MEO対策の成功事例

更新日:

    MEOの成功事例

    MEO対策の成功事例をいくつか紹介します。

    飲食店での成功事例

    ある飲食店では来店者数が伸び悩み、これを改善するためにMEO対策に取り組むことになりました。

    取り組んだMEO対策としては「口コミ集め」「口コミへの返信」「定期的な情報更新」「キーワードを意識したGoogleマイビジネスの更新」などを行なった結果、MEO対策に取り組み始めてから5ヶ月後には来店数が約3倍もアップしています。

    パチンコ店での成功事例

    とあるパチンコではMEO対策を行なったことにより、検索結果・マップでの表示回数が大幅に上昇しました。

    行なったMEO対策としては、店舗の外装や内装などの写真を投稿、スタッフの様子などをこまめに更新、新型コロナウイルスにおける対応を更新などできるだけ多くの情報をお客様に伝えることで表示回数の向上につながっています。

    MEO対策を行う際の注意点

    できるだけ多くの情報を入力する

    ローカル検索はオーガニック検索と同様に検索されるキーワードとの関連性が高いものが表示されるので、ビジネスの内容をできるだけ充実させておくことが求められます。

    ここで重要なのがビジネス情報は必ず最新の状態を保つことです。

    Googleビジネスプロフィールにできるだけ多くの情報を入力することで、ユーザーに対してビジネスの内容や所在地などの情報を表示できるようになります。

    自店舗のターゲットとなる人がどんなキーワードで検索するのかを考えて、キーワードとの関連性が高い文面を入力するようにしましょう。

    注意点として、検索ニーズがあるからといって何度も同じキーワードを織り込むことは逆効果となります。

    実際にプロフィールに載せている情報と来店して感じた印象が違った場合、悪い口コミがついてしまう可能性もあるため、あくまで事実を記載した上で検索するユーザーにとって利便性が高い情報を載せるようにしましょう。

    ビジネスのオーナー確認を行う

    Googleビジネスプロフィールでオーナー確認を行うことで、プラスの評価がされます。

    そもそも、オーナー確認をしていないとGoogleビジネスプロフィールの編集ができないため、まずはオーナー確認から行うようにしましょう。

    オーナー確認時にはお店の住所や電話番号などのいわゆるNAP情報を入力することとなりますが、これはホームページやSNSなどで公開している情報と統一することが重要です。

    WebサイトとSNS、Googleビジネスプロフィールの情報が統一されていることで、Google側がプロフィールの情報と他のインターネット上の情報と同じものと認識してプラスの評価をしてくれます。

    この製品はMEOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    MEOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【MEO】

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      • MEO

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載