マーケティングリサーチとは?最適な手順とリサーチの費用相場

更新日:

自社の商品・サービスはどんな層をターゲットとしたら良いのか、顧客に満足してもらっているのか、新商品をリリースしたいが価格相場はいくらくらいになっているのか、企業において市場に意見を取り入れたい場面は多岐にわたります。
そんな企業側のニーズを満たすだけでなく、顧客側にとっても意見や感想を企業側に通すことができる有効な手法としてマーケティングリサーチが活用されています。
しかし、そもそもマーケティングリサーチとはどんな意味を持っているのか、取り組むメリットはあるのか、具体的などんな手法があるのかわからないという方も多いことでしょう。
本記事ではマーケティングリサーチについて広く解説しますので参考にしてください。

この製品はマーケティングリサーチの製品です。

マーケティングリサーチの製品をまとめて資料請求

マーケティングリサーチとは?

マーケティングリサーチとは、企業がマーケティング活動を行う上で必要な企画や効果検証などに関わる情報を、一般消費者や顧客に対して様々な手法を用いて収集・分析を行うことを指します。
収集したデータをもとに、実態構造を把握し、課題解消や将来的なサービス開発・商品開発に役立てます。

従来からあるアンケートなどを活用したマーケティング手法と違い、マーケティングリサーチはインターネットの発展に伴い広まっていきました。

マーケティングリサーチついてより詳しくはこちら

マーケティングリサーチのメリットとは?

おすすめの類似マーケティングリサーチツール

コスパ抜群のセルフ型アンケートツール: freeasy

(4.5)

利用料金500円~無料お試しなし
初期費用0円導入会社3,000社以上

セルフ型のアンケートツール。業界最大規模の1300万人というモニターに対して、手軽にアンケートを行うことができ、500円からネットリサーチができる導入ハードルの低さが好評価を得ています。

ローコストでネットリサーチができる

Freeasyの魅力は、なんといっても手軽に利用できる導入コストの低さでしょう。 1問×1人×10円というわかりやすい料金体系で、最安500円から導入できる手軽さです。 初期費用や登録費用もかからないため、アンケートツールはコストがかかると思っている方には特におすすめできます。 本調査前のスクリーニング調査も可能なため、機能性にも優れています。

グラフカスタムでアウトプットが自由自在

Freeasyのアンケートは、単純に回答を集計するだけでなく、回収データをもとに、設問ごとにグラフカスタムすることが可能です。 グラフの形式や色、項目の並び順などを自由に編集して、PNG形式でダウンロードすることができるため、マーケティング資料として活用しやすいという利点があります。

直感的操作が可能

使いやすさも配慮されており、直感的に操作できるシンプルな設計になっています。 マルチデバイスへの対応はもちろん、外出先でも操作可能な使いやすさ、その一方で自由にカスタマイズできる汎用性の高さ、マトリクス設問やランダム表示といった詳細設定も可能など、利用者の知識やスキルに合わせた利用が可能です。

この製品はマーケティングリサーチツールの製品です。

マーケティングリサーチツールをまとめて資料請求

マーケティングリサーチを事前に行う重要性・メリットは?

重要性・メリット

マーケティングリサーチを行うことで、マーケティングの目的を達成するための最適なルートの確率を向上させることができます。
マーケティングリサーチに取り組むことで、次のステップへの課題や改善が想像しやすくなる点はメリット言えるでしょう。
例えば、マーケティングリサーチに取り組むことで消費者がどんな商品やサービスを求めているのかを調査することができるため購買率向上につながります。
さらに、マーケティングリサーチを実施すれば消費者のニーズを組んでサービス向上につなげたり、企業側が認知していなかった問題点を把握することが可能となります。

マーケティングリサーチを行う際の費用相場は?

費用相場

マーケティングリサーチの費用相場は、どんな手法を取り入れるかによっても異なります。
マーケティングリサーチの代表的な手法として知られるネットリサーチの費用相場として、セルフ型ネットリサーチを活用する場合は1問10円からというサービスが多いのですが、いずれも最低単価が設定されていることが多いため、事前に確認が必要です。
郵送調査や訪問調査も設問数や回収数などによって異なるため、一番確実なのはリサーチサービスを利用する際に見積もりを出してもらうことでしょう。

マーケティングリサーチついてより詳しくはこちら

マーケティングリサーチをする際に料金相場は?

マーケティングリサーチの主な手法

マーケティングリサーチは大きく分けると「定量調査」「定性調査」と分けられます。
定量調査は、調査結果を割合などの数値で表示する調査のことを指し、アンケートの回答者は一定数以上必要となります。

定量調査は主に商品やサービスの実態把握などを目的として実施されます。

一方、定性調査はターゲットからの生の言葉や行動、状態や印象などの数値化できないデータの収集を行う調査方法となります。

それぞれの調査方法に含まれる手法は以下の通りです。

定量調査

ネットリサーチ

ネットリサーチは、インターネットを用いてアンケートを実施する手法で、マーケティングリサーチの代表的な手法といえます。
ネットリサーチは、展示会やイベントなど実際の会場などで行うアンケートに比べて短時間で実施から回収までができる点や、専門会社が保有している豊富なモニターに対して調査が行える点、コストパフォーマンスに優れている点などが特徴的です。
また、逆に一度に大量のモニターに対してアンケートを行うため、情報流出の可能性があることや、回答状況をみることができない点、サービスや商品を体験してもらってからアンケートを行うことができない点などが難点と言えるでしょう。

郵送調査

郵送調査は、アンケートをターゲットに対して郵送して回答・返送してもらう調査手法です。
地域団体のアンケートなど、対象者の住所などを把握しているケースで活用されることが多い傾向にあります。
郵送調査は氏名と住所がわかっていれば簡単に実施することができ、PCやスマートフォンの操作が苦手な年配の方でも回答しやすいという点がメリットですが、個人情報が必要となるため多くのサンプル数を取得するのが場合によっては難しく、アンケート回収にも時間がかかる点がデメリットです。
アンケートを実施するターゲットの年齢層に合わせて調査手法を選択すると良いでしょう。

訪問調査

訪問調査では、調査員がターゲットの自宅や職場などに訪問してアンケートを実施します。
訪問調査は実際にアンケートをすぐ回収でき、回答者に回答理由について深掘りすることができますが、サンプル数が多い場合には人件費が高額になってしまう可能性があります。

会場調査

会場調査(CLT)は、調査会場で実施するアンケートのことを指し、インターネットパネルにスクリーニングをかけるか会場前などにいる人に対してスクリーニングを行いリクルートします。
会場調査は実際に調査員がいる場所でのアンケートになるため、情報流出のリスクが少ないこと、商品をトライアルしてもらってからアンケートを実施することができる点などがメリットとして挙げられます。
ただ、物理的な会場が必要となるためコストが高額になりやすい傾向にあり、大規模なサンプルを取るには労力が大きい点はデメリットと言えるでしょう。

ホームユーステスト

ホームユーステストとは、ターゲットの自宅で商品やサービスを使用してもらい、評価してもらう手法のことを指します。
メリットとしては、評価環境によるバイアスを最小限にできる点が挙げられますが、商品・サービスによっては同一環境での比較が難しい点はデメリットです。
また、食品系や化粧品などを取り扱う場合は、アレルギーや副作用などにも注意しなければいけません。

定性調査

デプスインタビュー

司会者と対象者の1対1で行うインタビュー調査です。
1対1で行うため、ターゲットの情報を深く把握することができ、答えにくいような回答も聞き出せる可能性があります。
ですが、1対1で行うため、より多くの意見を集めたいという場合には、時間とコストがかかってしまいます。

グループインタビュー

グループインタビューは、司会者と5名〜8名程度の対象者を1部屋に集めて全員で話し合いを行う調査手法のことを指します。
複数のターゲットでグループ形式になって行うため、一度の調査で複数人の意見を収集できるのは大きなメリットです。

デメリットとしては、複数人で行うため、一人ひとりの意見を深掘りすることが難しい点、グループメンバーの組み合わせによっては萎縮してしまう人が現れ、活発な議論が行えない場合がある点が挙げられます。

マーケティングリサーチついてより詳しくはこちら

マーケティングリサーチの手法とは?どうやるの?

最適なマーケティングリサーチを行う手順

マーケティングリサーチの効果を高めるためにも順序に沿って実施するようにしましょう。
マーケティングリサーチの代表的な手法とも言える、ネットリサーチを例に挙げて手順を紹介します。

  1. 課題設定・仮説立案:調査目的となる課題の洗い出し、調査結果を予測した仮説の設定
  2. 調査票(アンケート内容)の作成:必要に応じてスクリーニング調査の内容も作成
  3. 調査の実施・集計:単純集計やクロス集計など目的に応じた集計手法を取り入れ
  4. レポート作成:アンケート集計後、分析してレポートを作成

マーケティングリサーチついてより詳しくはこちら

マーケティングリサーチをする際の最適に手順は?

マーケティングリサーチと市場調査の違い

マーケティングリサーチと混同されがちな「市場調査」ですが、その考え方は異なります。
市場調査はこれまでにある既存のサービスや商品の構造を把握するために調査を行うのに対して、マーケティングリサーチはこれからの商品・サービスに対する将来的なニーズなどを調査する手法です。
過去に対して行うものか、将来的な構造を明らかにするのかという点が違います。
しかし、最近では市場調査とマーケティングリサーチの両要素を含んだ調査を実施するケースも増えています。

まとめ

マーケティングリサーチについて、基本的な意味や費用相場、メリット、具体的な手法などについて解説しました。
マーケティングリサーチは、商品・サービスの開発には欠かせませんが、適切な順序を守って目的に応じた手法を選ばないとその効果は薄くなってしまいます。
本記事を参考にして、最適なマーケティングリサーチに取り組んでみてください。

      その他の関連する記事

      これは マーケティングリサーチ の製品です。
      マーケティングリサーチ の製品をまとめて資料請求
        • qeee枠【マーケティングリサーチ】

          コスパ抜群のセルフ型アンケートツール: freeasy

          (4.5)

          利用料金500円~無料お試しなし
          初期費用0円導入会社3,000社以上

          セルフ型のアンケートツール。業界最大規模の1300万人というモニターに対して、手軽にアンケートを行うことができ、500円からネットリサーチができる導入ハードルの低さが好評価を得ています。

          ローコストでネットリサーチができる

          Freeasyの魅力は、なんといっても手軽に利用できる導入コストの低さでしょう。 1問×1人×10円というわかりやすい料金体系で、最安500円から導入できる手軽さです。 初期費用や登録費用もかからないため、アンケートツールはコストがかかると思っている方には特におすすめできます。 本調査前のスクリーニング調査も可能なため、機能性にも優れています。

          グラフカスタムでアウトプットが自由自在

          Freeasyのアンケートは、単純に回答を集計するだけでなく、回収データをもとに、設問ごとにグラフカスタムすることが可能です。 グラフの形式や色、項目の並び順などを自由に編集して、PNG形式でダウンロードすることができるため、マーケティング資料として活用しやすいという利点があります。

          直感的操作が可能

          使いやすさも配慮されており、直感的に操作できるシンプルな設計になっています。 マルチデバイスへの対応はもちろん、外出先でも操作可能な使いやすさ、その一方で自由にカスタマイズできる汎用性の高さ、マトリクス設問やランダム表示といった詳細設定も可能など、利用者の知識やスキルに合わせた利用が可能です。

        このページには広告が含まれます

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載