laqoot(ラクート)の料金・評判について。大幅な業務効率化を実現するツール

最終更新日 

AI-OCRツールを使うことによって手間が省け、大幅な業務効率化へとつながります。AI-OCRツールにもさまざまな種類があり、それぞれの特徴も違います。しかし多くのAI-OCRツールはデータ変換された内容を一つ一つ確認しなければなりませんでした。今回紹介する「laqoot」は内容の修正やチェックを自動で行ってくれるので、手間をお幅に削減できます。この記事では、laqootについてご紹介したいと思います。

laqootの特徴・機能

高性能で安心

laqootは独自プロセスによって高性能で間違えると言ったことが少ないです。また、AI学習によって識字精度は自動的に向上するため、使っていくうちに精度も高くなってきます。間違いが許されない重要な書類でも安心して使えます。

使い方が簡単

laqootの使い方はシンプルで、データ化したい画像を選択して画像を分析、データ化という3ステップです。データ化されたものは自動でチェックしてくれるので、目視で確認するという手間が省けます。セキュリティも高いので安心できるでしょう。

さまざまなメディアで取り上げられている

laqootは日本経済新聞、Yahooニュース、マイナビニュースなどさまざまな大手メディアで取り上げられています。そのため、その人気と機能は確かなものです。たくさんあるAI-OCRツールですが、メディアに取り上げられていることで安心感も得られるのではないでしょうか。

laqootのメリット

laqootのメリットは主に以下の2つです。

  • 即時導入可能
  • 簡単に使える

即時導入可能となっているため、必要な日にすぐ使うことができます。費用についてはあらかじめ確認する必要がありますが、すぐ使えるのはメリットでしょう。また、簡単に使えるというのも魅力的な点です。使い方が難しいツールが多い中で、これほど高機能なものが簡単に使えるのは魅力的です。

laqootの価格・料金プラン

詳細はお問い合わせ

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

laqootの注意点

laqootは高機能であるため、特に注意点はありません。しかし、費用は問い合わせないとわからないという点があるので、予算の予想が立てにくいでしょう。

laqootの導入事例・評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

サービス名月額料金特徴
FineReader15 30,000円〜PDFの編集が可能
e.typist.v 15.012,800円〜レイアウトを自動認識
Readiris Pro1440,000円外国語に非常に強い

FineReader15は通常編集ができないPDfも編集可能となっています。そのためPDF形式のファイルをよく使う企業におすすめです。e.typist.v 15.0はレイアウトを自動認識してくれる優れものです。Readiris Pro14はグローバルな環境で使う企業に適しているでしょう。

laqootによって大幅な業務効率化

laqootの魅力的な点は、なんと言っても内容を自動でチェックしてくれることです。本来ならば、目視で確認しなくてはならないことも全て自動でしてくれるので手間が省けます。大幅な業務効率化が期待できますので、ぜひ導入を検討してみてくださいね。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載