MEO対策をする目的とメリット

更新日:

    MEO対策を行う目的

    MEO対策を行う目的は集客率の向上です。

    飲食店や美容室など、店選びの際には雑誌や専門誌を活用することが従来では一般的でした。

    しかし、スマートフォンの所有率が爆発的に増加し、何か調べ物をする際にはまずインターネットで検索が基本となった今では紙媒体よりデジタル端末での情報検索が主流となっています。

    お店を探す際は、「池袋 カフェ」のように地域と業種で検索し、上位表示された店舗の中から気になる店舗の住所や口コミ、営業時間などの詳細情報を確認して気に入った店に来店する流れが一般的です。

    つまり、MEO対策を行うことは、検索結果での上位表示につながるため、高い集客効果につながります。

    MEO対策を行うメリット

    検索結果で上位表示される

    例えば、「美容室」と検索した場合でも東京と大阪では表示される結果が違います。

    このように地域によって表示結果が変わるものをローカル検索結果といいますが、ローカル検索結果はGoogleで通常行うキーワードを入力して検索された結果(オーガニック検索)よりも上位に表示されます。

    すなわち、地域系ビジネスにおいてはSEOよりもMEOの方が集客が期待できるのです。

    MEO対策を実施しない場合、検索結果では1ページ目に表示されるのはなかなか難しいでしょう。

    通常、お店を検索する場合、検索結果の上位数サイト、多くても2ページ目程度まで見るという人がほとんどだと思います。

    自然検索結果の1位のクリック率は30%〜40%程度と言われており、マップ検索で上位3サイトまでに表示されればそれ以上のクリック率が期待できるため、MEO対策のメリットは非常に大きいものなのです。

    低コストで実施できる

    MEO対策は時間とノウハウをかければ基本無料で実施することが可能です。

    Googleビジネスプロフィールに登録することで、ホームページを外注で制作してもらったり有料のWeb広告を出稿することなくMEO対策をすることができます。

    インターネット上でMEO対策について具体的な手法を紹介しているサイトも昨今では多く、専用業者に依頼することなく自社だけで取り組むことができる点もメリットでしょう。

    来店見込みの高いユーザーを集客できる

    Googleで「新宿 居酒屋」「カフェ 横浜」といった具体的な情報で検索しているユーザーの多くは、これから、または近い予定でその地域の店舗に行こうとしているユーザーでしょう。

    つまり、このようなローカル検索で上位表示が実現できれば、来店確率の高いユーザーに対して訴求できることになります。

    MEO対策がしっかりとできれば、競合店舗よりも高い集客率を実現できる点はメリットです。

    この製品はMEOの製品です。

    \30秒でダウンロード可能/

    MEOの製品をまとめて資料請求
      • qeee枠【MEO】

        MEO対策に必要な機能をオールインワン: Gyro-n MEO

        (4.5)

        月額料金1,500円無料お試し2週間無料
        初期費用0円最短導入期間なし

        導入企業は1,000社以上、1,2店舗の個店様から店舗数1,000店を超える大チェーン店様までご利用の実績があります。また、低コストから導入できるため、個店・少数店舗でも導入しやすいサービスといえます。

        正確な順位取得が可能

        MEO対策において重要なのは、ターゲットユーザーが検索する地点で、どのように表示されるのかを正確に把握しておくことです。 検索エンジンでのキーワード順位と違い、Googleマップの検索順位は検索地点と店舗との距離によって異なるため、ユーザーが検索する地点も把握しておくことが重要となるのです。 ジャイロンMEOでは、検索順位の取得地点を番地レベルで設定でき、それぞれの検索地点における順位を、店舗までの距離と合わせて確認することができます。

        Googleマイビジネスと連携した管理・運用

        ローカルビジネスにおいては、Googleマイビジネスのビジネスプロフィールとの連携が欠かせません。 ジャイロンMEOは、ジャイロンに登録した店舗情報とGoogleマイビジネスの情報を連携して、一元管理することが可能です。 1つのツール上で、ビジネス情報やカテゴリ、特別営業時間などの属性データの最適化に必要な作業を行うことができます。 また、Googleマイビジネスのインサイトの中から、「検索表示回数」、「ビジネスを検索する方法」、「ユーザーの反応」の項目から指標を収集して、最大で過去18ヶ月分まで遡って比較分析することが可能なため、緻密な効果検証を実現します。

        多言語での検索順位計測でインバウンド向け事業にも対応

        在日外国人や旅行客などインバウンドをターゲットとする業種や店舗では、ユーザーが検索に使う際の言語での表示結果を把握しておく必要があります。 例えば、英語で検索された場合には自店舗がどのように検索結果に表示されているのか、日本語で検索した場合と比較して順位に差があるのかなどをチェックして、言語ごとに正確な情報をユーザーに伝えて、適正な順位を取ることができているのかを把握しておくことが求められます。 ジャイロンMEOは、英語だけでなく中国語(中文簡体、中文繁体)にも対応しており、今後インバウンド客が多いであろう主要言語(韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語、フランス語、ロシア語、スペイン語等)も順次追加予定となっています。

      • MEO

      リード情報をお求めの企業様へ
      STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

      まずは無料で掲載