【簡単に解説】ファクタリングとは?意味やメリット·デメリット、違法性に関して解説

最終更新日 

資本金に限りがある中小企業にとって資金繰りは大きな問題です。
支払いに充てようと思っていた売掛金の入金が滞って困っている、というトラブルは珍しい話ではありません。
そういった状況のときに活用できるのがファクタリングです。
今回はファクタリングとは何か、またメリットやデメリットにはどういったものが挙げられるかなどについて解説していきます。

ファクタリングとは?意味や基礎知識を簡単に解説

ファクタリングとは売掛債権買取業務を第三者に買い取ってもらうサービスのことです。
商品やサービスの売り上げのうちまだ受け取れていない代金のことを売掛金と言い、ファクタリングでは買取業者に売掛金の受け取り権利(売掛債権)を買い取ってもらうのです。
その都度現金をやり取りしていると手間や手数料などが発生してしまうので、特に企業間では現金でなく売掛金のやり取りで取引が行われます。
仕組みとしてはツケと同じで、多くの場合は月末または翌月に売掛金をまとめて支払います。
そのため、月の上旬や中旬に現金がほしかったとしても、支払いは月末あるいは翌月末まで待たなくてはなりません。
一方、ファクタリングではサービスが締結さえすればすぐに現金を入手できるので、売掛金の入金日よりも前に資金が必要となったときの調達手段として用いられることがあります。
また、相手が中小企業や個人事業主だと売掛金の支払いが滞ったり、倒産して支払い不可となってしまったりするケースがあり、そういった事態に備えてファクタリングを使用しておく企業も珍しくありません。

ファクタリングのメリット·デメリット

ではここからファクタリングのメリットやデメリットについて説明していきます。

メリット

ではまずメリットから見ていきましょう。

現金化できる

ファクタリングのメリットとして第一に挙げられるのが売掛金の現金化でしょう。
特に自社の規模があまり大きくない場合、内部留保の額も限られており、急な出費への対応が困難なことがあります。
なんとかして支払わなくてはならないが先立つものはないし、かといって銀行から借りるのも難しい、といった場合に活用できるのがファクタリングです。
まだ支払われていない売掛金があるなら、その債権をファクタリング会社に譲渡することで代わりに現金を得られます。
現金化にかかる時間も短く、銀行からの融資なら審査を含め2週間から3週間は必要なのに対し、ファクタリングなら早ければその日のうちに取引が完了します。
これはあくまでファクタリングは売掛債権の売却であり、銀行のように融資対象企業の将来性まで審査する必要がないからです。
そもそも存在する売掛金なのか、売掛先企業は期日までに支払うことができるのか、などを審査するだけなのであまり時間を要しません。
また、ファクタリングでの審査対象は売掛先企業であるため、たとえ自社の業績が悪くとも審査に影響はなく、安心して資金を調達可能です。

返済義務が生じない

取引先の倒産や支払い遅延の保険として活用できることもファクタリングのメリットとして挙げられます。
特別な事情がない限り、ファクタリングを使用した後に売掛先企業が倒産したとしても返金義務は生じません。
つまり、ファクタリングでは売掛金未払いのリスクもファクタリング会社が請け負ってくれます。
倒産のリスクを解消して確実に現金を入手したい、といった場合にファクタリングは有効活用できるでしょう。
そのほか、融資やビジネスローンのように負債が増えるわけではないので決算書や信用情報に影響が及ばない、2社間ファクタリングなら第三者にファクタリングの事実が知られない、などといったメリットがファクタリングにはあります。

デメリット

デメリットはファクタリングでは手数料が発生し、売掛金の金額をそのまま現金化することは叶いません。
企業やサービス内容にもよりますが、3社間ファクタリングなら売掛金額の1%から9%、2社間ファクタリングなら売掛金額の15%から30%が手数料として差し引かれます。
2社間と比べ3社間ファクタリングのほうが手数料は低いですが、その代わり3社間ファクタリングは売掛先企業にファクタリングの事実が知られてしまい、資金繰りの悪化を疑われかねません。
ファクタリングで一時的に現金は入手できたものの、それが原因となり契約が打ち切られてしまった、というケースもあり得るので、しっかりと判断したうえでサービスを利用しましょう。

ファクタリングの種類と仕組みに関して解説

ファクタリングは大きく2種類、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分けられます。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは自社とファクタリング会社の2社のみで行われるものです。
ファクタリング会社以外に取引の事実が知られることがないので、中小企業や個人事業主など、資金調達について他社に知られると今後に影響が出やすい方々が使用される傾向があります。
また、2社間ファクタリングはほかの企業が関わらないため手続きもシンプルで、信用力が高い債権を選び、さらに必要書類を事前に用意しておけば即日現金化も可能です。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングでは自社とファクタリング会社だけでなく売掛先企業も取引に関わります。
3社間ファクタリングの場合、売掛先企業にファクタリングの同意書・承諾書へサインしてもらわなければならず、売掛先企業に伝えないままファクタリングを実行することはできません。
そのため、ファクタリングの事実が知られても今後の取引に影響が及ばないような、信頼が厚い企業との売掛債権が3社間ファクタリングではよく用いられます。
また、3社間ファクタリングを利用する企業も比較的規模が大きい傾向が強いです。

そのほかのファクタリング

2社間ファクタリングも3社間ファクタリングも買取型ですが、それとは別に、資金の調整を目的としない保証型のファクタリングも存在します。
これは仮に売掛債権の貸し倒れが発生した際にファクタリング会社が保証金を払ってくれるサービスで、保険に近いです。
保証ファクタリングでは売掛先の信用力は返済能力を調べる「与信審査」を行ってくれるので、自社で取引先を調査する手間も省けます。
これらのほか、医療機関が保険支払期間に対して行う医療報酬ファクタリング、外国の輸入業者からの代金を確実に回収すべく活用される国際ファクタリング、将来的な家賃収入を債権として使う家賃収入ファクタリングなど、ファクタリングにはさまざまな種類があります。

ファクタリングの違法性に関して

これまで挙げてきたような企業間・法人間で行われるファクタリングは法的に認められたものであり、違法性はありません。
しかし、対個人のもの、支払われる予定の賃金を担保にして現金を得る給与ファクタリングに関しては注意が必要です。
給与ファクタリングはいわゆる闇金融業者、貸金業登録を受けてない業者が行っていることが多く、法外の手数料を請求されるトラブルが後を絶ちません。
たとえば、福岡県で給与ファクタリングを営んでいた男性は法定の20倍以上の金利で貸し付けを行ったことで逮捕され、2021年6月に執行猶予月の有罪判決が言い渡されました。
給与ファクタリングを使う場合はその業者がしっかりと貸金業登録を済ませているかどうか、違法性がないかどうかを確認しましょう。

【初心者向け】ファクタリングの注意点とは?

2社間ファクタリングでも3社間ファクタリングでも一定の手数料が発生してしまうので、必要な現金の額が売掛金と同額かそれに近い場合は注意が必要です。
また、3社間ファクタリングのほうが2社間ファクタリングよりも手数料のパーセンテージは低いですが、代わりファクタリングを行うことを売掛先企業に伝えなくてはならず、現金化までに要する日数も長めです。
ファクタリングは非常に便利なサービスではありますが、その分デメリットも存在するので、しっかりと考えたうえで利用しましょう。
なお、給与ファクタリングを使う際はその業者に違法性がないかどうか調べることが重要です。

メリット、デメリットを理解してファクタリングを取り入れよう

ファクタリングの意味や種類、さらには違法性について解説していきました。
ファクタリングは売掛金を簡単に現金化できるサービスであり、使い方によっては大きな効果を生みますが、代わり注意しなくてはならない点もいくつかあります。
また、数あるファクタリングの中でも給与ファクタリングは違法業者が多く、使用の際には注意が必要です。
ファクタリングを行う際はぜひ今回の記事を参考にしてください。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載