LINEビジネスアカウントでできること | 個人向けアカウントとの違いも解説

更新日:

個人間やグループでの連絡に活用しているLINEとは異なり、ビジネスに特化した機能が搭載されているLINEビジネスアカウント。

LINE公式アカウントと呼ばれる、このビジネスアカウントとは、どのようなものなのか、個人アカウントとの違いなどについても解説しますので参考にしてください。

LINEのビジネスアカウントとは?

LINEのビジネスアカウントとは、ビジネスに活用できる豊富な機能を利用可能なLINEアカウントのことを指します。

ビジネス向けの機能が搭載されてはいますが、アカウントの開設は法人限定というわけではありません。

企業や店舗・施設などがLINE公式アカウントを開設し、自社のターゲットとなるLINEユーザーに友だち登録してもらうことで、大人数へメッセージを一斉送信したり、クーポンの配布、アンケートの実施など幅広い施策を行うことができるようになります。

LINEのビジネスアカウントを活用するメリットとしては、プッシュ通知が利用できるため、メールと比較して開封率が非常に高い点が挙げられます。

さらに、画像や動画をメッセージとして送信することができるため、視覚的なアプローチもしやすい点も利点です。

LINEのアクティブユーザー数は国内9,000万人以上と言われており、非常に多くのユーザーと繋がることができる点も、アカウント開設が増えている理由でしょう。

LINEビジネスアカウントと個人アカウントとの違い

LINEビジネスアカウントと個人アカウントは何が違うのかわからないという方もいるかもしれません。

LINEは、基本的に個人と個人がやり取りを行うツールなのに対して、LINEビジネスアカウントは、企業や店舗から複数人、100人、1,000人と大人数へメッセージの一斉配信ができます。

個人用のLINEアカウントでも、グループを作成して複数人でやりとりをすることはできますが、一度に100人以上へメッセージを配信しようとするには、100人それぞれにメッセージを作成して配信しなければなりません。

LINEビジネスアカウントであれば、メッセージを作成して対象を選択、ワンクリックで一斉送信することができます。

さらに、LINEビジネスアカウントには、特定の条件に該当するユーザーだけにメッセージを配信したり、「登録から1週間たったユーザー」といった段階ごとに自動でメッセージを配信する機能なども搭載されているため、多彩なメッセージ配信が可能です。

LINEビジネスアカウントでは、ポイントカードを作成したり、クーポンを発行して集客に役立てることも搭載されています。

LINEビジネスアカウントでできること

LINEビジネスアカウントでは、多様なメッセージ配信や集客に役立つ機能、マーケティングに活用できる機能など様々な機能が搭載されています。

  • メッセージ配信
  • ショップカード作成機能
  • クーポン機能
  • チャット機能
  • LINEコール
  • リッチメニュー
  • セグメント配信
  • ステップ配信
  • 自動応答メッセージ

上記のような豊富な機能を搭載しています。

メッセージ機能では、個人用のLINEと同様に、友だち登録してくれたユーザーへメッセージを配信することができ、1対1でも1対複数でもメッセージの配信ができるようになります。

また、LINE上で管理できるポイントカードを発行できるため、店舗ビジネスなどを運営されている方にはクーポン機能と合わせて活用することでCVRを高めることができるでしょう。

LINEビジネスアカウントの特徴的な機能として、リッチメニュー機能が挙げられますが、こちらの機能を利用することで、LINEのメッセージ画面下部に表示されるメニューのレイアウトを変更して自由にカスタマイズできるようになります。

LINEビジネスアカウントの活用事例

食品メーカーの活用事例

コーヒーを取り扱う食品企業のECモールでLINEビジネスアカウントを活用した事例です。

以前は効果が高かったメルマガ運用も、段々と開封率が低下してきたことから、メルマガに代わる販促ツールとしてLINE公式アカウントを開設しました。

平日と休日で訴求内容を変えて配信するなど、アプローチを工夫することで、メルマガと比較してメッセージ開封率が3.3倍、クリック率も2倍近くアップしています。

おすすめの商品情報を配信したり、クーポン機能を活用したことで、客単価も500円近く上昇し、大きな成果を達成しています。

飲食事業での活用事例

外食チェーンを運営する飲食事業での活用事例です。

ハガキやDMを活用した情報配信をしていましたが、コストやスタッフへの負担が大きいことからLINEのビジネスアカウントを開設することとなりました。

店舗ごとに友だちを集める努力をしてくれたこともあり、グループ全体で8万人以上の友だち登録を達成しており、ユニークなメッセージ配信で訴求効果を高めています。

LINEビジネスアカウントを開設後、売上効果は以前と比較して14倍にまで成長しており、LINE経由での予約数も上昇するなど、様々な導入効果を発揮しています。

LINEビジネスアカウントで売上アップ

LINEビジネスアカウントについて、個人用との違いなどを解説しました。

個人用LINEアカウントには搭載されていない豊富な機能で、集客からマーケティング、分析など幅広い施策が実現できるため、アカウントを開設する企業が増えているため、興味を持たれた方は、この機会に運用を開始されてみてはいかがでしょうか。

これは LINEマーケティング の製品です。
LINEマーケティング の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【LINEマーケティング】

      LINE公式アカウント運用の自動化を実現: LOYCUS(ロイカス)

      (4.5)

      月額費用22,000円〜無料お試しあり
      初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

      LINE公式アカウント活用を促進し、最適な友だちへ、最適なメッセージを、最適なタイミングで配信できます。 配信・返信などの運用業務から友だちのデータ蓄積まで全部自動化でき、業務負荷を減らしながらマーケティング効果を最大化。

      LINE公式アカウント運用の自動化ができる

      LOYCUSを利用することで、LINE公式アカウントを活用しての配信やお問い合わせに対する返信を自動化することができます。 また、LOYCUSを利用すれば、友だち情報も自動で蓄積することができ、データの活用でより配信効果を高めることができる点も特徴的です。

      セグメント配信で効果を最大化

      LOYCUSでは、LINE公式アカウントの運用を自動化することで、友だちデータを蓄積することができ、蓄積したデータを元にセグメント化して最適なターゲットに対して、最適なタイミングで配信をすることが可能です。

      配信効果が可視化できる

      LOYCUSは、友だち追加経路の分析、配信したメッセージに含まれるURLのクリック、ブロック率など配信効果の詳細な分析ができます。 ダッシュボードが見やすく、1つの画面で様々な情報をリアルタイムで把握できるため、ただメッセージを送って終わりではなく、よりメッセージの効果を高めることが可能になります。

      類似サービス: LIBERO(リベロ)

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      LIBEROとは、株式会社ギブリーが運営するLINEマーケティングツールです。 株式会社ギブリーでは、LINE@(現在のLINE公式アカウント)時代から1,500社以上の運用支援を行なっているため、その豊富なLINEマーケティングに関する知見を活かしてツールの提供にとどまらず、専任のコンサルタントがアカウント開設から運用まで包括的な支援を提供しています。

           

      配信から顧客管理まで豊富な機能

      アンケートやチャットボットで取得した友だちのデータをもとに、セグメント配信やステップ配信を行えます。 顧客を深く理解するために、顧客管理や分析など豊富な機能を備えています。 これらのデータ取得・配信・管理機能を用いて、見込み顧客の獲得から既存顧客のファン化まで行えます。

      個別要望カスタマイズに柔軟対応

      自社で保有するCRMやSFAなどのデータベースと連携が可能です。 既に自社で保有する資産(顧客、商品、購入・成約データ)を活用して、購入や成約までの歩留まり改善やLTV向上に寄与します。

      専任コンサルタントが総合サポート

      1,500社を超えるLINEマーケティングの支援実績があり、その知見を基に経験豊富なコンサルタントがアカウント設計から施策改善までサポートします。

      この製品はLINEマーケティングの製品です。

      LINEマーケティングの製品をまとめて資料請求

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載