• ジョブカン勤怠管理の料金·評判·機能について。1人あたり月200円から使える?

    最終更新日 

    ジョブカン勤怠管理とは、面倒な多数の勤務形態があっても自動で勤務時間を管理、打刻オプションの豊富さで打刻漏れを防ぎ、一連の働き方改革法案対応にも備えられるクラウド型勤怠管理システムです。

    現在ユーザ企業数が国内では最大級のクラウド型勤怠システムです。

    ジョブカン勤怠管理を導入している企業

    ジョブカン勤怠管理は国内有名企業から多数導入されており、規模や業種を問わずに50,000社以上の企業から導入されているという実績があります。

    導入企業例としては、ブリヂストンスポーツ株式会社や株式会社テレビ東京、株式会社パソナなど有名企業で多く導入されています。

    ジョブカン勤怠管理の特徴

    豊富な打刻方法

    打刻は便利なオプションがないと、打刻忘れや移動の多い場合などに対応しにくいものです。ICカードや、Slack、 LINEによる打刻もOKと、勤怠時間の管理を豊富な打刻方法で正確に行うことができます。

    働き方改革関連法に対応

    働き方改革関連法により、時間管理や休日管理の項目は増加、かつ計算の仕方は複雑化する一方です。法令遵守の面で不安は尽きません。

    しかし、社会保険労務士監修で、複数の時間管理も対応可能でアラート機能がついているジョブカン勤怠管理なら、そんな心配はなく、システムにお任せです。管理のための時間を大幅にカットできます。

    カスタマイズもしやすい

    勤務時間管理の自由な設定に加え、UIも、各種フォーマットも容易に変更が可能です。自社に最適な形で使えるのがジョブカン勤怠管理ということができるでしょう。

    ジョブカン勤怠管理の機能

    簡単に操作できる出勤管理・シフト管理・休暇申請機能 管理の手間が大幅削減

    各現場・各事業所で出勤の管理やシフト管理はシステムで行わないと、管理職が多くの時間と手間をかけるところです。エクセルシートに書き込んでもらってチェック・さらに修正・調整、と非効率な仕事になりがちです。

    しかし、ジョブカン勤怠管理なら、出勤管理もシフト管理もすべてシステムでチェックと調整が可能です。もちろん、職場ごとのシフト・出勤時間に設定するのも簡単な動作で完了します。

    集計·タスク管理機能とアラートで、超過勤務対策も万全

    勤務状況の集計や、工数の管理で、きめ細かくタスクの設定や調整ができます。これも、出勤管理・シフト管理と同様、手作業でチェック、調整をかけるようなことではなく、適正な割り付けを自動で行う設定をするなどして、自動でできるようになります。

    さらに、超過勤務の監視·アラートは、36協定・法定労働時間すべてに対応し、時間外労働は「見える化」し、アラートもしてくれます。これにより、管理職、人事部の工数が大きく削減されます。

    多言語対応 4か国語表示切替

    英語・韓国語・ベトナム語・タイ語への表示切替機能付きで、従来の勤怠管理ソフトよりも、外国人労働者の多くなった会社の姿にマッチしています。翻訳してUIをカスタマイズする必要はもうありません。

    ジョブカン勤怠管理の強み

    ジョブカン勤怠管理の強みは、ズバリ法令遵守対策のきめ細かさにあります。

    打刻漏れ・打刻管理の不適切性や、時間外労働時間の上限突破、あるいは、新フレックスタイム制対応など、時間管理のための計算の不正確さは、労働基準法違反として罰則の対象になります。そこで、管理側・経営陣としては特に力をいれて対応しなければならないところです。働き方改革法による法改正についていくのも大変、という現状があります。

    これらの問題点を打刻オプションの豊富さ、時間外労働の管理機能および可視化機能、アラート、各職場の働き方に合わせたテンプレートを提供するなど、機能で応えるジョブカン勤怠管理はかゆいところに手が届くクラウド勤怠管理システムです。

    さらに、各機能は、社会保険労務士により監修を受けています。労務管理の専門家である社会保険労務士による検証がすでに入っているので、システム運用をさらに法令遵守の観点から検証する必要性は少ないといえます。

    そのため、国内で40,000社以上の導入実績が既にあり、信頼されています。この強みが信頼を生んでいるといえるでしょう。

    これらの法対応を行うのは、手作業でなく工程の多くが自動化されていることから、現場の管理者・人事部のニーズにも応える強みがあることは言うまでもありません。

    ジョブカン勤怠管理の料金プランについて

    ジョブカン勤怠管理の導入費用は0円です。また、当初の30日間は全機能を無料で使えます。

    その後、本運用の際は、機能の数×対象者の人数で料金が決まります。

    月200円~500円×人数で月額料金が算出されます。

    初期設定は、18万円から遠隔での代行サービスを受けることができます。

    2020年10月現在/詳細は公式サイトを確認

    サポート体制について

    ジョブカン勤怠管理では契約後だけでなく、無料トライアル中も徹底したサポートを受けることが可能です。

    メール、チャット、電話でのサポートを無料で受けることができるので何か不明点やトラブルがあった際にも迅速に対応してもらうことができ、スムーズな運用が実現できます。

    また、操作に関するマニュアルは用意されていませんが、直感的に操作可能な仕様で、スマホからの操作もWebサイトを閲覧するように操作することが可能なのでPC操作が苦手という方にも安心です。

    導入までの流れ

    ジョブカン勤怠管理は以下の流れで導入することができます。

    • 無料アカウントの発行(最短1分)
    • 初期設定
    • 30日間の無料トライアル
    • 有料プランに申込
    • 本運用開始

    初期設定に不安があるという企業に向けて初期設定代行プランを提供しているので、不安がある方でも安心です。代行プランは事前ヒアリングと初期設定作業、入力業務、打ち合わせなどを含めて18万円となっています。

    トライアル中は打刻機の無料レンタルも可能なので、より本格的運用と同じ環境でトライアルを利用することができます。

    本運用開始後はカスタマーサポートに不具合や不明点の相談ができるので何かトラブルが起きた際にも安心です。

    よくある質問

    利用人数に制限はありますか?

    制限はございません。必要なタイミングでスタッフ登録の増減が可能です。

    専門のエンジニアがいなくても大丈夫ですか ?

    大丈夫です。サーバー管理やシステム更新作業などはジョブカン勤怠管理にて行わせていただきます。

    管理者も料金の対象になりますか?

    管理者アカウントには料金がかかりません。

    打刻端末別の月額費用は変わりませんか?

    1拠点に打刻機が1台でも10台でも月額費用に変動はありません。

    最低利用期間はありますか?

    ございません。

    どのような打刻方法に対応していますか?

    ジョブカン勤怠管理では以下の打刻方法に対応しています。

    • PC+ICカードリーダー
    • iOS機器+ICカードリーダー
    • ICカード専用端末
    • PC(ブラウザ打刻)
    • 携帯電話(ブラウザ打刻·GPS打刻)
    • LINE打刻
    • Slack打刻

    参考:ジョブカン勤怠管理公式サイト

    タイムカードと比較したメリット

    今まではタイムカードでの打刻方法を取り入れていたという企業も、ジョブカン勤怠管理を導入することで以下のようなメリットを得ることができます。

    • ダイムカード回収の手間がなくなる
    • 出退勤のデータチェックの必要がなくなる
    • 打刻修正依頼の必要がなくなる
    • 残業時間の算出が不要になる

    ジョブカン勤怠管理を導入することで上記の作業を自動化することが可能なので、勤怠管理の担当者が感じていた負担を大きく軽減することができるのです。

    口コミ・利用企業の評判

    もうExcelに時間を使う必要はない。勤怠管理の悩みが取れた (人事部・ITサービス・20代)

    システム導入の際には、勤怠管理と工数管理をどうやって結びつけるか、悩んでいたところにジョブカン勤怠管理を知りました。ITサービスは、人の手で作るものですから、超過勤務はそれだけ原価が高いサービスを作ることになります。経営陣の問題意識も非常に高く、何とかしようと思っていたのですが、ジョブカンのおかげで無駄と不合理が省けたと思います。

    毎月のExcelシートから解放されただけでも、関係者一同喜びましたが、それ以上の成果だと思います。

    自由な働き方を実現したいとのみんなの思いに応えてくれた(サービス業・管理部長・40代)

    法令に従った経営って実は難しい、と労務管理を考えるときに常々思っています。柔軟な働き方が許されるようになった反面、どうやって管理したらいいのか、お恥ずかしながら試行錯誤の繰り返しです。

    しかし、ジョブカン勤怠管理だと、打刻から給与計算まですべて社会保険労務士監修の安心感がありますから、僕の悩みもだいぶ減っています。

    類似サービスとの違いは?

    類似サービスではJjnger勤怠管理との比較が参考になります。

    Jingerと比較すると、同じく給与計算や、評価など一連のクラウドサービスとの連携でほぼ同じ機能拡張が可能で、どちらを選ぶかが問題になるでしょう。

    ジョブカンには管理者からの支持が多い一方、他のサービスとの連携・使い勝手でJingerのほうがやや優勢とするアンケート結果もあるようです。

    ジョブカンが工数管理を中心に、管理者向けの機能が若干多いこと・社会保険労務士の監修があることからこの結果につながっているように見られます。

    画像·データ出典:ジョブカン勤怠管理公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部