スマート名刺管理の料金・評判・機能について。販売終了した?

最終更新日 

ビジネスマンにとって欠かせないのが名刺です。名刺を通して人脈を広げ、ビジネスチャンスを作っていくためには交換した名刺の管理をいかに効率化できるかが重要です。昨今、多くの企業が導入している名刺管理アプリのスマート名刺管理。専用のスキャナーだけでなく、スマートフォンからでも名刺の情報を簡単に取り込めるのが特徴です。
今回はスマート名刺管理の特徴や料金や評判などを本記事で解説いたします。

スマート名刺管理とは

最初に、スマート名刺管理がどんなものなのかについて見ていきましょう。
スマート名刺管理は、ジャストシステムが開発した名刺管理用のソフトウェアです。専用スキャナーやスマートフォンから情報を取り込むことができ、名刺のデータを同期することが可能です。日本語、英語、中国語など24言語に対応しています。

スマート名刺管理の特徴・機能について

次に、スマート名刺管理特徴や機能について解説いたします。

パソコンとスマートフォンの両方で利用できる

スマート名刺管理の一番の特徴は、パソコンだけでなく、スマートフォンからも利用できる点です。
iPhoneやandroid向けのアプリケーションが用意されているので、お手持ちのスマートフォンのカメラ機能で名刺を撮影するだけで、情報を取り込むことができます。スマートフォンを持っていれば、外出先でも利用できるので外勤が多い方でも使いやすいのが魅力です。スマートフォンから取り込んだ名刺の情報は、Googleコンタクトを介して同期できるのでいつでも最新の情報をチェックできます。

23ヶ国・24言語に対応

スマート名刺管理は、対応できる言語が多いのが特徴です。日本語のほかに、英語、中国語、フランス語などの情報も読み取ることができます。23ヶ国・24言語に対応していますので、海外の企業と取引する機会が多い会社にもおすすめの名刺管理用のソフトです。

専用スキャナーを使えば大量の名刺も簡単に取り込める

スマート名刺管理には、専用のスキャナーが用意されています。
専用のスキャナーは、1枚あたり0.3秒でスキャンできるので、大量の名刺も素早く取り込むことができます。600dpi、24bitカラーなので、取り込んだ画質も非常にきれいで見やすいです。読み取る際に、表面と裏面をそれぞれ別の言語を選ぶことも可能となっています。

ふりがなの自動生成機能を搭載

スマート名刺管理には、高性能ふりがなエンジンのKOTAも搭載されています。名刺に記載されている社名や氏名などを、ひらがなで自動生成してくれるのです。最適な読み仮名を付けてくれるので、後から読み方で悩むこともなくなります。

スマート名刺管理の強み

スマート名刺管理の強みは、パソコンとスマートフォンの両方が使えるので、社内でも外出先でもいつでもどこでも利用できる点です。パソコンで取り込む際には専用のスキャナーが必要となりますが、小型で軽量なので、持ち歩く際に邪魔になりません。

また、取り込んだ名刺の情報を自動的にデータベース化してくれるという強みもあります。社名や部署名などのカテゴリも自由に作成できますし、日付などから検索してすぐに目的の名刺を探し出すことができるのです。さらに、Googleマップと連携することで住所の表示も可能となっています。

スマート名刺管理の注意点

スマート名刺管理は、高速でかつ高画質な情報を取り込むことができるのがメリットですが、その分だけデータが重くなってしまうというデメリットがあります。お使いのパソコンやスマートフォンのスペックによっては、動作が少しもたついてしまうこともあるようなので、注意が必要かもしれません。

スマート名刺管理の価格・料金プラン

スマート名刺管理では現在販売を終了していますが販売再開の可能性もあるので詳細は公式サイトをご確認ください。

※2020年5月現在/詳細は公式サイトへ

スマート名刺管理の口コミ・利用企業からの評

SNSの評判

類似サービスとの比較

スマート名刺管理と似たようなソフトウェアとしては、Sansanがあります。
Sansanは、Sansan株式会社が販売しているソフトで、7,000社以上の企業が導入してるサービスです。
スマート名刺管理と同様に、専用のスキャナー、もしくは、スマートフォンを使って名刺のデータを取り込むことができます。
Lite、Standard、DXの3つの料金プランが用意されており、毎月の料金は名刺の枚数などによって変動する仕組みとなっています。さらに、Sansanスキャナー代として、1台につき毎月10,000円が必要です。月々の料金が高額となるので、大企業向けのサービスに向いているサービスです。
スマート名刺管理 高速カラースキャナーセットの通常版のお値段は17,905円で、その後の追加費用は一切かかりません。
買い切りで利用できるので、コストパフォーマンスが良い名刺管理ソフトです。

スマート名刺管理で名刺管理の効率化を

今回は名刺管理ソフトのスマート名刺管理をご紹介させていただきました。名刺管理を効率化することで必要な情報をすぐに利用し、ビジネスチャンスを逃さないようにするためには名刺管理ソフトの導入がおすすめです。

名刺管理ソフトの導入には、予算はもちろんのことですが、スキャンする名刺がどれだけあるかを事前に把握しておくことが重要です。名刺の枚数によってはスマホカメラで対応できるもの、スキャナーを使った方が効率化できるものと変わってくるのでそちらの確認は必ず行っておきましょう。

画像・データ出典:スマート名刺管理公式サイト

 

 

この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

執筆者 STRATE編集部