News
ニュース

リモートワークで夫が鬱陶しいと感じる妻は、夫の2倍以上の割合に【リモートワークでの夫婦の関係性についてのアンケート】

株式会社SheepDog(東京都品川区、代表取締役:蛯原裕介)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2021年4月に『リモートワークをする男性が感じる、妻との関係性の変化に関するアンケート』及び『リモートワークをしている夫に対する、妻の本音に関するアンケート』を行いました。

調査概要

アンケート実施日:2021年4月5日

対象者:リモートワークをしている既婚男性及びリモートワークをする夫を持つ妻

サンプル数:400人

年齢:25歳~49歳

居住地:全国

調査方法:ネットリサーチ

調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/

質問1.リモートワークでパートナー(夫・妻)と過ごす時間が増えてどう感じますか?

 

リモートワークになったことで妻と過ごす時間が増えたことに対して、嬉しいと感じることが多いと回答した夫の割合は32.5%、妻の割合は20.75%という結果になりました。リモートワークでパートナーと過ごす時間が増えたことについて、男性の方がポジティブに捉える傾向が強いようです。

リモートワークでパートナー(夫・妻)と過ごす時間が増えて鬱陶しいと感じる人の割合

 

反対に、リモートワークとなり相手を鬱陶しいと思う割合は、夫の15.75%に対して、妻は34%が鬱陶しいと感じているという回答になり、夫側と妻側の意見が相反する結果となりました。

対象者の属性別アンケート集計結果

A. 40代の妻の4割以上は在宅勤務の夫が鬱陶しいと回答

 

リモートワークになったことにより妻との時間が増えて鬱陶しいと回答した40代の夫は17.29%だった一方で鬱陶しいと回答した40代の妻は42.44%という結果になりました。

夫と一緒にいる時間が増えたことで家事の負担が増えたり、同じ空間で仕事をされることがストレスと感じていることが要因と考えられます。

20代〜40代の中では、40代の男女差が最も顕著な結果となりました。

B. 年収が高いほどリモートワークに移行後の夫婦関係が良好になる傾向に

 

夫がリモートワークになったことで一緒にいられる時間が増えて嬉しいと回答した妻の中で、世帯年収で絞り込むと、世帯年収800万未満の世帯は、夫婦の時間が増えたことを嬉しいと感じる割合が17.24%に対し、世帯年収800万以上の世帯は39.02%が夫婦の時間が増えて嬉しいという回答で、世帯年収800万円を境に2倍以上もの差が生まれる結果となりました。

年収が高い方が広い家にも住むことができるため、同じ家にいてもしっかりと公私を分けることができ、ストレスと感じる場面が少ないためと推察されます。

また、家事や育児についても高収入の方が家事代行やベビーシッターなどを雇うことができるため、ある程度の心の余裕が生まれることが考えられます。

■ ご取材、データ引用等可能です。
·STRATE[ストラテ]への取材、コメント
·本発表データの引用
その他事項に関しても調整可能です。下記、お問い合わせまでお願いいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社SheepDog メディア担当
メールアドレス:media@strate.biz

    執筆者  STRATE編集部