マーケティングリサーチをする際の最適な手順は?

更新日:

    最適なマーケティングリサーチを行う手順

    マーケティングリサーチを効果的に実施するためにも以下の手順を意識して行うと良いでしょう。

    課題を明確にして仮説を立てる

    リサーチ結果を仮説と照らし合わせるためにも、まずは現状の課題を洗い出しましょう。

    マーケティング課題を解決するためにマーケティングリサーチを行うので、課題が明確になっていないとリサーチを行なっても検証が曖昧になってしまうため注意が必要です。

    まずは現状抱えている課題を言語化するためにも、社内の複数人で課題を率直に挙げていき、書き出してみましょう。

    「他社よりも売上が伸びない」「出稿している広告に対して売上が少ない」といった課題を洗い出し、そこから具体的な原因を考えます。

    原因については、まずは直感でもいいので具体的に挙げることが重要です。

    ここで考えた原因が仮説となり、仮説を立てたら次の段階に進みます。

    立てた仮説をもとに明確にしたいことを決める

    仮説を立てた後は、仮説を検証するためにどんなことを明らかにしたいかを整理します。

    例えば、「広告に使用している写真が良くない」という仮説を立てたのであれば、「写真からどんな印象を受けるか」「他社の写真と比較してどう思うか」などをターゲットに聞くと良いでしょう。

    調査計画を作る

    調査計画とは、調査手法や時期、調査対象などを整理して作成します。

    数値としてデータを収集したいか、感想や意見などを収集したいかによって調査手法は異なります。

    調査対象は、自社の商品・サービスを普段から利用してくれているであろう層を把握した上で性別や年代、職業などから絞り込みましょう。

    調査計画を作成したら、いよいよ調査を実施します。

    調査を実施する

    作成した調整計画に沿って調査を実施します。

    実施する調査手法によって異なりますが、大量のサンプル数が必要な場合や専門的なノウハウが必要な場合は外部の調査会社に依頼するケースも一般的です。

    調査結果の分析、レポートの作成

    調査が終わったら結果をレポート化し、分析しましょう。

    事前に立てた仮説や明らかにしたいことをもとにデータ分析を行いますが、「調査結果を項目ごとに比較」「過去と現在の時系列比較」「回答者全体と一部の対象者の比較」などで分析すると効果的です。

    分析結果をもとに次のアクションを決める

    分析して得られた情報から、次にどんなアクションを起こすべきかを策定します。

    仮説通りの結果だった場合でもそうでなくても次のアクションにつながるものであればプランを策定した方が良いでしょう。

    分析結果が仮説と大きく異なる場合は再度仮説を構築して、また別の調査方法を試すことも検討すると効果的です。

    この製品はマーケティングリサーチの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    マーケティングリサーチの製品をまとめて資料請求

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載