LINEをビジネスで活用するには?LINE公式アカウントがおすすめ

更新日:

    今や誰もが、通話やメッセージなどでLINEを使用しています。
    SNSの普及とともに台頭し生活において、なくてはならい存在にまで成長したアプリケーションです。

    一般的にコミュニケーションツールとして用いられることの方が多いですが、近年、ビジネスでLINEを活用する企業も増えてきています。

    2020年8月にLINE@がLINE公式アカウントに移行したことが背景のひとつに挙げられ、プライベートだけでなく、ビジネスでも手軽に活用できるようになりました。

    この記事では、LINEをビジネスで活用する際のメリットや、LINE公式アカウントの活用方法などを中心にご紹介いたします。

    LINEをビジネスで活用する

    今では、LINEをビジネスで活用する際には、LINE公式アカウントを使うケースが増えています。

    公式アカウントを使用することで、飲食店であれば告知やクーポンの発行などをLINEで行うことができ、手軽に登録している方へ情報発信ができるようになりました。

    他にも、テイクアウトの予約などをLINEで行うことにより、電話などからの一極集中が減るため、機会損失がなくなるというメリットもあります。

    LINEをビジネスで利用する際に気をつけるべきこと

    LINEをビジネスで利用する際には、一定の注意が必要になります。
    この項目では、気をつけるべき点を3つに絞りご紹介いたします。

    1. 大事な話についてはやり取りしない

    LINEのアカウントが乗っ取られてしまい、機密事項や個人情報などが流出してしまうという事件もあります。

    そのため、LINEでは他人間に知られてはいけない情報や個人情報などについては、メッセージ間でやりとりするのは控えましょう。

    機密事項などは企業で定めている安全性のある共通サービスを利用し、LINEでは簡単な業務連絡などでとどめておきましょう。

    2. 長文のメッセージは避ける

    LINEで長文のメッセージを送るのは避けた方がよいです。
    見づらい、読みにくいという点が理由としてあげられる他、ビジネスにおけるマナーとしてあまりよくありません。

    長文で送りたい時は、メールを活用するなどして使い分けることが大切です。

    3. プライベート端末の利用はしない

    ビジネスでLINEを利用するのであれば、普段使っている端末で操作を行うのは避けましょう。

    普段使うプライベート端末では、セキュリティなどの問題で情報漏洩などのリスクが高まります。

    また、プライベート端末を企業で管理するのは、プライバシーの問題にもなってしまうため、企業側が行えません。自分自身も公私の区別が付きにくく通信費などを負担することになるので、控えた方がよいでしょう。

    LINE公式アカウントとは

    つづいて、ビジネスでLINEを使用する際に使う「LINE公式アカウント」についてご説明いたします。

    LINE公式アカウントとは、お店や企業が運営するビジネス用のアカウントのことをいいます。LINE公式アカウントを使うことで、商品の情報やクーポンなどを配信することができます。

    LINE公式アカウントを利用することで、友達登録をしているユーザーへ有効的に広告が行えます。メール配信だと、迷惑メールで弾かれたり他のメールに埋もれてしまい、せっかく配信しても認知されない、といった機会損失に繋がります。

    また、LINEスタンプやアンケート機能などが充実しているので、配信効果や販促などのデータが分析しやすいといったメリットもあります。

    LINE公式アカウントを使うメリット

    企業側がLINE公式アカウントを使うメリットはどのようなものがあるのかご紹介していきます。

    1. 機能の充実

    LINE公式アカウントは、チャット形式でのメッセージのやり取り、自動応答メッセージなどの機能が充実しています。

    自動応答メッセージを使えば、ユーザーからメッセージが送られてきた際、自動で返信してくれるため、時間がかからない点がメリットです。

    他にもクーポンやショップカードをアカウント内で発行できるなどの
    便利な機能が満載です。

    2. ユーザーの目に止まりやすい

    LINEなどのSNSが発達するまでは、多くの企業はメルマガなどのメール配信で情報を発信していました。

    この記事を読んでくださってる方もそうだと思いますが、メルマガで配信された情報を毎回開くことはなかなかないと思います。
    メルマガの平均開封率は、わずか10%ほどと言われています。
    他のメールに埋もれてしまい、せっかく発信した情報も無意味になることが多いのです。

    LINEでのメッセージが当たり前になっている現在では、公式アカウントで情報を発信した方が、機会損失が少なく目に止まりやすい利点が高まるのです。

    3. ショップカードやクーポンを発行できる

    LINE公式アカウントでは、クーポンやポイントカードが配信できるなど機能面が充実しています。

    メール配信の場合、クーポンやポイントカードなどを一から自分たちで作るか、または、他の企業に作ってもらうなど手間がかかります。

    LINE公式アカウントでは、枠に沿って簡単に作成できるため時間もかからず、あっという間に配信できるという点が魅力的です。

    LINE公式アカウントの導入例

    この項目では、LINE公式アカウントの導入例を3つご紹介いたします。

    1. 居酒屋

    お店を予約する際、ネット予約や直接お店に電話するなどかあります。
    開店時間の前だと誰も店にいない場合、電話しても予約はできません。

    LINE公式アカウントは、情報配信だけでなく店の予約まで行えるため、ユーザー側も気軽に予約が行えるのです。

    また、ある居酒屋ではクーポン利用できる商品の約半数以上の売上がLINE公式アカウントで配信されているクーポンの利用という例があり、売上増加だけでなく、時間短縮の面でも効果があることがわかります。

    2. カラオケ店

    あるカラオケ店では、時間帯によって集客の波が激しく、深夜帯の集客を確保し売上を伸ばそうとしていました。

    LINE公式アカウントを導入する動機として、
    ・LINEの利用率の高さ
    ・導入コストの安さ
    ・手軽に情報発信ができる
    という点で、公式アカウントを利用するようになりました。

    その結果、課題であった深夜帯の集客率が大幅にアップし、売上増加に繋がることになりました。

    そのカラオケ店では、LINEアカウントのアンケート機能を使い、ユーザーにどのようなクーポンがあったら嬉しいかを集計し、実際に希望の多かった内容のクーポンを発信する、といった工夫を凝らしました。

    LINE公式アカウントを使用する際の、注意点

    LINE公式アカウントをビジネスで用いるのには、多くのメリットがあることについてわかりました。一方で、デメリットもあります。

    1. 配信数とブロック率

    LINE公式アカウントは基本、無料のプランがありますが、1ヶ月のメッセージ配信数によっては、料金が発生してしまうため注意が必要です。

    次に、ブロック率についても注意が必要です。せっかく配信した情報でもユーザーがブロックをしてしまっていると目に留まらなくなってしまいます。
    そうした機会損失を防ぐためにも、ユーザーにとって有益な情報やサービスであるかを、常に考えることが大切です。

    2. 友達を増やす必要がある

    LINE公式アカウントでメッセージやクーポン配信などができるのは、友達登録してくれたユーザーのみしかできません。

    そのため、友達登録をしてもらわないことには活用できず、集客や売上にも繋がりません。店頭や他のSNSなどを駆使して、友達登録をしてもらうことがまず必要になります。

    まとめ

    この記事では、LINEをビジネスで活用する方法とLINE公式アカウントについてをご紹介いたしました。

    多くの人がLINEでのメッセージのやり取りを行っているため、LINEでの情報発信を行なった方が、目に止まりやすいといったメリットがあります。

    情報発信以外にも充実した機能があり、無料で導入できるので、導入を考えている方は検討してみてもよいでしょう。

    この製品はLINEマーケティングの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    LINEマーケティングの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【LINEマーケティング】

        LINEで本格的なマーケティングを: MicoCloud

        (4.5)

        月額料金要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ導入期間最短翌日

        MicoCloud(旧:Aura)はLINEを使って煩雑になりがちな顧客管理やマーケティングを効率化し、数字の最適化を実現するサービスです。

        情報の自動取得と顧客管理が可能

        行動履歴や、アンケート、トークログを自動で取得することができます。データの出力や外部ツールとの連携も可能で顧客管理も簡単。

        顧客属性に合わせた最適な情報提供が可能

        MicoCloud(旧:Aura)を使って自動で取得した顧客情報を元にユーザーを分類。各セグメントに合わせた配信を行うことで開封率と反応率を最大化できます。

        botで情報回収や質問対応が可能

        顧客へのヒアリングや会話の自動化をbotで実現することが出来ます。回答内容や傾向を可視化しPDCAを回せます。

        LINE公式アカウント運用の自動化を実現: LOYCUS(ロイカス)

        (4.5)

        月額費用22,000円〜無料お試しあり
        初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

        LINE公式アカウント活用を促進し、最適な友だちへ、最適なメッセージを、最適なタイミングで配信できます。 配信・返信などの運用業務から友だちのデータ蓄積まで全部自動化でき、業務負荷を減らしながらマーケティング効果を最大化。

        LINE公式アカウント運用の自動化ができる

        LOYCUSを利用することで、LINE公式アカウントを活用しての配信やお問い合わせに対する返信を自動化することができます。 また、LOYCUSを利用すれば、友だち情報も自動で蓄積することができ、データの活用でより配信効果を高めることができる点も特徴的です。

        セグメント配信で効果を最大化

        LOYCUSでは、LINE公式アカウントの運用を自動化することで、友だちデータを蓄積することができ、蓄積したデータを元にセグメント化して最適なターゲットに対して、最適なタイミングで配信をすることが可能です。

        配信効果が可視化できる

        LOYCUSは、友だち追加経路の分析、配信したメッセージに含まれるURLのクリック、ブロック率など配信効果の詳細な分析ができます。 ダッシュボードが見やすく、1つの画面で様々な情報をリアルタイムで把握できるため、ただメッセージを送って終わりではなく、よりメッセージの効果を高めることが可能になります。

        LINEアカウントの運用を自動化: DMMチャットブースト

        (4.5)

        月額費用30,000円〜無料お試し要問い合わせ
        初期費用要問い合わせ最短導入期間2週間程度

        LINE公式アカウントの運用で課題を抱える企業をサポートし、自社サービスの顧客対応を加速化、自動化されたアカウントによって顧客満足度や売上の向上、リピーターの獲得を実現します。

        24時間顧客対応が可能に

        チャットブーストは、LINE公式アカウントの運用を自動化させることができるため、アカウント運用の担当者がこれまで多くの時間を割いていたアカウント管理を効率化することが可能となります。

        顧客一人ひとりに最適化されたアプローチを実現

        LINE公式アカウントをそのまま運用している場合、顧客一人ひとりに最適化されたメッセージ配信を実現することは難しいです。 チャットブーストでは、顧客とのコミュニケーションを通して、様々な情報を自動で収集して一元管理することができます。

        メッセージ配信後の計測·分析が可能

        ただメッセージを配信しているだけではPDCAが回せず、効果的な配信は実現できません。 チャットブーストにはメッセージ配信ごとの顧客の反応を計測·分析する機能が搭載されています。 LINEはメールなどと違い、すぐに反応が現れるツールであるため、施策の改善もスピード感を持って行うことができます。そのため、都度検証を行い改善していくことで、アプローチの効果を向上させることができるようになります。

        LINE誘導で離脱防止が可能に: Penglue(ペングル)

        (4.5)

        月額費用0円無料お試しなし
        初期費用0円月の請求上限額50万円

        Penglueはポップアップ・バナーでユーザーをLINEへ誘導し自動接客を行うことができる成果報酬型マーケティングチャットボットです。

        ポップアップでユーザー離脱を防止

        サイトを離脱しようとするユーザーにはLINEへ誘導するポップアップ·バナーを表示。AIが標準搭載されているので行動解析を行い最適なタイミングで表示させることが可能です。

        LINEで自動接客

        LINE誘導後はチャットボットが自動接客。20年以上の広告運用経験を活かしたシナリオ設計も好評です。

        追客もお任せ

        コンバージョンに至らなかったユーザーに対してはプッシュ通知を活用した追客が可能です。コンバージョン済みユーザーの除外もできるので不要な通知を送ってしまう心配もありません。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載