ローカルミエルカの料金・評判・口コミについて

更新日:

    ローカルミエルカ

    サービス名ローカルミエルカ
    ジャンルMEO
    初期費用要問い合わせ
    月額費用33,800円~
    無料お試し要問い合わせ
    最短導入期間要問い合わせ

    ローカルミエルカとは?

    ローカルミエルカは、Web上の店舗情報・複数店舗のデータをまとめて分析・管理するサービスです。

    店舗を持つすべての企業、ブランドがデータ取集と管理の効率化を図り、創造的な業務により多くの時間を割けるよう、デジタルマーケティング業務の特性を最大限活かした、オールインワンサービスとして人気を博しています。

    ローカルミエルカの特徴

    MEO対策とGoogleマイビジネス運用を一括で行える

    ローカルミエルカは、MEO対策とGoogleマイビジネス運用・管理を一元的に行えるするツールです。

    複数のGoogleマイビジネスに対し、一括編集を行えるため、チェーン店舗・複数店舗を運営する企業のビジネスオーナー・エリアマネージャー・Web担当者の強い味方になってくれることでしょう。

    工数を圧倒的に削減・効率化することを実現し、元来のコア業務に専念する時間の捻出に貢献してくれます。

    また、AppleマップやYahoo!マップなど他のマップアプリやHPとも連携できます。

    インサイト・口コミの可視化が実現

    ローカルミエルカの、Googleビジネスプロフィールデータ一元管理機能を利用すれば、インサイトや、口コミ状況の可視化が実現できます。

    それらの分析結果のレポート作成業務に時間がかかっていた場合、その分も削減することができます。

    上述したGoogleマイビジネスの一元管理以外にも、Facebook・InstagramなどのSNSの情報統一や、一括更新も可能です。

    ローカルミエルカの料金

    Googleマイビジネス一元管理機能【ライト(20店舗)】

    33,800円/月

    • Googleマイビジネスの一元管理
    • 情報改ざん防止
    • 一括投稿機能
    • 全店舗アクセス解析

    ローカルSEO機能【ライト(20店舗)】

    39,000円/月

    • 検索順位の計測
    • 口コミ内容の分析
    • 上位表示に必要なコンテンツ分析

    Webサイト連携機能【ライト】(20店舗)

    44,200円/月

    • 各Webサイトの情報統一
    • 店舗情報の一括更新

    ローカルミエルカの口コミ・導入事例

    管理業務以外の作業に時間が割けるようになりました

    “これまで2~3時間かかっていた基本情報の更新作業を、わずか1分たらずに短縮することができ、コア業務により多く時間が割けるようになりました(カメラのキタムラ)”

    一般論的な対策のみならず、本質的なMEO改善です

    “導入からわずか二ヶ月で、Googleマップ経由の問い合わせが約2割増加し、本質的なMEO改善が進められています。一般論的な対策だけでなく、自社の状況に合わせた施策を提案していただきました(かんてい局)”

    ローカルミエルカで品質の高い情報管理とMEO対策を

    ローカルミエルカは、Web上の店舗情報・複数店舗のデータ分析・管理をまとめて行えるサービスです。

    口コミ状況の可視化やMEO対策に対しても強い効果を発揮し、SNSをまとめて更新したい際など、幅広く利用できるのがセールスポイントと言えるでしょう。

    お心当たりのある課題を持つ企業の方はぜひ、導入を検討してみてください。

    運営会社情報

    社名株式会社Faber Company
    所在地〒105-6923
    東京都港区虎ノ門4-1-1
    神谷町トラストタワー23F
    設立2005年10月24日
    資本金1億円
    従業員数
    代表稲次 正樹

     

      • qeee枠【MEO】

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載