日本トレンドリサーチの料金·評判について。調査対象者500万人を誇るNo. 1リサーチサービスとは?

最終更新日 

新商品の開発や新サービスのリリースなど、自社ブランディングにおいて重要なのが、競合他社との比較です。

No.1リサーチは、他社比較調査が簡単に実施でき、商品やサービスをNo.1として紹介する為のエビデンスを取得することができるサービスとして注目されています。

No.1リサーチとは

No.1リサーチとは、商品やサービスの強みを「〇〇第1位」「〇〇満足度No.1」といった広告展開に活用できるエビデンスを取得できるサービスです。

第三者の中立的立場にある調査会社のため、客観性と信頼性のあるデータを取得することが可能となります。

No.1リサーチの特に優れている点

調査対象は最大500万人以上

日本トレンドリサーチが調査対象としているモニターは、自社で運営している提携メディア含め500万人以上の会員数を誇る「ボイスノート」です。

他社では実現できない幅広い層へ調査することができます。

高い広告効果を獲得できる

日本トレンドリサーチが1,000人以上を対象に行ったアンケートでは、「No.1」という表示をよく参考にしている、ときどき参考にしているという人の合計は80%を超えており、広告効果として非常に強いインパクトを与えることがわかっています。

No.1リサーチによって、「〇〇第1位」「〇〇満足度No.1」のような調査結果が取得できれば、高い広告効果が期待できます。

No.1リサーチの導入メリット

ブランディングや信頼度の向上に活用できる

No.1リサーチによって獲得したエビデンスは、自社ホームページやサービスのランディングページ、広告バナーや名刺など、幅広い場面に活用することができます。

一度取得してしまえば、様々な場面で利用することができ、サイトや名刺に「No.1」のロゴが掲載されていることで、顧客からの信頼度も高まるというメリットが生まれます。

視覚的訴求の向上

日本トレンドリサーチの調査では、リサーチ結果により消費者の80%の方がNo.1表示を参考にしています。No. 1のロゴ表示があることで、消費者の多くは、安心感を感じ、購買意欲を高める要素となっていることがわかります。

それ故に、No.1のロゴを使用することで、「視覚的な差別化」が可能になります。「No.1」や「第1位」という称号は、ユーザーに対する強いアプローチとなります。

また、No. 1リサーチではより効果を高めるために3フレーズのNo.1表記の取得を推奨しています。

「◯◯業界満足度No.1」というような表記以外にも「◯◯比較サイト情報満足度No.1」や「口コミ調査結果No.1」など、自社の強みを活かしたセールスポイントでNo.1というエビデンスがとれれば、他社との大きな差別化へとつながります。

日本トレンドリサーチの実績

日本トレンドリサーチは、主要なテレビメディアや有名企業での利用実績が豊富にあります。その具体例としては、以下の通りです。

テレビ番組

  • マツコ&有吉 かりそめ天国(テレビ朝日)
  • ノンストップ!(フジテレビ)
  • 中居正広の身になる図書館(テレビ朝日)
  • お願い!ランキング(テレビ朝日)
  • 林修の今でしょ!講座(テレビ朝日)
  • 激レアさんを連れてきた。(テレビ朝日)
  • ガッテン!(NHK)

Webメディア

  • 日刊大衆(双葉社)

導入企業例

  • 株式会社TBSテレビ
  • ディーエムソリューションズ株式会社
  • 株式会社小学館
  • Yahoo!ニュース掲載
  • グノシー掲載
  • 株式会社不動産流通システム
  • 東海学園大学
  • C Channel株式会社
  • サンスリー株式会社
  • スマイトピクチャーズ合同会社
  • 株式会社メイツ
  • ランサーズ株式会社
  • 株式会社東急エージェンシー

日本トレンドリサーチの料金·価格

日本トレンドリサーチの価格は、公式サイトより無料で見積もり依頼することで確かめることができます。

一般的に類似サービスにおける料金相場は、3フレーズで100万円〜120万円と言われていますが、日本トレンドリサーチでは、自社でアンケートサイトを保有しているため、他社よりも安価に提供することが可能となっています。

※価格は2021年3月時点のもの

よくある質問

No.1リサーチを利用する上で、疑問に思う点、不安に思う点と公式サイトからの回答を以下にまとめました。ご参考にしてください。

競合が多くてもNo.1になれるのか?

日本トレンドリサーチのクライアントの9割は中小企業です。ですが、1位を獲得した企業は多数います。

調査の結果1位を取れなかったらどうなるのか?

申し込み後、1位を取れなかった場合は、全額返金対応となります。もしくは、別のキャッチフレーズにて再調査を行ってくれるため、無駄に費用だけがかかるということはありません。

第三機関が調べたことを表記するため、「日本トレンドリサーチ調べ」と記載することはできるのか?

可能です。「No.1」の掲載をする際に、全てのお客様へ記載をお願いしています。

調査開始から完了までどれくらいかかるのか?

10営業日程度が調査開始から調査結果報告書の納品までの目安となります。

No.1リサーチをもっと知るには

「No.1」というエビデンスを取得して広告展開に利用することができるNo. 1リサーチは、自社のブランディングに課題を感じている方にこそおすすめです。

自社サービスでどのようなNo.1が獲得できるのか、もっとNo. 1リサーチについて知りたいという方は、是非資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載