News
ニュース

当プレスリリースの内容、及び使用されている
画像(グラフ画像含む)は他メディアにて転載、掲載が可能です。
当プレスリリースの内容、及び使用されている
画像(グラフ画像含む)は他メディアにて転載、掲載が可能です。

10代20代女性の34%が昆虫食に興味関心・実食経験ありと回答【昆虫食に関するアンケート】

株式会社SheepDog(東京都品川区、代表取締役:蛯原裕介)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2021年10月に『10代20代女性の34%が昆虫食に興味関心・実食経験ありと回答【昆虫食に関するアンケート】』を行いました。

調査概要

対象者:全国の10歳〜29歳の女性

サンプル数:300人

居住地:宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県

調査方法:ネットリサーチ

アンケート実施日:2021年10月1日

調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/

【質問:昆虫食への興味関心・実際に食べた経験はありますか?】

 

10代〜20代の(女性)を対象とした「昆虫食への興味関心・実際に食べた経験はありますか?」というアンケートで最も多かった回答は「興味がない」で66%でした。

「興味はあるが、食べたことがない」と回答した方は23.33%で、「定期的に食べている」と回答した方の合計は2.67%という結果になりました。

最近は興味があって食べてみたいという方が増えており、女性でも昆虫食への関心が高まっている傾向にあります。タイやラオスには、昆虫食がごく一般的な地域もあり、エスニック料理の延長線として捉えられる方もいるようです。

 

【20代女性の4%が昆虫食を「定期的に食べている」と回答】

 

10代では1.33%、20代に至っては4%の女性が昆虫食を定期的に食べているという興味深い結果となっています。

ここ最近では、昆虫食を提供する飲食店でも、形をそのままで素揚げにしたり、パスタに乗せて出すといったメニューが多くなっているため、抵抗感が少なくなってきていると推察されます。

 

 

昆虫食とは?

ハチの幼虫、イナゴなど、昆虫を食べることです。食材としては幼虫や蛹(さなぎ)が比較的多く用いられますが、成虫や卵も対象とされます。アジアでは29か国、南北アメリカでは23か国で食べられ、アフリカの36か国では少なくとも527種の昆虫が食べられています。世界で食用にされる昆虫の種類を細かく集計すると、1,400種にものぼるといわれています。

 

【主要都市の中で昆虫食に興味がある、実際に食べたことがあると回答した割合が最も高いのは東京都で42.99%】

 

地域別でみると、東京都が42.99%と4割ほどの女性が昆虫食に関心を寄せていることが分かります。

東京都内を中心に、昆虫を食材として扱う飲食店が増え始めているため、気軽に試す機会が増えたことが大きな要因となっていると考えられます。

 

アンケート全体についてのサマリー

「10代20代女性の34%が昆虫食に興味関心・実食経験ありと回答【昆虫食に関するアンケート】」についてをまとめました。

10代20代の若い女性でも昆虫食への興味関心が高まっているという驚きの結果となりました。

昆虫食に関しては、次世代の食事としても世界的に注目されており、形を変えて様々あ提供方法で昆虫を食べる時代が来ると予測されております。

昆虫はタンパク質が豊富なため、現代の偏った栄養を補う食材として注目をあびているので、今後も注目すべきでしょう。

■ ご取材、データ引用等可能です。
·STRATE[ストラテ]への取材、コメント
·本発表データの引用
その他事項に関しても調整可能です。下記、お問い合わせまでお願いいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社SheepDog メディア担当
メールアドレス:media@strate.biz

    執筆者  STRATE[ストラテ]編集部