LINEで顧客管理は可能?方法やツールもご紹介

更新日:

普段、個人間の連絡に活用することの多いLINEですが、個人用のアカウント以外に、ビジネス向けのLINE公式アカウントというものがあるのをご存知でしょうか。

利用することで、様々なメリットがあるLINE公式アカウントは、企業をはじめ、個人でのアカウント開設を始める人が増えています。

LINE公式アカウントをビジネスに活用する上で、気になる点として挙げられるのが、「LINEで顧客管理はできるのか?」という点です。

本記事では、LINEで顧客管理をする方法や、顧客管理をする際のポイントなどを解説しますので参考にしてください。

LINEで顧客管理をする方法

結論から言えば、LINEで顧客管理をすることは可能です。

LINE公式アカウントでは、友だち登録してくれたユーザーに対して、「20代女性」「30代女性」といったようにタグ付けすることができ、タグ付けされたユーザーを分類してメッセージを配信することができます。

また、ノート機能が搭載されており、顧客ごとにメモを作成することができるため、こちらも顧客管理に役立ちます。

これらの機能は標準搭載されているものなので、無料で利用できます。

ただし、CRMのような顧客管理に特化したシステムというわけではないので、タグ設定の手間であったり、Excelなどの表計算ツールで顧客情報をまとめる必要がでてくる可能性があります。

LINEで顧客管理をする際のポイント

CRMツールを利用する

最も効率的に顧客管理をするのであればCRMツールを導入するのが良いでしょう。

LINEと連携できるCRMツールも多く、複雑な設定をしなくても簡単にLINE公式アカウントに友だち登録してくれた顧客情報を一元管理することが可能となります。

連携可能なツールについては、各ベンダーへ問い合わせてみると良いでしょう。

データの一元管理を徹底する

複数の担当者がLINE公式アカウントを運用している場合、常に最新の状態のデータが一箇所に集約されていないと、誰がどのユーザーに対応しているかわからなくなってしまいます。

対応時の注意事項や、前回対応時の内容などをメモしておけば、担当スタッフが不在時でも、他のスタッフが対応可能になります。

属人化に気をつける

特定の社員にLINE公式アカウントの運用を任せきりだと、属人化が発生するリスクが高まります。

情報はなるべく共有し、担当者が急に休んでしまったり、退職となってしまった場合でもスムーズに引き継ぎができるような対し絵を構築していないと、顧客管理についての状況も一から把握し直さなければいけなくなってしまいます。

LINEで顧客管理をするためのおすすめツール

MicoCloud(ミコクラウド)

特徴

MicoCloudとは、Micoworks株式会社が運営している、LINEを活用したCRMツールです。

国内大手企業からの導入実績もあり、LINEマーケティングや顧客管理に活用されています。

LINE公式アカウントの開設からサポートしてくれるため、LINE公式アカウントの開設と顧客管理を始めたいという方におすすめです。

MicoCloudを導入することで、LINEを活用しての顧客行動履歴の管理や、アンケート回答結果の自動集計などが可能となります。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

LINE WORKS

特徴

LINE WORKSとは、ワークスモバイルジャパン株式会社が提供しているグループウェアで、LINEと同様のUIで幅広い機能が搭載されています。

LINEアカウントがない場合でも、LINE WORKS用のアカウントを作成すれば利用することができ、iOSやAndroidのスマホ用アプリはもちろん、Windows·macOSのPCからも利用することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:0円〜

KUZEN-LINK

特徴

KUZEN-LINKは、LINE公式アカウントを活用して、顧客一人ひとりに最適化された配信を可能とするAIチャットボットマーケティングツールです。

ユーザーの興味関心を可視化し、最適化された情報発信が可能となり、メルマガよりも高い開封率が実現できます。

APIによる外部連携で、LINE IDと顧客IDの紐付けが可能です。

セグメント配信・ステップ配信といった機能が搭載されており、マーケティングに活用することができます。

料金

  • 初期費用:要問い合わせ
  • 月額料金:要問い合わせ

Synergy!

特徴

Synergy!は、自社に合わせた機能が選択できるクラウド型のCRMツールです。

顧客データに基づいた最適なマーケティングが可能で、データベースによる顧客情報の一元管理を実現します。

フォームやアンケートの作成や、LINEのメッセージ配信、アプリプッシュ通知も可能です。

Google Analyticsなどの外部ツールとの連携も可能で、顧客情報から最適化されたメッセージ配信ができるようになります。

基本機能以外のサービスは、企業のニーズに応じて利用するかを決めることができるため、自社にあった運用がしやすい点が特徴的です。

料金

  • 初期費用:118,000円〜
  • 月額料金:15,000円〜

LINEとツールを活用して顧客管理を効率化

LINEを活用した顧客管理について、おすすめツールなどを紹介しました。

LINE公式アカウントを活用しての顧客管理は、無料でできる点がメリットですが、詳細な顧客管理や、データを活用したマーケティングを行うにはCRMツールなどの導入を合わせて検討した方が良いでしょう。

これは LINEマーケティング の製品です。
LINEマーケティング の製品をまとめて資料請求
    • qeee枠【LINEマーケティング】

      LINE公式アカウント運用の自動化を実現: LOYCUS(ロイカス)

      (4.5)

      月額費用22,000円〜無料お試しあり
      初期費用0円最短導入期間要問い合わせ

      LINE公式アカウント活用を促進し、最適な友だちへ、最適なメッセージを、最適なタイミングで配信できます。 配信・返信などの運用業務から友だちのデータ蓄積まで全部自動化でき、業務負荷を減らしながらマーケティング効果を最大化。

      LINE公式アカウント運用の自動化ができる

      LOYCUSを利用することで、LINE公式アカウントを活用しての配信やお問い合わせに対する返信を自動化することができます。 また、LOYCUSを利用すれば、友だち情報も自動で蓄積することができ、データの活用でより配信効果を高めることができる点も特徴的です。

      セグメント配信で効果を最大化

      LOYCUSでは、LINE公式アカウントの運用を自動化することで、友だちデータを蓄積することができ、蓄積したデータを元にセグメント化して最適なターゲットに対して、最適なタイミングで配信をすることが可能です。

      配信効果が可視化できる

      LOYCUSは、友だち追加経路の分析、配信したメッセージに含まれるURLのクリック、ブロック率など配信効果の詳細な分析ができます。 ダッシュボードが見やすく、1つの画面で様々な情報をリアルタイムで把握できるため、ただメッセージを送って終わりではなく、よりメッセージの効果を高めることが可能になります。

      類似サービス: LIBERO(リベロ)

      (4.5)

      月額費用要問い合わせ無料お試し要問い合わせ
      初期費用要問い合わせ最短導入期間要問い合わせ

      LIBEROとは、株式会社ギブリーが運営するLINEマーケティングツールです。 株式会社ギブリーでは、LINE@(現在のLINE公式アカウント)時代から1,500社以上の運用支援を行なっているため、その豊富なLINEマーケティングに関する知見を活かしてツールの提供にとどまらず、専任のコンサルタントがアカウント開設から運用まで包括的な支援を提供しています。

           

      配信から顧客管理まで豊富な機能

      アンケートやチャットボットで取得した友だちのデータをもとに、セグメント配信やステップ配信を行えます。 顧客を深く理解するために、顧客管理や分析など豊富な機能を備えています。 これらのデータ取得・配信・管理機能を用いて、見込み顧客の獲得から既存顧客のファン化まで行えます。

      個別要望カスタマイズに柔軟対応

      自社で保有するCRMやSFAなどのデータベースと連携が可能です。 既に自社で保有する資産(顧客、商品、購入・成約データ)を活用して、購入や成約までの歩留まり改善やLTV向上に寄与します。

      専任コンサルタントが総合サポート

      1,500社を超えるLINEマーケティングの支援実績があり、その知見を基に経験豊富なコンサルタントがアカウント設計から施策改善までサポートします。

      この製品はLINEマーケティングの製品です。

      LINEマーケティングの製品をまとめて資料請求

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載