スマレジ・タイムカードの料金·評判·機能について

更新日:

労務管理部門の中でも勤怠管理やシフト管理、労務アラートといった業務はほぼ必ず行わなければいけない業務で、これらを効率化するために様々なツールを使用していることでしょう。しかし複数のツールを使っていると逆に業務が複雑になってしまったり引き継ぎが大変だったりと問題点も発生します。

そこで今回は労務に関する業務を一元管理できるスマレジ・タイムカードというサービスをご紹介させていただきます。

スマレジ・タイムカードとは

スマレジ・タイムカードとは株式会社スマレジが提供している勤怠管理サービスです。

勤怠管理・シフト管理・休暇管理・労務アラートなどの勤怠管理機能はもちろんのこと給与計算や年末調整の様な給与に関わる機能、日報作成、プロジェクト管理機能など幅広い分野で業務を効率化させることが可能になります。

クラウド型のシステムなので離れた場所にいてもネット環境とデバイスがあれば利用可能なのでテレワークのような新しい働き方にも対応できることから導入数は80,000店舗を突破している人気サービスです。


勤怠管理システムをお探しの方におすすめの関連サービス

類似サービス: HRBrain

(4.5)

月額費用要見積もり無料お試し7日間無料
初期費用要見積もり最短導入期間最短即日〜

HRBrainとは、株式会社HRBrainが運営するタレントマネジメントです。 組織診断サーベイからタレントマネジメントまでをワンストップで実現することができ、あらゆる人材データを一元管理することで、業務の効率化やデータ分析・活用が可能です。

人事評価を効率化

HRBrainを導入することで、煩雑化していた人事評価の集計作業を完全自動化することが可能です。 進捗管理や未提出者に対する催促もワンクリックで可能なため、人事評価業務にかかっていた工数の大幅な削減につながります。

人材データの一元管理、スキルの見える化を実現

HRBrainによって、紙やExcelなどに分散していた人材データを一元管理することが可能です。氏名などの基本情報に加え、スキルや特徴の見える化も可能とします。

最適な人材配置が可能になる

人材配置に必要なデータを一元管理して、異動候補者を見える化、適切な人材配置を可能とします。 人材データをクロス集計して、客観的なデータを元にした人材配置を行うことで、勘や経験に頼った人事からの脱却、人材育成の活性化につながります。

類似サービス: JobSuite TALENTS

(4.5)

月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

JobSuite TALENTS(ジョブスイートタレンツ)は、従業員のさまざまな情報を集約し、厚みのある人材データベースを継続的に構築していくための、人事業務プラットフォームです。

「社員と組織の見える化」と「人事業務のプロジェクト化」を同時に実現

従来の人材管理システムの要素に、人事の業務プロジェクト管理の要素をプラスした人事業務プラットフォームとして、JobSuite TALENTSを生み出しました。JobSuite TALENTSは、社員データベースとしての活用のみならず、日常の人事業務を計画的に実行するための支援機能を備えることで、毎日の人事業務のクオリティ向上に寄与します。

導入企業にあった柔軟なカスタマイズが可能

JobSuite TALENTSを運営するステラスは、有名大手企業での複雑な業務プロセスへの対応実績があり、導入の課題解決に最適な機能を個別にカスタマイズすることが可能です。自社で人事データベースをゼロから構築する場合や、大手HRM(Human Resource Management)パッケージを導入する場合と比較して、低価格かつ柔軟性に優れているため、自社オリジナルの運用しやすいシステムの構築が実現できます。

より広範な人事領域のDXを実現

obSuite TALENTSを導入することで、より広範な人事業務のDXを実現することが可能です。一例としては、JobSuite TALENTSによって自社で活躍している人材の傾向が把握できるようになることで、JobSuiteシリーズの「JobSuite CAREER」や「JobSuite FRESHERS」を用いた採用活動において、そのデータを活かすことができるようになります。

スマレジ・タイムカードの特徴・機能

働き方改革に対応

スマレジ・タイムカードでは働き方改革関連法にも対応できる機能が搭載されています。

エンタープライズプランを導入すれば労務アラート機能が使用可能になります。これによって時間外労働時間をシステムで自動監視、必要に応じて警告することができるので36協定や社内規定違反を防止することができます。

外国人留学生の労働時間上限管理にこの機能を利用することも可能です。

また、従業員の有給取得状況を可視化することが可能になり、状況に応じてシステムが自動で有休消化の促しを勧告することができます。

テレワーク環境でも勤怠管理が可能に

クラウド型の勤怠管理システムなので実際にオフィスにいなくても自宅などでデバイスを通じて勤怠管理が可能になります。

タイムカードアプリによる出退勤が可能なのであらゆる場所で入力を行うことができます。

GPSによる記録も可能なので不正防止にも対応しています。

エンタープライズプランでは日報報告機能が使えるのでペーパーレスな管理が可能になり、プレミアム以上のプランでは勤務パターン作成が可能になるので変則的なシフトの作成も簡単にシステム上で作成することが可能になります。

連携機能で給与計算を効率化

スマレジ・タイムカードでは人事労務freee・MFクラウド給与・ 弥生給与などの外部給与計算サービスと連携させることが可能です。

これらのサービスと連携させることで記録した勤怠情報を自動的に渡すことができ、元からこれらのサービスを利用している企業にとっては手間なく給与計算業務を効率化することができるのです。

もちろんスマレジ・タイムカード自体でも給与計算は可能です。

スマレジ・タイムカードの価格、料金プラン

スマレジ・タイムカードでは3つの料金プランを提供しています。

勤怠管理機能のみを使用可能で従業員30名までであれば無料で利用できるスタンダードプラン。

基本機能に加え給与計算、シフト作成が可能なプレミアムプランは従業員10名までであれば月額2,200円で利用可能です。

全ての機能が使えるエンタープライズプランは従業員10名までであれば月額6,600円で利用することができます。

いずれのプランも従業員の数が規定数を上回ると追加料金が発生します。また、アカウント作成から60日間は全ての機能とチャットサポートを無料で利用することができるのでトライアルとして導入してみることも可能です。

2021年6月現在/詳細は公式サイトへ

利用企業からの評判・口コミ

オンラインで勤務状況を確認できるので安心です

“スマレジ・タイムカードは全国にある店舗での従業員の勤務状況を本部で確認できるので心理的安心感があります。iPadをタッチするだけで出勤ができるので使いやすいとスタッフからも好評なんです。専用の機器を設置する必要もなく、スペースの活用ができるのも嬉しい点です。”(NECO REPUBLIC東京 御茶の水店様)

勤務時間に対する意識改革にも繋がりました

“以前使っていた勤怠管理サービスに不満があり、スマレジを使っていたこともありスマレジ・タイムカードを導入してみました。iPadで簡単に出退勤の管理ができるし画面も見やすくシンプルな操作性も気に入っています。スマレジ・タイムカードを導入したことで勤務時間に対する意識改革にも繋がっていて、スタッフに無理なく働いてもらえるよう気にかける癖をつけることができました。”(粉もん屋とん平 江坂公園店様)

類似サービスとの比較

スマレジ・タイムカードとの類似サービスとしてはKING OF TIMEやシュキーンなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や特徴で比較すると以下の通りです。

サービス名料金(月額)初期費用特徴
スマレジ・タイムカード・スタンダードプラン/0円

・プレミアムプラン/2,000円〜

・エンタープライズプラン/6,000円〜

0円・勤怠管理だけでなく給与管理も可能

・働き方改革にも対応

KING OF TIME300円〜打刻機材代のみ・強いセキュリティ体制

・少人数から利用可能

シュキーン200円〜0円・複数の打刻方法

・少人数から利用可能

料金面では勤怠管理のみを行う場合は30名まで無料で利用できるスマレジ・タイムカードがおすすめです。

それ以上の機能で利用したい場合はシュキーンも安価に利用することができます。機能面としては海外言語にも対応しているKING OF TIMEが状況によっては活用しやすいサービスです。

スマレジ・タイムカードを含むおすすめの勤怠管理システム比較

勤怠管理システムについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

スマレジ・タイムカードで勤怠管理の効率化を

今回は勤怠管理サービスのスマレジ・タイムカードをご紹介させていただきました。複数の店舗を経営している企業などでは、各店舗の勤怠状況が確認できることは経営側だけでなく従業員側にしても働くことへの意識改革を促すことができるので積極的に導入したいところです。

導入に際しては、予算はもちろんですが勤怠管理の課題、課題解決のために必要な機能、従業員からの勤怠に関するヒアリング、勤怠管理システムを導入することのメリットを説明、などをしっかりと行うことが重要です。

画像・データ出典:スマレジ・タイムカード公式サイト