シュキーンの料金·評判·機能について

更新日:

シュキーンとは?

シュキーンとは、株式会社インフィニットループが運営する「クラウド勤怠管理システム」です。

勤怠管理に必要な一通りの機能が揃っていて、パソコンやスマートフォンからの出退勤はもちろんのこと、給与計算ソフトとの連携機能もあります。


勤怠管理システムをお探しの方におすすめの関連サービス

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: JobSuite TALENTS

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

より広範な人事領域のDXを実現

obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

シュキーンを含むおすすめの勤怠管理システム比較

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

シュキーンの特徴

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務やテレワークを活用する企業が増えています。アフターコロナと呼ばれるコロナウイルス終息後の社会では、在宅やテレワークは今よりもさらに一般的になる見通しです。そんな社会情勢の変化もあり、勤怠管理システムを導入する企業が増えています。

ですが、

  • 機能が多くて操作が難しいんじゃないかな・・
  • あまりコストはかけたくないな・・
  • 導入したいけど、メーカーとの打ち合わせが必要で導入までに時間がかかるよな・・

と悩んでいる企業も多いことでしょう。

シュキーンはシンプル」かつ「低コストです。業界随一のシンプルさ、業界最安値のコストで、さらにメーカーとの打ち合わせも不要。即日から導入可能です。ここでは、そんなシュキーンの特徴を2点、ご紹介します。

勤怠管理に特化したシンプルな機能構成

シュキーンは多機能ではありません。勤怠管理に特化していて、シュキーンと連携可能なシステムは限られています。2020年3月時点では、「freee」と「MFクラウド給与」の2つのシステムとの連携が可能です。給与計算ソフトと連携ができれば、勤怠情報から給与を自動で計算できますので、給与計算に関わる従業員の業務負荷が大幅に軽減されることでしょう。

しかし、一般的に連携するシステムが増えるほど月額料金が高額になります。シュキーンは機能や連携範囲を限定することで、低価格を実現しているのです。そのため、「別に他のシステムと連携しなくても大丈夫かな」と考えている企業、もしくは「freeeやMFクラウド給与を利用している企業」にとっては、シュキーンの導入メリットを最大限に受けられます。

導入コスト・ランニングコストは業界最安値

シュキーンは、導入コスト、ランニングコスト共に業界最安値です。導入コストは無料、ランニングコストは1ユーザーあたり月額200円、しかも2か月間は無料で使えます。

例えば、勤怠管理システムのメジャーブランド「KING OF TIME」は月額300円、ジョブカン勤怠管理は200円~500円です。

一般的に勤怠管理システムはユーザーごとの従量課金制です。月額数百円の違いであっても、従業員が増えるほど月額料金の差が顕著になります。

シュキーンの機能紹介・使い方

勤怠管理に最も求められる機能は何か?それは打刻です。勤怠管理システムを導入しても、出退勤の時間が正確に管理できなければ導入する意味がありません。そのためどのような打刻方法が用意されているか?は、勤怠管理システムを選ぶ上でとても大切なポイントになります。

ここではシュキーンに用意されている3つの打刻方法をご紹介します。

ブラウザ/Webでシュキーン

スマートフォンやパソコンから打刻する方法です。Android、iPhoneに対応していますので、スマホのOSに依存しないで、打刻できます。在宅勤務やテレワークでは会社外で作業することになりますが、ブラウザ経由での打刻であれば、場所に縛られません。リモートワークにおすすめの打刻方法です。

ICカード/かざしてシュキーン

専用のデバイスにICカードをかざして打刻する方法です。「特定の場所に行ってタッチする」使い方なので、タイムカードの運用と大きな差がありません。

現在タイムカードを利用していてできる限り今の運用を変えずに、勤怠管理システムを導入したいと考えている企業におすすめの打刻方法です。

ビーコン/とおってシュキーン

ゲートを通過することで打刻を行う方法です。例えば、工場の製造ラインにおいて「作業員が作業場に入室した際に、自動で出勤処理を行う」などの運用が可能です。ただ、「ゲート通過」で従業員の出退勤を管理している企業はほとんどありません。打刻を検討するのであれば「Webでシュキーン」か「かざしてシュキーン」の2択となるでしょう。

アプリ版について

シュキーンは専用のスマホアプリをインストールすることで手軽に勤怠管理や打刻を行うことができます。

アプリ版はiOSとAndroidどちらの端末にも対応しているので、手持ちのスマホを打刻に利用する場合は機種を選ばず利用できるというメリットが生まれます。

スマホからの打刻は「かざしてシュキーン」と「とおってシュキーン」に対応しています。

iOS版を利用する場合はBluetooth 4.0に対応していることが利用条件となるので注意が必要です。

シュキーンの強み

シュキーンの強みは使いやすさです。機能がシンプルであることに加えて、マニュアルやQAがオンラインで公開されていますので、全てオンラインで完結します。企業が勤怠管理システムを導入する際には、一つではなく複数のソフトを比較するかと思います。シュキーンはクラウドソフトなので、メーカー担当者からのデモも要りませんし、専用のパソコンも不要です。気になった時にいつでも使ってみることができます。

シュキーンの価格・料金プラン

シュキーンの利用料金は、従業員一人あたり月額200円です。

例えば、従業員20名の場合は月額4,000円になります。なお、最大2ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、お試し期間中は全機能が無料で使えます。

10人以下で利用する場合は月額最低利用料金として2,000円かかるので10人以上での利用に適したサービスと言えるでしょう。また、支払い方法はクレジットカードか請求書払いに対応しています。

2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

口コミ・利用企業の評判

シンプルな機能性が導入の決め手

“当社は営業で外出する社員が多いので、勤怠管理システムを導入して誰が本社にいるのか?をスマホで分かるようにしたいと考えていました。シュキーン以外にも幾つかの勤怠管理システムを比較したのですが、シュキーンは最も機能がシンプルだったことが導入の決め手になりました。料金が安いのもうれしいです。シュキーンは、出勤、退勤、外出が一目で分かるようになっていますので、導入してあっという間に課題が解決しましたね。”(株式会社Gear8様)

SNSでの口コミ・評判

シュキーン導入のメリット

テレワークにも活用できる

シュキーンを導入することで、Webブラウザ上から時間と場所を選ばずに勤怠管理が可能になります。

テレワークのようなリモート環境での勤務にも対応させることが可能で、従業員は自宅のPCなどから打刻をして管理者側も特別なソフトなどをインストールしないでPCの管理画面から簡単に勤怠管理をすることができるようになります。

コストカットを実現できる

シュキーンを導入することで従来のタイムカードを使った打刻方法を撤廃することが可能となります。

専用の打刻機を導入する費用やタイムカードの発注費用などをカットすることができるだけでなく、Webブラウザ上から勤怠管理が実現できるので、タイムカードを確認しながら勤怠データの入力を行っていた時と比較して工数も大幅にカットできるようになります。これは大きなメリットです。

低コストで勤怠管理システムが導入できる

シュキーンの料金体系は非常にシンプルで、利用する従業員1人につき月額200円です。初期費用が0円で、打刻も手持ちのスマホやPCから可能になるので専用機器の導入費用もカットできます。

ランニングコストを抑えて勤怠管理の効率化が図れるメリットがシュキーン導入によって生まれるのです。

シュキーン導入のデメリット

シュキーンには、アラート機能がありません。昨今の働き方改革関連法の改正で、「時間外労働時間」、「年次有給休暇」に規制がかかるようになりました。2020年4月1日以前に違反した場合は行政指導のみでした。ですが、今後は犯罪になり罰せられます。

多くの勤怠管理システムのメーカーは、法改正に合わせて「アラート機能」をリリースしています。例えば有給休暇が足りていない社員を検知して、画面上に警告を出すなどです。一方、シュキーンはこのようなアラート機能は無く、勤怠データを目視で確認する必要があります。機能面ではこのアラートの有無に違いがあります。

しかしながら、シュキーンは「シンプルかつ低価格」です。そのため、「アラート機能や連携機能は求めない、できる限り低価格なシステムが良い」と考える企業にとっては、シュキーンは最適な勤怠管理システムとなりえるでしょう。

シュキーンでシンプルな勤怠管理の実現を

今回はクラウド勤怠管理システムのシュキーンをご紹介させていただきました。クラウドで利用できることもあり、便利な機能が多数搭載されているクラウド勤怠管理システムですが、ITに不慣れな方には使いこなせず、無駄にコストがかかる場合もあるのでシュキーンのようなシンプルな勤怠管理システムが喜ばれるケースも多いようです。

勤怠管理システム導入にあたっては、自社の働き方にあったシステムを導入しなければいけないので、事前に勤怠方法の確認はもちろん、社員への理解を徹底することが重要です。

画像・データ出典:シュキーン公式サイト