シュキーンの料金・評判・口コミについて

月額費用
200円~
初期費用
要お問合せ
無料お試し
2ヶ月間
導入社数
要お問合せ
これは 勤怠管理 の製品です。
勤怠管理 の製品をまとめて資料請求

シュキーンとは?

シュキーンとは、株式会社インフィニットループが運営する「クラウド勤怠管理システム」です。

勤怠管理に必要な一通りの機能が揃っていて、パソコンやスマートフォンからの出退勤はもちろんのこと、給与計算ソフトとの連携機能もあります。

業務の効率化が急務な企業におすすめのサービスです。

※シュキーンは2025年3月31日でサービス終了予定です

勤怠管理のおすすめ製品

Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

freee勤怠管理Plus

(4.5)

月額費用300円〜無料お試し30日間
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

多彩な打刻方法が導入できる

freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

わかりやすい画面で管理・修正が可能

freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

勤怠状況を一覧で確認

管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

KING OF TIME

(5)

月額費用300円〜無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間3営業日〜

KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

豊富な打刻手段

KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

給与計算も効率化

KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

いつでも最新の状態で利用できる

働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。

勤怠管理の製品をまとめて資料請求

シュキーンを含むおすすめの勤怠管理システム比較

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

シュキーンの特徴

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務やテレワークを活用する企業が増えています。アフターコロナと呼ばれるコロナウイルス終息後の社会では、在宅やテレワークは今よりもさらに一般的になる見通しです。そんな社会情勢の変化もあり、勤怠管理システムを導入する企業が増えています。

ですが、

  • 機能が多くて操作が難しいんじゃないかな・・
  • あまりコストはかけたくないな・・
  • 導入したいけど、メーカーとの打ち合わせが必要で導入までに時間がかかるよな・・

と悩んでいる企業も多いことでしょう。

シュキーンはシンプル」かつ「低コストです。業界随一のシンプルさ、業界最安値のコストで、さらにメーカーとの打ち合わせも不要。即日から導入可能です。ここでは、そんなシュキーンの特徴を2点、ご紹介します。

勤怠管理に特化したシンプルな機能構成

シュキーンは多機能ではありません。勤怠管理に特化していて、シュキーンと連携可能なシステムは限られています。2020年3月時点では、「freee」と「MFクラウド給与」の2つのシステムとの連携が可能です。給与計算ソフトと連携ができれば、勤怠情報から給与を自動で計算できますので、給与計算に関わる従業員の業務負荷が大幅に軽減されることでしょう。

しかし、一般的に連携するシステムが増えるほど月額料金が高額になります。シュキーンは機能や連携範囲を限定することで、低価格を実現しているのです。そのため、「別に他のシステムと連携しなくても大丈夫かな」と考えている企業、もしくは「freeeやMFクラウド給与を利用している企業」にとっては、シュキーンの導入メリットを最大限に受けられます。

導入コスト・ランニングコストは業界最安値

シュキーンは、導入コスト、ランニングコスト共に業界最安値です。導入コストは無料、ランニングコストは1ユーザーあたり月額200円、しかも2か月間は無料で使えます。

例えば、勤怠管理システムのメジャーブランド「KING OF TIME」は月額300円、ジョブカン勤怠管理は200円~500円です。

一般的に勤怠管理システムはユーザーごとの従量課金制です。月額数百円の違いであっても、従業員が増えるほど月額料金の差が顕著になります。

シュキーンの機能紹介・使い方

勤怠管理に最も求められる機能は何か?それは打刻です。勤怠管理システムを導入しても、出退勤の時間が正確に管理できなければ導入する意味がありません。そのためどのような打刻方法が用意されているか?は、勤怠管理システムを選ぶ上でとても大切なポイントになります。

ここではシュキーンに用意されている3つの打刻方法をご紹介します。

ブラウザ/Webでシュキーン

スマートフォンやパソコンから打刻する方法です。Android、iPhoneに対応していますので、スマホのOSに依存しないで、打刻できます。在宅勤務やテレワークでは会社外で作業することになりますが、ブラウザ経由での打刻であれば、場所に縛られません。リモートワークにおすすめの打刻方法です。

ICカード/かざしてシュキーン

専用のデバイスにICカードをかざして打刻する方法です。「特定の場所に行ってタッチする」使い方なので、タイムカードの運用と大きな差がありません。

現在タイムカードを利用していてできる限り今の運用を変えずに、勤怠管理システムを導入したいと考えている企業におすすめの打刻方法です。

ビーコン/とおってシュキーン

ゲートを通過することで打刻を行う方法です。例えば、工場の製造ラインにおいて「作業員が作業場に入室した際に、自動で出勤処理を行う」などの運用が可能です。ただ、「ゲート通過」で従業員の出退勤を管理している企業はほとんどありません。打刻を検討するのであれば「Webでシュキーン」か「かざしてシュキーン」の2択となるでしょう。

アプリ版について

シュキーンは専用のスマホアプリをインストールすることで手軽に勤怠管理や打刻を行うことができます。

アプリ版はiOSとAndroidどちらの端末にも対応しているので、手持ちのスマホを打刻に利用する場合は機種を選ばず利用できるというメリットが生まれます。

スマホからの打刻は「かざしてシュキーン」と「とおってシュキーン」に対応しています。

iOS版を利用する場合はBluetooth 4.0に対応していることが利用条件となるので注意が必要です。

シュキーンの強み

シュキーンの強みは使いやすさです。機能がシンプルであることに加えて、マニュアルやQAがオンラインで公開されていますので、全てオンラインで完結します。企業が勤怠管理システムを導入する際には、一つではなく複数のソフトを比較するかと思います。シュキーンはクラウドソフトなので、メーカー担当者からのデモも要りませんし、専用のパソコンも不要です。気になった時にいつでも使ってみることができます。

シュキーンの価格・料金プラン

シュキーンの利用料金は、従業員一人あたり月額200円です。

例えば、従業員20名の場合は月額4,000円になります。なお、最大2ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、お試し期間中は全機能が無料で使えます。

10人以下で利用する場合は月額最低利用料金として2,000円かかるので10人以上での利用に適したサービスと言えるでしょう。また、支払い方法はクレジットカードか請求書払いに対応しています。

2020年5月現在/詳細は公式サイトを確認

口コミ・利用企業の評判

シンプルな機能性が導入の決め手

“当社は営業で外出する社員が多いので、勤怠管理システムを導入して誰が本社にいるのか?をスマホで分かるようにしたいと考えていました。シュキーン以外にも幾つかの勤怠管理システムを比較したのですが、シュキーンは最も機能がシンプルだったことが導入の決め手になりました。料金が安いのもうれしいです。シュキーンは、出勤、退勤、外出が一目で分かるようになっていますので、導入してあっという間に課題が解決しましたね。”(株式会社Gear8様)

SNSでの口コミ・評判

シュキーン導入のメリット

テレワークにも活用できる

シュキーンを導入することで、Webブラウザ上から時間と場所を選ばずに勤怠管理が可能になります。

テレワークのようなリモート環境での勤務にも対応させることが可能で、従業員は自宅のPCなどから打刻をして管理者側も特別なソフトなどをインストールしないでPCの管理画面から簡単に勤怠管理をすることができるようになります。

コストカットを実現できる

シュキーンを導入することで従来のタイムカードを使った打刻方法を撤廃することが可能となります。

専用の打刻機を導入する費用やタイムカードの発注費用などをカットすることができるだけでなく、Webブラウザ上から勤怠管理が実現できるので、タイムカードを確認しながら勤怠データの入力を行っていた時と比較して工数も大幅にカットできるようになります。これは大きなメリットです。

低コストで勤怠管理システムが導入できる

シュキーンの料金体系は非常にシンプルで、利用する従業員1人につき月額200円です。初期費用が0円で、打刻も手持ちのスマホやPCから可能になるので専用機器の導入費用もカットできます。

ランニングコストを抑えて勤怠管理の効率化が図れるメリットがシュキーン導入によって生まれるのです。

シュキーン導入のデメリット

シュキーンには、アラート機能がありません。昨今の働き方改革関連法の改正で、「時間外労働時間」、「年次有給休暇」に規制がかかるようになりました。2020年4月1日以前に違反した場合は行政指導のみでした。ですが、今後は犯罪になり罰せられます。

多くの勤怠管理システムのメーカーは、法改正に合わせて「アラート機能」をリリースしています。例えば有給休暇が足りていない社員を検知して、画面上に警告を出すなどです。一方、シュキーンはこのようなアラート機能は無く、勤怠データを目視で確認する必要があります。機能面ではこのアラートの有無に違いがあります。

しかしながら、シュキーンは「シンプルかつ低価格」です。そのため、「アラート機能や連携機能は求めない、できる限り低価格なシステムが良い」と考える企業にとっては、シュキーンは最適な勤怠管理システムとなりえるでしょう。

類似サービスとの比較

シュキーンの類似サービスとしては、ジョブカン勤怠管理や楽楽勤怠が挙げられます。

サービス名シュキーンジョブカン勤怠管理楽楽勤怠
初期費用0円0円要問い合わせ
月額料金200円/人200円〜500円/人30,000円〜
特徴・シンプルな機能構成
・多彩な打刻方法
・豊富な打刻方法
・シリーズ連携に強み
・シンプルな画面設計
・高いセキュリティ体制

ジョブカン勤怠管理は、ICカードやSlack、LINEといった、さまざまな打刻方法を利用できる勤怠管理システムです。

社会保険労務士監修のシステムとなっており、アラート機能や柔軟な時間管理によって働き方改革関連法にも対応することができます。

ジョブカン労務やジョブカン給与計算といったジョブカンシリーズとの連携が可能となっており、シリーズ間でデータを共有して幅広い業務を効率化することが可能です。

楽楽勤怠は、シンプルな画面構成で設計されているため、初めて勤怠管理システムを利用する方でも扱いやすいという特徴があります。

企業ごとの勤務体系や雇用体系に応じて機能設定が可能な柔軟性にも優れています。

また、楽楽勤怠は、高い防火性能を誇るデータセンターにサーバーを設置するなどセキュリティ対策にも力をいれており、安心して利用することができます。

この製品に関連する動画を紹介

シュキーンでシンプルな勤怠管理の実現を

今回はクラウド勤怠管理システムのシュキーンをご紹介させていただきました。クラウドで利用できることもあり、便利な機能が多数搭載されているクラウド勤怠管理システムですが、ITに不慣れな方には使いこなせず、無駄にコストがかかる場合もあるのでシュキーンのようなシンプルな勤怠管理システムが喜ばれるケースも多いようです。

勤怠管理システム導入にあたっては、自社の働き方にあったシステムを導入しなければいけないので、事前に勤怠方法の確認はもちろん、社員への理解を徹底することが重要です。

画像・データ出典:シュキーン公式サイト

シュキーンの評判・口コミ

(4)

※各種ITツール・SaaS製品口コミサイトの平均の点数を一部参考にしています。

シュキーンの良い評判・口コミ

・スマホをそのまま打刻機として使えるので余計な初期費用がかからない。
・毎回個人でログインしてから打刻するので、自分以外の社員の打刻をしてしまうといったミスが起こらない。
・データを出力する際に管理画面から勤怠データを一括でダウンロードできるのが便利。

シュキーンのその他の評判・口コミ

・サポートの回答に少し時間がかかるのでもう少しクイックなサポート体制がほしい。
・毎回ログインを求められるので一定期間はログイン状態が継続されると便利だと思う。

シュキーンを導入した結果に関する評判・口コミ

・休暇の申請を直接上司にするのではなく、端末上でできるようになったので心理的なハードルが下がった。
・出社やリモートなど複数の場所で勤務する従業員の勤怠をまとめて管理できるので助かっている。

    その他の関連する記事

    これは 勤怠管理 の製品です。
    勤怠管理 の製品をまとめて資料請求
      • 勤怠管理

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

        類似サービス: freee勤怠管理Plus

        (4.5)

        月額費用300円/ユーザー無料お試し30日間
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

               

        多彩な打刻方法が導入できる

        freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

        わかりやすい画面で管理・修正が可能

        freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

        勤怠状況を一覧で確認

        管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

        類似サービス: KING OF TIME

        (4.5)

                 
        月額費用300円/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間3営業日〜

        KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

               

        豊富な打刻手段

        KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

        給与計算も効率化

        KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

        いつでも最新の状態で利用できる

        働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。

      このページには広告が含まれます

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載