kincone(キンコン)の料金·評判·使い方について。1アカウントわずか200円で利用できる?

最終更新日 

働き方の多様化に合わせて、勤怠管理も効率化する必要が求められています。

出勤時間が人によって異なる職場やタイムカードでの勤怠管理に課題を感じているという企業には勤怠管理システムの導入がおすすめです。

今回紹介するkincone(キンコン)は勤怠管理と交通費精算に特化したシンプルな設計で使いやすさに評判のある勤怠管理システムです。

料金面や機能面などを解説していきますので勤怠管理システム選定の参考にしてみてください。

 

kinconeとは

kinconeとは、勤怠管理と交通費精算がICカードタッチで簡単にできて、即日導入と低コストでの導入が可能なクラウドサービスです。交通系ICカードを読み取るだけで、勤怠管理と交通費精算ができる効率的な誰にでも使いやすいソリューションです。

Excelで行う管理の手間が大幅に削減できるので、管理工数の削減・人件費の削減にもつながることから、コストカット効果の高いソリューションでもあります。

国内の導入企業例としては、Sansan株式会社や株式会社トレタ、株式会社スタディスト、株式会社ギフトパッドなど業界を問わず多くの有名企業から導入されているという実績があります。

 

kinconeの特徴

ICカードで勤怠管理

ICカードとカードリーダーの読み取りで、勤怠打刻管理が簡単にシステムで行えるようになります。キンコン!となったら出勤・退勤が記録されます。

ICカードで交通費精算

交通費精算は、例えば外回りの多い職種では都度の記録と精算に手間がかかりがちです。Excelで月次に出すことになると、手間がかかる・漏れやわすれが生じがちです。さらに、支払いを行う手間も重なり、工数が非常に多くなります。

kinconeではICカードの記録をそのままに申請できるので、間違いもありませんし、申請も簡単です。

kintone(キントーン)との連携で、さらに便利に

ワークフローでの承認機能や、シフトの管理は、kintone(キントーン)との連携があると効率的に行うことができます。

モバイル連携も

ユーザーは、モバイルアプリを利用することで手軽に勤怠管理と交通費精算が可能です。外出先からモバイルアプリでkinconeの機能をすべて利用することができます。

 

kinconeの機能紹介

打刻の方法が豊富 ICカードにSlack、Chatworkでも

勤怠管理のシステムで、打刻の管理を適切に行えないことは、労働時間の管理も不適切である可能性が高く、残業代の追加支払いのリスクも生じます。

この点、kinconeはICカード・スマホ・PCの他、SlackやChatworkからの打刻も可能です。GPSとの連携で場所を把握することもできます。外回り社員にも、常駐外注などで客先にいる社員にも使いやすい打刻方法をそろえ、管理もしやすい機能を備えています。

就業形態別に管理できる時間管理機能

シフト制のパート・アルバイト、客先常駐・フレックスの適用対象社員など、就業形態別の勤務時間管理が可能です。

時間は、グラフでも一覧でも自在に表示可能で、残業時間も一目で把握できます。

ダウンロードして取り出すこともできますし、打刻漏れや残業時間はアラートがでますので、記録も正確です。

交通費精算もICカードで読み取るだけ

交通費は、ICカードに記録されたそのままのデータを精算に持ち込むことができます。打刻の際に交通費データもワークフローで申請を上げることが可能です。また、管理者が交通費一覧をCSVでダウンロードして、経理システムなどに流し込むこともできます。

 

kinconeの料金·価格

kinconeの料金プランはとてもシンプルです。1アカウント当たり月額200円で利用できます。最低利用人数は5名からとなっています。

初期費用はかからないので非常に低コストから導入することができるサービスと言えます。

また、2020年11月現在、最大2ヶ月分の月額費用が無料になるキャンペーンを開催中なのでトライアル的に運用してみて自社勤怠管理をどれだけ効率化することができるのかをしっかり確認してから導入に踏み切ることができます。

2020年11月現在/詳細は公式サイトを確認

 

kinconeの強み

低価格に強み

1人200円で、勤怠管理・交通費精算ができるのは業界最安レベルです。

シンプルに、勤怠管理と交通費精算の機能にしぼって、管理のためにかかる工数と人件費を削減するなら、費用対効果が極めて高いクラウドサービスです。

他のシステムとの連携に強み

Slack、Chatworkとの連携に加え、kintoneを導入している環境では、シフトや工数と結び付けての予実管理・原価管理など、プロジェクト管理がしやすくなります。

やや複雑な承認系統があるプロジェクトもkintoneで管理するとワークフローの設定も簡単です。

GSuite・Office365のカレンダーにkinconeの内容を表示させることもできます。

働き方改革 法令対応に強み

シフト制や、複数の勤務形態など、時間管理パターンが多数になっても、時間管理は簡単な管理画面の操作で適切に設定できます。働き方改革関連の法令遵守にも強みがあるといえるでしょう。

使い勝手に強み

見やすいUI・ICカードの使いやすさで、誰にでも使いやすい操作性も評判です。

 

kinconeの導入事例・評判

Excel管理から脱却できました

“以前は勤怠管理も交通費精算もExcelで行っていました。月末にまとめて事務が手入力でまとめていたのですが、作業時間が2週間ほどかかるなど課題がありました。kinconeを導入してからは作業時間が1日〜2日ほどまでに短縮され、業務効率化が実現できています。とにかく見やすくて使いやすいので今後も活用していきたいです。”(株式会社ダイレクトマーケティングゼロ様)

Suicaとの連携が便利

“Suicaを連携して勤怠管理ができることで、出退勤のデータや交通費精算の手間が大きく軽減できました。交通費の精算にはOffice 365の予定表と連携することで自動でスケジュールからタイトルを持ってきてくれるので入力作業も楽になりましたね。社員の工数が大きく減少したので助かっています。”( M-SOLUTIONS株式会社様)

類似サービスとの違いは?

バイバイタイムカードが最もKinconeと類似する機能を備えています。料金体系が異なりますが、1人当たりのコストの面で、ややkinconeに分があるものと思われます。

あとは、例えばジョブカン勤怠管理や勤怠管理King of Timeのような多機能・管理者向け路線をとるか、あるいはシンプルに勤怠管理と交通費精算にフォーカスし、現場ユーザーの使い勝手を重視するか、といった比較の軸を考えると選びやすいでしょう。ただし、kintoneのユーザーであれば、kinconeが多機能も実現でき、費用対効果の面でメリットが大きいはずです。

バイバイタイムカードの料金·評判·機能について。タイムカードが不要になる?

ジョブカン勤怠管理の料金·評判·機能について。1人あたり月200円から使える?

KING OF TIME(キングオブタイム)の料金·評判·機能について。1人300円、初期費用0円で使える?

 

kinconeの導入で勤怠管理の効率化を

勤怠管理システムを導入することで複雑な勤務体系や離れた拠点での勤務にも対応した管理体制を整備することができるようになります。

kinconeであればそのシンプルな操作性からPC操作が不慣れた方でも簡単に勤怠管理を効率化することができるので、是非この機会に導入を検討してみてください。

画像・データ出典:kincone公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部