News
ニュース

音声SNS「Clubhouse」認知ユーザーの約1割がいまだに招待待ち・認知率は62.6%【音声型SNSサービス「Clubhouse」に関するアンケート】

株式会社SheepDog(東京都品川区、代表取締役:蛯原裕介)が運営する、「ITツール比較サイト・STRATE(ストラテ)」は、2021年4月に『音声型SNSサービス「「Clubhouse」」に関するアンケート』を行いました。

調査概要

アンケート実施日:2021年4月13日

対象者:日本全国在住の男女

サンプル数:540人

年齢:15歳~59歳

調査方法:ネットリサーチ

調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/

質問1.音声型SNSサービス「Clubhouse」を知っていますか?

 

「Clubhouse」を知っているかどうかというアンケートに対して、知っていると回答した方が62.6%、知らない方が37.4%という結果に。

ネットユーザーの過半数以上は「Clubhouse」を認知しているということになります。

質問2.音声型SNSサービス「Clubhouse」の利用意向はありますか?

 

「Clubhouse」を認知しているユーザーで、利用意向があるかどうかのアンケートについては、最も多かった回答は「利用したことはなく、利用する意向もない」で71.9%でした。一方で、「Clubhouse」の利用には既存ユーザーからの招待が必須のため、「利用意向はありつつも、未だに招待待ち」という方が11.2%おり、2021年に日本へ上陸し、本格的展開から数ヶ月が経過した現在でも約1割の人が招待待ちの状態になっているようです。

日本での本格展開が開始した当初は爆発的に普及した「Clubhouse」ですが、そこから定着化しきっていない要因としては、やはり招待制のハードルの高さゆえと言えるかもしれません。

日本での「Clubhouse」に関する検索トレンド推移

日本での「Clubhouse」に関するトレンド推移として、2021年1月20日から90日間のデータをピックアップしました。

最もトレンドに上がっていた時期は2021年1月29日となっています。

この数日前から、「Clubhouse」の資金調達に関する記事がメディアに登場し、多くの著名人が「Clubhouse」での配信を開始したこともあり、前日の28日はApp Storeのランキングでは総合1位という記録も達成しました。

しかし、2月に入ってからはグラフは右肩下がりになり、2月末ごろからはキーワード検索に対する十分なデータがない状態が続いています。

出典:Googleトレンド

アメリカ合衆国での「Clubhouse」に関するトレンド推移

一方でアメリカ合衆国での「Clubhouse」に関する検索トレンドは1月20日から4月中盤まで20から100までの数値を推移しており、一定数のトレンドを維持していることがわかります。

アメリカでも、日本と同じく1月末からグラフが急激に上がり、2月1日に100という数値を記録しています。

その後は徐々に低下しつつありますが、2021年4月現在でも20から30の数値を記録していることから、日本よりも多くのユーザーの定着が推測されます。

アンケート全体についてのサマリー

音声型SNSサービス「「Clubhouse」」に関するアンケートについてをまとめました。

国内では多くの著名人が利用を開始したことで爆発的に利用者が増えた「Clubhouse」ですが、TwitterやFacebookのように定着しきるにはまだまだ時間がかかりそうです。

一方で、その他のプラットフォームでも音声SNSサービス分野への参入が相次いでいます。

米Facebookでは、音声を使ってユーザー同士が交流できる「Live Audio Rooms(ライブオーディオルーム)」というサービスの提供を今夏までに開始すると発表しており、「Clubhouse」の強力なライバルとなることが予想されます。

また、Twitterも「Space(スペース)」という音声を使ったリアルタイムの会話を実現する機能を実装することを発表しています。

多数の音声SNSサービスが登場することで、「Clubhouse」の新規ユーザー、復帰ユーザーの増加が見込まれると予想されるため、まだまだ注目のサービスと言えるでしょう。

■ ご取材、データ引用等可能です。
·STRATE[ストラテ]への取材、コメント
·本発表データの引用
その他事項に関しても調整可能です。下記、お問い合わせまでお願いいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社SheepDog メディア担当
メールアドレス:media@strate.biz

    執筆者  STRATE編集部