• Cuenote FC(キューノートFC)の料金評判機能について。月額5,000円から利用できる?

    最終更新日 

    企業が営業活動やマーケティング活動を通して得た顧客データは貴重な財産とも言えます。

    そんな顧客データを有効に活用する手法の1つとして代表的なのがメール配信を使った営業手法です。

    効果的なメール配信を実現するにはメール配信システムを利用するのが一番ですが、今回はそんなメール配信システムの中でも的確な効果測定とメールマーケティングが行えるCuenote FC(キューノートFC)というサービスについてご紹介させていただきます。

    Cuenote FCとは

    Cuenote FCとはユミルリンク株式会社が運営しているメール配信システムです。

    メール配信だけでなく、配信後の効果測定やメールマーケティングも可能で、API連携を行うことで幅広い活用を実現しています。

    メール配信において重要な配信速度も毎時間1,000万通以上という高速配信ができるので、大量のメール配信を行いたいという企業にもおすすめなサービスです。

    国内の導入企業例としては、株式会社サイバーエージェントや株式会社LIXIL、キャノンマーケティングジャパン株式会社など幅広い業種から導入されている実績があり、契約数は1,700社を突破しています。

    Cuenote FCの機能·特徴

    豊富なメール配信機能

    Cuenote FCを利用することで多彩なメール端院を実現することができます。

    メール受信者のアクションに合わせてメールの配信内容を分岐させることが可能なシナリオ配信や、誕生日やポイントの有効期限など特定のトリガーをきっかけに自動メールの配信を行うことができるステップメール機能などが可能になります。

    また、性別や地域など特定の情報をセグメントして行うメール配信やABテスト、英語や中国語などの多言語でのメール配信にも対応しているため、企業の目的にあったメール配信を実現することができます。

    HTMLのような専門的な知識や技術が必要になるメール配信も直感的操作で作成することができるエディターが搭載されているのでPCの操作が得意でないという方でも安心です。

    効果測定も可能

    ただメールを送るのではなくて、配信したメールがどのような結果·効果をもたらしたのかを分析することができます。

    Cuenote FCには配信したメールの開封率やクリック数の効果測定を行うことができ、誰がどのタイミングでどんなURLをどのくらいクリックしたかを把握することができるようになります。

    また、オプション機能としてWebトラッキングも可能になるので流入先Webサイト上での訪問履歴を確認できます。

    分析ツールも搭載されていて、RFM分析ができるので顧客育成までもがCuenote FCだけで実現できるようになるのです。

    安心のセキュリティ体制

    メール配信は顧客情報を扱うため、セキュリティ体制については特に注意しなくてはいけませんが、Cuenote FCでは以下の対策をしているため安心して利用することができます。

    • 業界初のワンタイムパスワードを標準搭載
    • 脆弱性の検査
    • 管理画面のIP制限
    • 操作ログの記録
    • なりすましメール対策(DKIMとSPFの採用)
    • 特定ドメイン向けへのTLS暗号化
    • SSL対応

    Cuenote FCの料金·価格

    Cuenote FCはクラウド型とオンプレミス型での導入が可能で、それぞれで料金体系が異なります。

    クラウド型での導入の場合、配信数は無制限でメールアドレスのユニーク数で月額料金が変動します。

    ユニークメールアドレス数2,000件で月額料金は5,000円、初期費用は30,000円です。

    ユニークメールアドレス数5,000件で月額料金は10,000円となっています。ユニークメールアドレス数5,000件〜150,000件までは初期費用が50,000円となります。

    ユニークメールアドレス数無制限で利用する場合は月額料金150,000円〜、初期費用200,000円〜の費用が発生します。

    オンプレミス型で導入する場合は公式サイトよりお問い合わせする必要があります。

    2020年10月現在/詳細は公式サイトを確認

    Cuenote FCの強み

    Cuenote FCの強みは高速でのメール配信が無制限にできるという点にあります。

    独自開発のMTA(配信エンジン)とメール配信サービスとしてのノウハウを活かして、月間のメール配信数41億通、時間での配信数1,000万通以上という高速配信を可能としているだけでなく、高いメール到達率も実現しています。

    高速でメール配信が可能であり、配信数は無制限なので顧客データ数が多いという企業にとって適しているサービスと言えます。

    Cuenote FCの導入事例·評判

    高速のメール配信を実現できました

    “メールマガジンの配信にかかる時間を削減したいと思いCuenote FCを導入を決めました。Cuenote FCは送信スピードとシンプルなUIが使い勝手が良く気に入っています。導入してから15年以上たち、会員数は2倍となりましたがメール配信における工数は変わっていません。”(サッポロビール株式会社様)

    メール配信にかかる時間が大幅に縮小されました

    “Cuenote FCの導入を決めたのは圧倒的なメール配信速度と豊富な機能でした。自社用のカスタマイズにも柔軟に対応していただけたのですぐに運用開始することができました。今まで2日〜3日かかっていた配信時間が2時間になったことには驚きでした。”(イーデザイン損害保険株式会社様)

    類似サービスとの比較

    Cuenote FCとの類似サービスとしては、オレンジメールやめる配くんなどが挙げられます。これらのサービスを料金面や機能面で比較すると以下の通りです。

    サービス名月額料金初期費用無料お試し特徴
    Cuenote FC5,000円〜30,000円〜試用版あり·多彩なメール配信

    ·高いセキュリティ体制

    オレンジメール2,480円〜12,800円無料プランあり·直感的操作が可能

    ·低価格で導入可能

    める配くん1,886円〜8,000円無料プランあり·低コストで導入可能

    ·CRMとしても活用可能

    料金面の比較としては、める配くんが無料プランもあり、月額料金1,886円から利用できるのでおすすめです。

    機能面の比較としては、メール配信システムとしての長年の実績があり、多彩なメール配信ができるCuenote FCが配信速度も高速なのでおすすめです。

     

    オレンジメールの料金·評判·機能について。無料で6ヶ月も使える?

    める配くんの料金·評判·機能について。無料で使えて広告なし?

    Cuenote FCで効果的なメール配信を

    大量のメール配信に課題を感じている企業であれば、メール配信システムを導入することで業務効率を大幅に向上させることができます。

    高速のメール配信だけでなく、配信結果を適切に分析してより良いメール配信へとつなげることができるので継続的にメール配信業務を行う企業であれば導入の効果を高く実感することができるでしょう。

    導入にあたっては、無料のトライアルを提供しているサービスも多いので、まずは操作感やメール配信システムがどのようなものなのかを体験してみることをおすすめします。

    画像·データ出典:Cuenote FC公式サイト

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部