勤怠管理システムの比較ポイント

更新日:

勤怠管理システムの比較ポイントとは?

  • 費用面:1ユーザーごとに月額費用がかかる料金体系が多いため、1人あたりの費用を比較してサービスを選ぶ
  • 端末代の有無:カードリーダーなど専用の機器を導入する必要があるか確認する
  • セキュリティ面:閲覧制限機能があるかどうかや情報の暗号化が行われているかどうかなどを比較

費用

勤怠管理システムの多くは1ユーザーごとに月額費用がかかる料金体系です。ですので1人あたりの費用を比較してサービスを選ぶのが良いでしょう。また、一定の従業員数ごとに料金が変わったり従業員数が多いほど一人あたりの利用料が安くなるサービスもあるので企業規模の比較も含めて検討しましょう。

端末代の有無

導入するサービスによってはカードリーダーなど専用の機器を導入する必要があります。ですので機器を導入しなければいけない場合、サービスごとの機器代を比較することが重要です。ブラウザでの打刻を導入する場合では専用機器は必要ありませんが交通系ICカードを利用しての打刻の場合はカードリーダーが必要になることが多いですので機器代の比較は必須と言えます。

セキュリティ面

勤怠管理という従業員の重要な情報を扱うのでセキュリティ対策を各システムでどのように行っているのか比較しておく必要があります。閲覧制限機能があるかどうかや情報の暗号化が行われているかどうかなどを比較しましょう。

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載