マネーフォワードクラウド勤怠の料金・評判・機能について

更新日:

ひと昔前までは紙のタイムカードや出勤簿などを使って勤怠管理を行うのが一般的でした。ところが、近年ではクラウド上で勤怠管理を行う企業が増えてきているのです。
本記事では、多くの企業が導入しているクラウド型勤怠管理システムのマネーフォワードクラウド勤怠の特徴、強み、料金プランなどを解説いたします。導入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

マネーフォワードクラウド勤怠とは?

マネーフォワードクラウド勤怠は、 株式会社マネーフォワードが提供している勤怠管理システムです。
勤怠管理、休暇管理、シフト管理などさまざまな機能を搭載しており、すべてクラウド上で利用することができます。さらに、ワンクリックで給与データとも連携できるため給与計算も簡単に行えます。


勤怠管理システムをお探しの方におすすめの関連サービス

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: JobSuite TALENTS

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

より広範な人事領域のDXを実現

obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

マネーフォワードクラウド勤怠の特徴・機能

マネーフォワードクラウド勤怠には、たくさんの機能が搭載されています。
主な機能や特徴は、以下の通りです。

さまざまな雇用形態に対応できる

マネーフォワードクラウド勤怠の一番の特徴は、シフト制、裁量労働制、フレックスタイム制など、さまざまな雇用形態に対応できることです。
さらに、自社の就業ルールを提供して勤怠管理を行うことも可能となっています。

勤怠状況がリアルタイムでわかる

勤怠状況がリアルタイムで把握できる点も、マネーフォワードクラウド勤怠の特徴です。
従業員の出勤状況、外出や退勤などもその場ですぐにチェックできるため、業務連絡、シフト管理なども行いやすくなります。

アラート機能を搭載

マネーフォワードクラウド勤怠には、アラート機能も搭載されています。
異常な打刻が行われた場合や残業時間が増えすぎてしまった場合にはアラートが作動するため、36協定を遵守した勤怠管理が行えるようになります。

わかりやすいデザインで直感的に使える

マネーフォワードクラウド勤怠の操作画面は、シンプルで、わかりやすいデザインとなっている点も特徴です。
そのため、直感的操作することができます。
さらに、複数人で管理を行うことも可能なので、支店など複数の拠点がある場合でも利用しやすいシステムとなっています。

マネーフォワードクラウド勤怠の強み

マネーフォワードクラウド勤怠の強みは、充実したサポート体制が用意されている点です。
メール、チャット、電話などを利用したお問い合わせシステムがありますので、万が一わからないことやトラブルがあったときでも安心です。わかりやすいマニュアルも用意されています。さらに、有償の導入サポートもありますので、専任担当者による手厚いサポートも受けることができるのです。
また、マネーフォワード クラウド給与とも連携ができる点も、大きな強みとなっています。
従業員の勤怠など、マネーフォワードクラウド勤怠で自動集計したデータをワンクリックの簡単操作で連携できるため、給与計算の時間も大幅に短縮できるというメリットがあります。

マネーフォワードクラウド勤怠の価格・料金プラン

マネーフォワードクラウド勤怠の料金は、従業員数によって異なっています。
また、法人、個人事業主によっても基本料金や用意されているプランが違っていますので、自社に合ったものを選ぶ必要があるのです。従業員31名未満では見積もりを出してもらうことによって料金が確定します。
法人の場合には、スモールビジネス、ビジネス、エンタープライズの3つの料金プランが用意されています。
最安価格のスモールビジネスは、基本料金は年間だと1ヶ月あたり2,980円です。月額プランを利用する場合には、月額3,980円が必要となります。ビジネスは基本料金は年間だと1ヶ月あたり4,980円です。月額プランを利用する場合には、月額5,980円が必要となります。
公式ホームページ上から、お見積もりも行えますので、詳しい料金を知りたい方は問い合わせてみると良いでしょう。

2020年6月現在/詳細は公式サイトを確認

マネーフォワードクラウド勤怠の注意点

マネーフォワードクラウド勤怠の注意点は、多機能であるためシステムに慣れるまでに時間がかかってしまうことです。
勤怠は全従業員に関わることですので、導入する際に全員に周知させておく手間がかかる点も、デメリットと感じてしまうかもしれません。

マネーフォワードクラウド勤怠の口コミ・利用企業からの評判

直感的操作で従業員の負担も軽減できました

“以前はタイムカードと手集計というアナログな方法で勤怠管理を行っていました。マネーフォワードクラウド勤怠を導入したところ、圧倒的にわかりやすいシステムでした。おかげで、理想的な運用フローが行えるようになり、従業員の負担も軽減しました。これからもこのシステムを活用して、バックオフィス業務をより効率化させていきたいと考えています。”(株式会社グラッドキューブ様)

SNSでの評判・口コミ

類似サービスとの比較

マネーフォワードクラウド勤怠と類似している勤怠管理サービスとしては、バイバイ タイムカードがあります。
バイバイ タイムカードは、株式会社ネオレックスが提供しているクラウド勤怠管理システムです。
QRコード、ICカード、指静脈などを読み取るだけで、出勤や退勤の管理が行えるシステムとなっており遠隔地にある支店や事務所などの勤怠管理を一元化できるが特徴です。料金プランについては公開されていませんので、公式ホームページ上のフォームから見積もりを請求する必要があります。
バイバイ タイムカードに記載されている導入事例によると、ホテル・旅館業の場合の料金は、初期費用が8,600,000円 、月額費用が419,000円となっています。
マネーフォワードクラウド勤怠と比較すると、高額な費用となっていますので、従業員数が多い大企業向けのサービスといえるかもしれません。

マネーフォワードクラウド勤怠を含むおすすめの勤怠管理システム比較

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

マネーフォワードクラウド勤怠で勤怠管理業務の効率化を

マネーフォワードクラウド勤怠を導入すれば、全従業員の勤怠管理が簡単に行えるようになり、リアルタイムでチェックもできます。
データはクラウドに保存されるので、紛失の心配もなく安心して使えます。

画像・データ出典:マネーフォワードクラウド勤怠公式サイト