Online OCR(オンラインオーシーアール)の料金や評判について。PFDファイルを素早くワードに書き起こす

最終更新日 

電子的に情報を配布したり交換したりする際に用いられるファイル形式がPDFではないでしょうか。PDFファイルをワードファイルを変換するには、ファイルを確認しながらするので手間がかかってしまうのが現状ではないでしょうか。手間を省けるようなツールがあれば省けますよね。そこで便利なのが、Online OCRです。この記事では、Online OCRの特徴や機能・メリット、料金プランなどについて詳しく解説します。

Online OCRの特徴・機能

すぐに利用できる

ソフトを使う上で手間だと感じるのが、インストールや初期設定ではないでしょうか。しかしOnline OCRはダウンロードすればすぐに利用できます。すぐさま利用したいという方は、Online OCRがおすすめです。登録なしのゲストモードでも利用できますが、利用制限がありますので登録しての使用がいいでしょう。

素早くワードファイルに変換できる

Online OCRはPDFをワードに変換できるツールとなっていますが、元の文章を再現してくれます。文字だけならばまだしも、図や囲み文字などがある場合は書き起こすのに手間がかかりますよね。しかし、Online OCRならば手間がかからず素早くワードファイルへと変換できます。

多数の言語に対応可能

Online OCRは画像、写真から文章を書き起こすことが可能です。Online OCRはワードの他にもエクセルやテキストファイルへと変換ができます。日本語だけではなく、46か国の言語に対応しているのでグローバルな環境下でも使用が可能です。

Online OCRのメリット

Online OCRのメリットは主に以下の2つです。

無料で利用できる
気軽に利用できる

Online OCRは無料で利用できるので、「なるべく費用を抑えたい」という方にもお勧めできます。導入しやすいというのも大きなメリットの一つです。2つは気軽に利用できるという点です。無料であると使い勝手はどうなの?と思われるかもしれませんが、気軽に利用できるので安心できるでしょう。

Online OCRの価格・料金プラン

無料で利用できるので、費用は発生しません。

2021年8月現在/詳細は公式サイトを確認

Online OCRの注意点

高精度ですが、誤認識を起こすことがあります。そのため、Online OCRkeで完結することはなく後々自分で編集しなければならないことがあるので注意が必要です。

Online OCRの導入事例・評判

現在調査中です。

類似サービスとの比較

サービス名月額料金特徴
ABBYY FineReader25,000円〜190言語に対応
Vison AI無料高い精度でテキスト化に変換可能
Converitio無料幅広い画像形式に対応している

ABBYY FineReaderには190言語に対応しているので、よりグローバルな環境下で使うことが可能です。Vison AIは高い精度でテキスト化に変換可能になっているので、なるべく後の編集をしたくないという方にお勧めでしょう。ConveritioはPDF、JPG、BMP、JPEGなど幅広い画像形式に対応しているので、より幅広い画像形式出力したいという方にConveritioがぴったりでしょう。

Online OCRは無料で利用できて、手間も省ける

Online OCRの最大のメリットは無料で利用できるという点です。無料で利用できる上に、手間も省けるので利用してみる価値はあるでしょう。Online OCRはゲストモードでも利用できますが、1時間に変換できる数が限られてしまいます。登録すればより多い機能を楽しめますので是非登録しましょう。大量のPDFを変換したい方は、登録してから利用するのがおすすめです。また、多言語にも対応しているのでグローバル下でも使うことができます。

    この記事が役に立ったらいいねやTweetをお願いします!

    執筆者  nanene0512@gmail.com

    リード情報をお求めの企業様へ
    STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

    まずは無料で掲載