LED監視自動化サービスの料金・評判・機能・事例について

最終更新日 

データセンターなどのサーバルームで行われているIT機器のLEDランプの監視業務は、目視によるヒューマンエラーや巡回業務の工数負担、異常検知のタイムラグなど、多くの課題を抱えています。

LED監視自動化サービスは、LEDランプの監視業務をカメラ、エッジ、クラウドを連携することで自動化し、そのような課題を解消することができるサービスとして注目されています。

機能や料金、導入のメリットなどを解説しますので、サービス選定の参考にしてください。

LED監視自動化サービスとは

  1. 画像認識AIを用いることでLEDランプの監視業務を自動化
  2. 小型USBカメラによる撮影によってリモートでLEDランプの状態を確認できる
  3. 頻度の高い検知で以上発見から通知までのラグを解消
  4. 複数の監視対象にも柔軟に対応

LED監視自動化サービスとは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営しているLEDランプの監視サービスです。煩雑になりがちなLEDランプの監視業務を、画像認識AIを用いることで自動化でき、異常を検知した際は、すぐにメールで通知を受け取ることができるため、迅速な対応が可能となります。

小型USBカメラによって機器を撮影するため、現場を巡回することなく、リモートでの状態確認を実現します。

LED監視自動化サービスの特に優れている点

  1. 小型USBカメラで巡回作業を効率化
  2. 目視による確認ミスを削減
  3. 1つのカメラにつき、最大10個までLEDを監視することが可能
  4. 5分に1回の監視で検知から通知までのラグを解消

監視業務の効率化を実現

従来の監視業務では、人が巡回して機器を目視で確認する必要がありました。しかし、このような監視業務は、目視による確認ミスはもちろん、巡回する人手が不足したり、人材の高齢化という課題も発生します。

LED監視自動化サービスは、小型USBカメラによって機器を撮影、撮影した動画を解析し、動画と解析結果をクラウドにアップロードします。

これによって、監視作業を自動化することができ、巡回にかかっていた工数や負担を軽減できるだけでなく、目視による確認ミスも削減することができるようになります。

監視を行う頻度も、従来のアナログな監視方法より高めることができるため、監視業務の効率化と業務品質の向上を実現することが可能となるのです。

リモートでの監視が可能に

LED監視自動化サービスは、監視用ラズベリーパイ1台に対してカメラを最大5台まで接続することができます。

1つのカメラにつき、最大10個までLEDを監視することができるため、複数の機器を一度に監視することが可能となります。

撮影した動画をクラウドにアップロードするため、監視ルームはもちろん、リモートからの監視も容易に実現することができます。

異常検知のタイムラグを解消

目視での監視業務は多くても一日数回程度です。

そのため、異常が発生した時点から目視による検知、連絡までにタイムラグが生じてしまいます。

LED監視自動化サービスは、5分に1回の監視(デフォルト設定)を行い、異常を検知した際には、指定のメールアドレスに送信して通知することができるため、異常発生から対応までを迅速なものとすることができます。

LED監視自動化サービスの導入メリット

  • 自社での実証実験によって高い検知精度を実現
  • 汎用機器を使用できるためコストを抑えた運用が可能
  • 1セットからの導入でスモールスタートにも対応できる

高い検知精度で照明の明暗にも強い

LED監視自動化サービスを提供するTOKAIコミュニケーションズでは、自社データセンター内のネットワーク機器やサーバを利用して実証実験を行っており、高い検知精度を実現しています。

また、カメラによる異常検知における課題である照明の明暗、On/Offに対しても変わらない検知精度を発揮するため、撮影環境に依存することなく、高い検知精度を維持することが可能です。

コストを抑えた運用が可能

ラズベリーパイやUSBカメラなど、汎用機器を使用してサービスを利用できるため、コストを抑えた運用が可能です。

機器の入手性も高いため、増設や予備機の確保も難しくありません。

スモールスタートができる

LED監視自動化サービスは、既設設備への後付けが可能です。

他の監視システムと共用することもでき、専用のキットも1セットから導入することが可能なため、特定のエリアだけに利用するなど、スモールスタートでの運用を可能とします。

LED監視自動化サービスの主要な機能・特徴

LED監視自動化サービスの主な機能は、以下の通りです。

  • 点灯状態及び色による正常·異常の判断
  • デフォルトで5分に1回(1日288回)の監視頻度
  • 異常検知時及び復帰時に指定メールアドレスへ通知
  • 撮影した動画をクラウドにアップ、エラー時や任意のタイミングで確認
  • 検知箇所などの設定情報をCSVファイルにインポート·エクスポート
  • クラウド上で複数のラズベリーパイの監視状況を確認

LED監視自動化サービスの料金·価格

LED監視自動化サービスの料金は、非公開となっており、お問い合わせが必要となります。

サービス概要や機能詳細については、下記から資料ダウンロードをお願いします。

LED監視自動化サービスの導入ケース

監視対象を多数持つ事業者の場合

  • 既存のLED目視業務を自動化して業務効率化を図ることが可能に
  • 監視頻度の向上を実現
  • 監視サービスを低価格で導入

監視対象が遠隔地にある事業者の場合

  • 遠隔地の無人設備でも早期の機器異常が発見できる
  • ネットワークに繋ぐことができない機器のLEDを監視することが可能に

LED監視自動化サービスの詳細について

IT機器の導入は多くの業界で広がっており、それに伴うLED監視業務も増えていくことでしょう。

LED監視自動化サービスは、ITによる効率化が難しいとされていたLED目視監視業務を自動化できることで、業務効率化やコストカットなど多くのメリットが生まれます。

今現在、LED目視監視業務を行っていなくても、将来発生する可能性があるのであれば、一度LED監視自動化サービスの導入を検討してみることをおすすめします。

無料

LED監視自動化サービス
資料ダウンロードはこちら

無料

LED監視自動化サービス
資料ダウンロードをする

    執筆者  STRATE編集部

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載