Canly(カンリー)の料金·評判·機能について

更新日:

    Canly(カンリー)

    サービス名Canly(カンリー)
    ジャンルMEO
    初期費用要問い合わせ
    月額費用要問い合わせ
    無料お試し要問い合わせ
    最短導入期間要問い合わせ

    Canly(カンリー)とは?

    「Canly(カンリー)」は大手チェーン店をはじめ20,000店舗以上に導入されている店舗情報・口コミを一括管理してくれるツールです。

    複数店舗のGoogleビジネスプロフィール・HP・各SNSの店舗アカウントなどを一括管理できるサービスとして、集客向上や管理・運用コスト削減が実現されます。

    多店舗を経営している企業にとって非常にありがたいツールと言えるでしょう。

    おすすめの類似MEOサービス

    MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

    (4.5)

    月額料金1,500円無料お試し2週間無料
    初期費用0円最短導入期間なし

    導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

    正確な順位取得が可能

    MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

    Googleマイビジネスと連携した管理・運用

    ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

    多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

    在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

    Canly(カンリー)の特徴

    Googleビジネスプロフィールの管理を効率化できる

    Canlyを利用することで、店舗の基本情報・口コミといったあらゆる店舗情報を一括で管理・運用できるようになります。

    Googleビジネスプロフィールやホームページ、SNSなど複数の店舗情報が掲載されている媒体を一括で管理することが可能になり、店舗情報の管理に手を焼いている企業にはぴったりでしょう。

    店舗ごとの分析や、全店舗一括での分析も簡単にでき、業務オペレーションの改善やサービス向上を目指したい際には、大幅な工数削減によるコア業務への集中を実現してくれます。

    店舗の集客アップを見込める

    集客向上に関してもCanlyは力を発揮してくれます。

    Googleビジネスプロフィールの特徴として、口コミが非常に集まりやすい点があげられます。

    この口コミに対し、誠実な対応を続けることは集客向上に効果的であり、Canlyを活用して、1つの画面で全店舗の口コミを確認・返信・削除することで、口コミ管理にかかる時間と手間を削減します。

    口コミに対し、すばやく対応してユーザーの希望を落とし込むことで、店舗の評価向上や店舗の集客向上を狙えることでしょう。

    Googleビジネスプロフィール管理の内製化にも最適

    Canlyを導入すれば、Googleビジネスプロフィール運用の内製化も叶います。

    これまで20,000店舗以上への支援実績を持つ運用担当者が伴走支援することで、GoogleビジネスプロフィールやMEOの運用体制を代理店に頼ることなく、GBP・SNSを運用する体制構築が実現されます。

    サポート体制の充実ぶりも魅力

    Canlyは、MEO(Googleマップ対策)の豊富なノウハウを有しており、充実したサポート体制の提供でも高い評価を得ています。

    ツールの導入支援はもとより、MEOノウハウの提供、ナレッジ共有のための勉強会開催なども行っており、コミュニティ内でのナレッジ共有を行うこともできます。

    Googleビジネスプロフィール運用に関して実績十分な専任担当者が、ツールの導入・運用体制の構築・導入後の成果創出までをしっかりと支援してくれるので、専門知識不要で、安心して導入できることでしょう。

    Canly(カンリー)の料金

    初期費用・運用費用に関しては、お問い合わせください。

    Canly(カンリー)の口コミ・導入事例

    Googleビジネスプロフィール運用における社内工数を90%以上削減

    “店舗情報をリアルタイムに更新できていないことが課題で、お客様からクレームのお電話が入ることもありましたが、「Canly」を導入したことで、1名の担当が週2時間の作業のみで、営業時間の更新・口コミのデータ整理・投稿の配信までをスムーズに行えるようになりました。Googleビジネスプロフィール運用の社内工数の大幅削減が実現されました”(株式会社アップガレージ)

    Canly(カンリー)で、集客向上・管理業務の効率化を

    Canlyは、機能面でもサポート面でも安心して利用可能な、多店舗展開企業向けの店舗情報一括管理ツールです。

    利便性の高さを売りとしており、集客向上や店舗情報の管理業務の効率化にはもってこいと言えるでしょう。

    また、ツールの提供はもちろん、手厚いサポートも用意されており、店舗情報の管理業務に課題を抱えている企業はぜひ、Canlyの導入を検討してみてください。

    運営会社情報

    社名株式会社カンリー
    所在地東京都渋谷区渋谷1-8-3
    TOC第一ビル7F
    設立2018年8月15日
    資本金456,470,000円
    (資本準備金等を含む)
    従業員数
    代表代表取締役Co-CEO 辰巳 衛 / 秋山 祐太朗

     

    この製品はMEOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    MEOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【MEO】

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      • MEO

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載