スマレジ・タイムカードの料金・評判・口コミについて

更新日:
月額費用
0円~
初期費用
0円
無料お試し
60日間
導入社数
要お問合せ
これは 勤怠管理 の製品です。
勤怠管理 の製品をまとめて資料請求

労務管理部門の中でも勤怠管理やシフト管理、労務アラートといった業務はほぼ必ず行わなければいけない業務で、これらを効率化するために様々なツールを使用していることでしょう。しかし複数のツールを使っていると逆に業務が複雑になってしまったり引き継ぎが大変だったりと問題点も発生します。

そこで今回は労務に関する業務を一元管理できるスマレジ・タイムカードというサービスをご紹介させていただきます。

スマレジ・タイムカードとは

スマレジ・タイムカードとは株式会社スマレジが提供している勤怠管理サービスです。

勤怠管理・シフト管理・休暇管理・労務アラートなどの勤怠管理機能はもちろんのこと給与計算や年末調整の様な給与に関わる機能、日報作成、プロジェクト管理機能など幅広い分野で業務を効率化させることが可能になります。

クラウド型のシステムなので離れた場所にいてもネット環境とデバイスがあれば利用可能なのでテレワークのような新しい働き方にも対応できることから導入数は80,000店舗を突破している人気サービスです。

おすすめの勤怠管理システム

類似サービス: Shachihata Cloud

(4.5)

月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間即日〜

Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

       

紙の決裁業務をそのまま電子化

Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

運用に合わせて柔軟な設定が可能

Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

電子帳簿保存法対策に有効

Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

類似サービス: freee勤怠管理Plus

(4.5)

月額費用300円/ユーザー無料お試し30日間
初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

       

多彩な打刻方法が導入できる

freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

わかりやすい画面で管理・修正が可能

freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

勤怠状況を一覧で確認

管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

類似サービス: KING OF TIME

(4.5)

         
月額費用300円/ユーザー無料お試しあり
初期費用0円最短導入期間3営業日〜

KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

       

豊富な打刻手段

KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

給与計算も効率化

KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

いつでも最新の状態で利用できる

働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。


スマレジ・タイムカードの特徴・機能

働き方改革に対応

スマレジ・タイムカードでは働き方改革関連法にも対応できる機能が搭載されています。

エンタープライズプランを導入すれば労務アラート機能が使用可能になります。これによって時間外労働時間をシステムで自動監視、必要に応じて警告することができるので36協定や社内規定違反を防止することができます。

外国人留学生の労働時間上限管理にこの機能を利用することも可能です。

また、従業員の有給取得状況を可視化することが可能になり、状況に応じてシステムが自動で有休消化の促しを勧告することができます。

テレワーク環境でも勤怠管理が可能に

クラウド型の勤怠管理システムなので実際にオフィスにいなくても自宅などでデバイスを通じて勤怠管理が可能になります。

タイムカードアプリによる出退勤が可能なのであらゆる場所で入力を行うことができます。

GPSによる記録も可能なので不正防止にも対応しています。

エンタープライズプランでは日報報告機能が使えるのでペーパーレスな管理が可能になり、プレミアム以上のプランでは勤務パターン作成が可能になるので変則的なシフトの作成も簡単にシステム上で作成することが可能になります。

連携機能で給与計算を効率化

スマレジ・タイムカードでは人事労務freee・MFクラウド給与・ 弥生給与などの外部給与計算サービスと連携させることが可能です。

これらのサービスと連携させることで記録した勤怠情報を自動的に渡すことができ、元からこれらのサービスを利用している企業にとっては手間なく給与計算業務を効率化することができるのです。

もちろんスマレジ・タイムカード自体でも給与計算は可能です。

スマレジ・タイムカードの打刻方法

労働環境に合わせた打刻方法を選択

スマレジ・タイムカードは、職場の環境に合わせた以下の打刻方法を提供しています。

  • 画面タッチ打刻:出退勤時に画面をクリックしてするだけで打刻が完了
  • Web打刻:自宅のPCや外出先のスマホから、アプリや管理画面経由で出退勤を記録
  • 笑顔認証:写真撮影時に笑顔を検知して打刻

高精度な不正防止機能を搭載

勤怠管理において課題となる、不正打刻についても、スマレジ・タイムカードであれば高度な不正防止機能を搭載しているため安心です。

打刻時に、あらかじめ設定しておいたパスワードの入力を義務付けることや、出勤・休憩・復帰・退勤時に顔写真の撮影を行い、不正打刻を防止することができます。

また、外回りなどの外出することが多い職種に関しては、GPSを活用して出退勤時に位置情報を記録する機能もあるため、不正防止はもちろん、緊急時に安否確認に活用することも可能です。

スマレジ・タイムカードが対応しているデータダウンロード形式

CSV形式に対応

スマレジ・タイムカードは、CVV形式でのデータダウンロードに対応しています。

勤怠実績や給与明細情報をダウンロードする際は、管理画面から対象の期間を選択し、月単位でCSVのダウンロードを行うことができます。

シフト情報はPDF・Excelにも対応

スマレジ・タイムカードでは、シフト作成機能で作成したシフト情報をダウンロードする際は、PDF形式かExcel形式でダウンロードすることができます。

管理画面からシフト情報を開き、ダウンロードしたいシフト表示形態を選択し、シフト画面からPDFを表示してダウンロードするか、Excelで表示してダウンロードするかを選択します。

ダウンロードするシフト情報は、月単位・日単位で選択することが可能です。

スマレジ・タイムカードはAndroidでも使える?

Androidにも対応

スマレジタイムカードでの打刻方法に、Webブラウザを活用して打刻するWeb打刻があります。

Web打刻では、Android端末やWindowsPCでも打刻することが可能です。

アプリでの打刻はiOSのみに対応

スマレジ・タイムカードのアプリを利用した打刻は、iOS端末にのみ対応しています。

アプリからの打刻は、打刻を行う従業員名をタップし、出勤・退勤などの打刻メニューの詳細をクリックすることで打刻が可能です。

スマレジ・タイムカードの価格、料金プラン

スマレジ・タイムカードでは3つの料金プランを提供しています。

勤怠管理機能のみを使用可能で従業員30名までであれば無料で利用できるスタンダードプラン。

基本機能に加え給与計算、シフト作成が可能なプレミアムプランは従業員10名までであれば月額2,200円で利用可能です。

全ての機能が使えるエンタープライズプランは従業員10名までであれば月額6,600円で利用することができます。

いずれのプランも従業員の数が規定数を上回ると追加料金が発生します。また、アカウント作成から60日間は全ての機能とチャットサポートを無料で利用することができるのでトライアルとして導入してみることも可能です。

2021年6月現在/詳細は公式サイトへ

利用企業からの評判・口コミ

オンラインで勤務状況を確認できるので安心です

“スマレジ・タイムカードは全国にある店舗での従業員の勤務状況を本部で確認できるので心理的安心感があります。iPadをタッチするだけで出勤ができるので使いやすいとスタッフからも好評なんです。専用の機器を設置する必要もなく、スペースの活用ができるのも嬉しい点です。”(NECO REPUBLIC東京 御茶の水店様)

勤務時間に対する意識改革にも繋がりました

“以前使っていた勤怠管理サービスに不満があり、スマレジを使っていたこともありスマレジ・タイムカードを導入してみました。iPadで簡単に出退勤の管理ができるし画面も見やすくシンプルな操作性も気に入っています。スマレジ・タイムカードを導入したことで勤務時間に対する意識改革にも繋がっていて、スタッフに無理なく働いてもらえるよう気にかける癖をつけることができました。”(粉もん屋とん平 江坂公園店様)

スマレジ・タイムカードのいい評判・口コミ

スマレジ・タイムカードでは、以下のような良い口コミ・評判がありました。

スマレジ・タイムカードの良い口コミ・評判

・WEBからも打刻できるので、テレワークにも対応できる。
・小規模であれば、無料版でも勤怠管理システムとして充分に利用できる。
・パスコード設定や顔写真撮影で不正打刻を防止することができる。

スマレジ・タイムカードには無料版も用意されています。
利用可能な人数は限られますが、口コミにもあるように勤怠管理システムとしては充分に利用できます。
使用感を試したり、少人数で基本的な勤怠管理だけ行うのであれば申し分ないでしょう。
加えてパスコード設定や顔写真撮影機能が搭載されていることにより、不正打刻を防ぐ結果にも貢献してくれます。
クリーンな勤怠状況の実現にも一役買ってくれそうです。

スマレジ・タイムカードのその他評判・口コミ

スマレジ・タイムカードでは、その他に、以下のような口コミ・評判がありました。

スマレジ・タイムカードのその他口コミ・評判

・androidスマホの操作感が悪く、使いにくい印象がある。
・有料プランには最低料金があるので、規模によってはコストが高くなる。
​​外部アプリとの連携がしづらく、対応ツールも少ない。

利用できる機能によっていくつかの料金プランが用意されていますが、費用コストとして考えると割高のようです。
利用人数ごとの料金上昇が基本であることに加え、最低料金もあるので規模によってはよりコストがかかりそうです。
勤怠管理はスマレジ・タイムカードで行い、スケジュール管理は別のツールで行うケースもあると思います。
その場合にアプリ連携が弱いと利用に不便さを感じるかもしれませんね。

スマレジ・タイムカードを導入した結果は?

スマレジ・タイムカードを導入した結果に関しては、以下のような評判・口コミがありました。

スマレジ・タイムカードを導入した結果に関する評判・口コミ

・勤怠管理情報をデータ化できるので、書類による保存をする必要がなくなった。
・アナログ的なペーパー管理から脱却でき、バックオフィス業務の効率化に繋がった。
・直行直帰にも対応できるので、わざわざ勤怠管理者に連絡を取る手間がなくなった。

勤怠情報の管理手段において、ペーパー管理からデータによる管理に移行できたことが大きいようです。
実質的な手間の削減だけでなく、作業効率化やセキュリティの面でも大きな貢献になったと言えるでしょう。
手元で打刻できるので直行直帰の場合でもタイムカードを切りに出社したり、管理者に連絡する必要もありません。
双方にとって業務の効率化に繋がりそうですね。

スマレジ・タイムカードの改善希望ポイントは?

スマレジ・タイムカードに関しては以下のような、改善希望ポイントがあるようです。

スマレジ・タイムカードで改善して欲しいポイント

・権限のないメニューも表示されるので、非表示にするか一目で分かるようにしてほしい。
・モバイルアプリ版で応答しないことがあり、打刻できない状況があった。
・少人数規模に適応した料金プランの提供や改善が行われると嬉しい。

もちろん、料金プランによっては利用できない機能もあります。
しかし、利用できないメニューも画面上に表示され、選択すると利用不可能との表示が出るようです。
ユーザーにとっては視認性の悪さと二度手間的な印象になりますよね。
口コミにもあるように非表示にするか、利用できない機能であることが一目で分かるような改善が行われると良いですよね。

類似サービスとの比較

スマレジ・タイムカードとの類似サービスとしてはKING OF TIMEやシュキーンなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や特徴で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用特徴
スマレジ・タイムカード・スタンダードプラン/0円

・プレミアムプラン/2,000円〜

・エンタープライズプラン/6,000円〜

0円・勤怠管理だけでなく給与管理も可能

・働き方改革にも対応

KING OF TIME300円〜打刻機材代のみ・強いセキュリティ体制

・少人数から利用可能

シュキーン200円〜0円・複数の打刻方法

・少人数から利用可能

料金面では勤怠管理のみを行う場合は30名まで無料で利用できるスマレジ・タイムカードがおすすめです。

それ以上の機能で利用したい場合はシュキーンも安価に利用することができます。機能面としては海外言語にも対応しているKING OF TIMEが状況によっては活用しやすいサービスです。

スマレジ・タイムカードを含むおすすめの勤怠管理システム比較

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

この製品に関連する動画を紹介

スマレジ・タイムカードで勤怠管理の効率化を

今回は勤怠管理サービスのスマレジ・タイムカードをご紹介させていただきました。複数の店舗を経営している企業などでは、各店舗の勤怠状況が確認できることは経営側だけでなく従業員側にしても働くことへの意識改革を促すことができるので積極的に導入したいところです。

導入に際しては、予算はもちろんですが勤怠管理の課題、課題解決のために必要な機能、従業員からの勤怠に関するヒアリング、勤怠管理システムを導入することのメリットを説明、などをしっかりと行うことが重要です。

画像・データ出典:スマレジ・タイムカード公式サイト

    その他の関連する記事

    これは 勤怠管理 の製品です。
    勤怠管理 の製品をまとめて資料請求
      • 勤怠管理

        類似サービス: Shachihata Cloud

        (4.5)

        月額費用110円〜/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間即日〜

        Shachihata Cloudとは、シヤチハタ株式会社が運営している電子印鑑サービスです。 紙のワークフローをそのまま電子化することができる手軽さが魅力的で、マニュアル不要で導入できます。

               

        紙の決裁業務をそのまま電子化

        Shachihata Cloudは、今まで紙で行っていた申請から承認までのプロセスを、そのままデジタル化することが可能です。 現在利用している印鑑をセキュアな環境でそのまま電子化でき、電子化の再現度が非常に高いため、紙と電子で使用する印鑑を変える必要がありません。

        運用に合わせて柔軟な設定が可能

        Shachihata Cloudは、ワークフローを変えずに捺印した文書をそのままPC・スマホアプリから回覧、承認することができます。 電子化しても、現在のワークフローを変えることなく決裁ができる柔軟性が魅力的で、オフィスにいなくてもスマートフォンなどから手軽に確認、承認ができるため、決裁者が忙しく、なかなか承認がおりないという課題の解消につながります。

        電子帳簿保存法対策に有効

        Shachihata Cloudは、2022年に電子取引ソフトのJIIMA認証を取得しており、電子帳簿保存法の要件を満たしていることがわかります。 文書に対してインデックスを付与し、電子帳簿保存法の要件を満たした形式での文書保管、検索が可能です。

        類似サービス: freee勤怠管理Plus

        (4.5)

        月額費用300円/ユーザー無料お試し30日間
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        freee勤怠管理Plusとは、freee株式会社が運営している勤怠管理システムです。 スマートフォンやフィーチャーフォンから打刻できる手軽さと、位置情報取得による管理の効率化が実現でき、直行直帰やテレワークを取り入れている企業にもおすすめの勤怠管理システムとなっています。

               

        多彩な打刻方法が導入できる

        freee勤怠管理Plusでは、多彩な打刻方法を導入でき、従来のタイムカードを撤廃してペーパーレス化を図ることができます。 「共有端末打刻」「ICカード打刻機」「ICカードリーダー」「指紋・静脈認証」といった幅広い打刻方法を選択でき、企業で利用しやすい打刻方法を選択することで、タイムカードや打刻機を購入するコストの削減や、紙のタイムカードによる二重打刻や印字ミスなどを防止することが可能となります。

        わかりやすい画面で管理・修正が可能

        freee勤怠管理Plusは、ウェブ上で打刻修正や残業届の申請・承認が可能なため、リモートワークの勤怠管理にもおすすめです。 従来であれば、申請ごとに用紙に記入して提出しなければいけなかった手間が、ウェブ上で完結するため、ペーパーレス化はもちろん、働きやすさの向上にもつながります。

        勤怠状況を一覧で確認

        管理者側の画面では、従業員の勤務状況がリアルタイムに一覧で確認することができます。 紙のタイムカードの時には難しかったリアルタイムでの勤怠状況把握が可能となるため、働きすぎ防止、時間外労働が45時間を超えそうな社員には、適切なタイミングで注意喚起ができるようになります。

        類似サービス: KING OF TIME

        (4.5)

                 
        月額費用300円/ユーザー無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間3営業日〜

        KING OF TIMEとは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが運営している勤怠管理システムです。 クラウド型の勤怠管理システムのため、場所を選ばず利用することができ、豊富な機能で勤怠管理業務を効率化することができます。

               

        豊富な打刻手段

        KING OF TIMEは、導入企業の働き方に合わせ、打刻方法を選ぶことができます。 パスワード認証、スマホ・携帯(GPSによる位置情報取得)、Myレコーダー、生体認証(指紋認証・静脈認証など)、顔認証、ICカード打刻など、様々な打刻方法を搭載しています。

        給与計算も効率化

        KING OF TIMEで打刻すると勤務実績が自動集計されます。 さらに、集計された勤務実績はCSV形式のファイルとして簡単に出力できるため、給与業務の効率化を図ることができます。

        いつでも最新の状態で利用できる

        働き方や価値観の多様化、社会情勢の変化に伴い、勤怠管理システムに求められる機能も変わっていきます。 KING OF TIMEでは、ユーザーからのニーズをもとに定期的にアップデートし、機能を追加しています。

      広告

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載