Readiris Pro14の料金・評判・口コミについて

更新日:

    外国語で書かれた紙媒体を簡単にデータ化できるOCRソフトは、ビジネスシーンで重宝されています。中でも全ヨーロッパ言語やアラビア語など、マイナー言語にも対応しているロゴヴィスタ社のReadiris Pro14は、特におすすめしたいソフトです。

    ここでは、Readiris Pro14の特徴から料金、評判・口コミまでご紹介していきます。

    Readiris Pro14とは?

    Readiris Pro14とは、株式会社ロゴヴィスタ社が提供する多言語対応のOCRソフトです。
    海外製品のため外国語に強く、特にヨーロッパ言語を得意としています。外国語が苦手な方は日本語のユーザーズガイドを利用すれば問題なく操作できます。

    使い方はデータ化したい文書を読み込んで文字認識を行い、使いやすい形式のファイルに保存するだけです。
    ロゴヴィスタ社の翻訳ソフトと合わせて使うと、読み込んだデータを日本語に訳すこともできます。

    会議の資料なども簡単につくることができるので、海外企業とのやり取りが多い現場に最適です。

    Readiris Pro14の特徴

    多言語対応OCRソフトであるReadiris Pro14には、以下5つの特徴があります。

    ・欧州言語に幅広く対応
    ・MacとWindowsに対応
    ・スマートタスク機能を搭載
    ・画像認識に対応
    ・クラウドとの連携に対応

    一つ一つ解説していきます。

    欧州言語に幅広く対応

    Raediris Pro14は、アメリカ系言語とヨーロッパ系言語の全てを含む130以上の言語に対応しています。さらにWindows版のみアラビア語やペルシャ語など難易度の高い言語もあります。

    MacとWindowsに対応

    OCRソフトの大半はWindows対応です。Mac版はあったとしても利用できる機能が制限されていたりします。しかしReadiris Pro14ならMac版もWindows版と同じように使えるため、Macユーザーには特におすすめです。

    スマートタスク機能を搭載

    Readiris Pro14には多くの機能がありますが、使っているうちによく使う機能は限られてきます。スマートタスク機能を使えば指定した機能を1クリックで呼び出すことができます。

    画像認識に対応

    Readiris Pro14は文書のみならず画像の読み取りも可能です。スマホやデジカメで撮影したものを編集可能なテキストやPDF文書に変換できます。

    クラウドとの連携に対応

    Readiris Pro14で読み取った文書はパソコンに保存するだけでなく、Google Drive、Dropbox、Evernoteなどのクラウドにもエクスポートできます。外出先でデータを開きたいときに便利です。

    Readiris Pro14の料金

    Readiris Pro14の料金は、AmazonやYahooなどのネットショッピングで4万円以上が相場です。
    しかし探すと2万円台のものも見つかるため、説明書きをよく読んで間違いのないように購入してください。

    Readiris Pro14の評判・口コミ

    Readiris Pro14の評判・口コミはネット上で公開されているものが少ないため、判断に困ります。

    「アジアの言語認識能力が完全ではない」という口コミがありますが、こちらはその通りで日本語や中国語以外のマイナーなアジア言語には対応しきれていません。
    しかしそれ以外は大きな問題もなく使用できるでしょう。

    世界から見るReadiris Pro14

    ロゴヴィスタ社が提供するReadirisシリーズは海外では高い知名度を誇り、100以上の受賞歴を持つ信頼できるソフトです。

    Readiris Pro14を使えば、マイナー言語による膨大な量の文書もデータ化できます。ビジネスの可能性を秘めたReadiris Pro14をぜひ導入してください。

        リード情報をお求めの企業様へ
        STRATE[ストラテ]に貴社サービスを掲載しませんか?

        まずは無料で掲載