が大変な面がありますが、企業ごとにメンテナンスできる機能を搭載しているHachikinは、経理業務を効率良く支援してくれるのです。
    交通費の計算も容易にできるよう工夫されていて、たとえば交通費を「往復」と設定すると、自動的に精算してくれます。
    見積もりや請求書、注文書など頻繁に作成する経理上の書類も簡単に作成できます。管理画面ではワークフローを把握しやすく、書類の発行漏れを防ぐことも可能です。ファイルの保管が一本化されているので、過去のタスク検索もスムーズです。

    Hachikinの強み

    Hachikinは、勤務管理だけでなく、経費精算や申請が簡単にできるというのが、強みといえるでしょう。
    日常的な業務は多く、煩雑になりがちですが、Hachikinはネット上で管理·操作ができて便利です。データはCSVとして出力も可能なので、実務支援ツールとして十分な機能を備えていると言って良いでしょう。

    Hachikinの価格·料金プラン

     

    Hachikinの料金プランには「ライトプラン」「スモールプラン」「ミディアムプラン」「ラージプラン」と4つのプランがあります。
    ライトプランは最大2名まで90日間無料で利用できるプランです。スモールプラン以上のプランと同様の機能がほとんど使えます。
    スモールプランは月額3,800円、ミディアムプランは月額6,800円、ラージプランは月額11,800円です。

    2020年9月現在/詳細は公式サイトを確認

    Hachikinの注意点

    料金プランは、1人あたり月額いくら、というわけではなく、最大ユーザー数に合わせて設定されています。
    スモールプランの最大ユーザー数は5人で、ミディアムプランは10人、ラージプランは20人です。中小企業向けに開発された管理システムなので、利用可能なユーザー数にも制限があります。

    Hachikinの口コミ·利用企業からの評判

    勤務体系を自在に作成できました

    “会社勤務だけでなく自宅勤務時間についても打刻が可能です。入力したデータは保存でき、Hachikinを導入してから能率が上がりました。社員の勤務形態に合わせて勤務体系を作成でき、とても重宝しています。”(IT業界、会社名非公開)

    類似サービスとの比較

    Hachikinと類似したサービスに、「レコル」と「EHR勤怠管理」とがあります。
    レコルもHachikinと同じく管理画面が使いやすいと評判ですが、交通系ICカード打刻機能が付いているなど、Hachikinにはない機能がいくつか搭載されています。料金は1人あたりで計算されて、最低利用料金は3,000円と、Hachikinより規模の大きな企業が対象です。
    EHR勤怠管理は、アラートメールの配信や勤務シフト登録など、勤怠管理をスムーズに行う機能を備えています。料金は要相談となり、公開されていません。

    Hachikinでコストを抑えた勤怠管理の実現を

    勤怠管理や経費精算で利用しやすいサービスとして定評のあるHachikin。
    1人から利用でき、2人までは無料と、場合によってはコストを最小限に抑えた管理が可能になります。
    勤怠管理を円滑に行いたい中小企業向けの管理システムとしておすすめです。

    画像·データ出典:Hachikin公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部