本格読取5の料金や評判について

更新日:

    皆さんはスマホなどで撮影したファイルを都度手書きで書き起こしていますか?正確さに長けているものの、正直時間がかかり膨大な時間が取られてしまうと言うこともあるでしょう。そこで便利なのが本格読取5というOCRソフトです。これを使えば、撮影したファイルを読み取り保存が可能となります。本格読取5はSOURCENEXTが提供しているサービスです。

    本格読取5の特徴・機能

    読取の精度が高い

    1つ目は読取の精度が高いことです。OCRソフトはいくつもあるものの、中には精度が低くて使い物にならない、読み起こしたものの間違いが多くかえって手間になってしまうということもあるでしょう。しかし本格読取5ならばかすれ文字も、解像度の低い画像の文字もしっかりと認識してくれるので業務効率化へつながるのです。

    表も写真も再現

    2つ目は表も写真も再現してくれます。文字を書き起こしてくれるものの、表は書き起こしてくれないということもありますよね。本格読取5ならば、書類に表があったり写真が使われていてもしっかりとそれらを表現してくれるのです。

    補正機能

    3つ目は補正機能です。資料などを撮る時間がなく急いで撮影すると、斜めからの角度になってしまったりして、うまく撮影できなかったということがあるでしょう。ですが本格読取5を使えば、どんな角度から撮影した画像や文章でも自動で真っ直ぐに補正してくれます。

    本格読取5のメリット

    本格読取5のメリットは主に以下の2つです。

    写真をしっかりと再現
    業務効率化へとつながる
    使い方が簡単

    本格読取は文字を書き起こすのに長けているだけではなく、写真もしっかりと再現してくれるのです。色や文字の大気などを近いものへと再現してくれます。また、スキャンすればワードやエクセルファイルに書き起こされますので業務効率化へとつながります。本格読取5はスキャナで取り込むだけで自動的にデータベース化してくれるのです。そのため、煩わしい手順はなく使いやすいものとなっています。

    本格読取5の価格・料金プラン

    ダウンロード版とCD-ROM版どちらも3,980円です。購入店舗によっては安く買えることもあります。

    2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

    本格読取5の注意点

    本格読取5の注意点は、編集機能が他のソフトと比べてやや劣るという点です。そのため、編集機能を重要視してる方には向いていないかもしれません。

    本格読取5の導入事例・評判

    現在調査中です。

    類似サービスとの比較

    サービス名月額料金特徴
    FineReader1525,000円〜192カ国の言語に対応
    e.typist.v15.012,800円〜価格が安い
    Readiris Pro1440,000円スマートタスクにより一つのボタンでよく使う機能を簡単に操作できる

    FineReader15は192カ国の言語に対応しており、よりグローバルな環境のもとで使いたいという方におすすめです。e.typist.v15.0は価格が安くなっていますので、なるべく安い料金で購入したい方にいいでしょう。Readiris Pro14は料金が高いものの、頻繁にソフトを使うという方にお勧めです。

    本格読取5で業務効率化へ

    スマホでフィイルを撮影して、そこから手作業で書き起こすというのは非常に時間のかかることです。そこで、本格読取5を使えば時間短縮へとつながります。編集機能は他のソフトに劣るものの、本格読取5はかすれ文字から写真も忠実に表現してくれ精度も非常に高いものとなっています。ファイルを書き起こすのに手がかかっているという方は是非導入を検討してみてくださいね。

        執筆者  STRATE[ストラテ]編集部

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載